派遣社員にも退職届は必要?無理やり書かされた?

今回は派遣社員の退職届について挙げてみたいと思います。

派遣が初めての人は、派遣先を辞める時に退職届を提出する必要があるのかどうか考えてしまう人もいるかもしれません。

また派遣社員というのは雇用主が派遣会社であり、就業場所は派遣先であるという、ある意味では特殊な働き方です。

派遣社員に退職届は必要なのか・もし提出するとしたら提出先は派遣先?派遣会社?など困ってしまう場合もあるでしょう。

今回はそんな派遣社員の退職届について触れてみます。

スポンサーリンク

派遣社員に退職届は不要

結論から言ってしまうと、派遣社員が仕事を辞める時には退職届は不要です。

派遣先を辞めたとしても雇用主は派遣会社であり、派遣先に退職を申し出る必要もありません。

通常派遣社員は期間ごとに契約を更新する事が一般的ですが、スタッフ本人が希望しなければ期間満了で勤務は終了します。

もちろん本人と派遣先が合意すれば契約は更新可能ですが、派遣先と派遣社員双方の継続の合意がなれば、契約は終了となります。

契約を終了する際には契約更新の際に、自分(スタッフ)が更新の意志がないことを伝えるだけで足り、退職届を提出する必要はありません。

また派遣先企業にも派遣会社からその旨が伝えられる為、派遣スタッフの方から派遣先に伝える必要もありません。

そのため基本的に派遣社員は退職届等を提出する必要がないという事になります。

 

派遣社員の退職は2つ

派遣社員が退職をする場合、主には以下の2つのケースに分かれます。

  • 期間満了による退職
  • 自己都合退職

先ほども挙げたように、契約期間が終了し本人が更新を希望しなければ期間満了にて勤務は終了します。

 

ですが実際には契約期間途中に自己都合で退職を申し出るスタッフさんも多くいます。

精神的に辛い・病気によるもの・家庭の事情など、スタッフさんによって理由は様々です。

雇用契約を結んでいる以上、本来はその契約期間を守ることが前提であり、契約期間中に勝手に退職をしてしまう事は原則できません。

ただし何らかのやむ負えない事情があった場合には、派遣会社がその旨を承諾してくれれば退職をする事ができるケースもあります。

そのためもしどうしても退職をしたい場合には、まず派遣会社の担当者に相談をしてみるようにしましょう。

突然に無断欠勤をする等、社会人としてのマナー違反は決してしないようにしたいですね。

 

派遣の退職は何日前に言う?

さて派遣のお仕事を退職する事を決めた時に、はたして何日前にその旨を告げる必要があるのでしょうか。

基本的には民法上では2週間前に退職を告げれば良い事になっています。

民法627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

 

ただし派遣社員の場合は正社員等の無期契約とは違い、期間の定めがある有期契約です。

つまりその契約期間満了までは退職できないという事が基本的な考え方になります。

実際には派遣社員の場合には契約期間の途中で退職をしてしまうような方もいますが、本来は特別な事情がない限り途中で退職をする事はできません。

また退職をする場合でも、1か月程度前に退職の申し出を派遣会社の担当者にする事が一般的です。

 

派遣社員の場合には就業開始時に労働条件通知書兼就業条件明示書を交付してもらっていると思いますが、その内容として「退職を希望する際は1か月前までに~」のような記載があるかと思いますので、基本的には退職申し出もそれに従う事になります。

そのため退職の申し出は、契約期間終了時の1か月程度前にする事が通常ですし、それより少し早めでも構いません。

また派遣会社の就業規則に定めがあればそちらが優先されますが、基本的には1か月前程度になっている事が一般的です。

どうしても退職申し出が1か月前に間に合わなかった場合には派遣会社の担当者に相談をしてみてくださいね。

スポンサーリンク

派遣会社に退職届を書かされた?

基本的に派遣先を辞める時にスタッフが退職届を提出するといった事はありません。

そのため派遣会社からも退職届を提出するように指示される事も無い筈です。

ですがごく稀なケースとして、派遣会社側から退職届の提出を求められたといったケースがあるようです。

「会社の規定で退職届を提出してもらうようになっている」「あくまで形式上だけだから」「保険の手続きに退職届が必要だから」等の理由で、スタッフに退職届の提出を求める派遣会社があるようです。

 

先ほども挙げたように、派遣のように期間を定めた有期労働契約を終了する原因は、「契約期間満了」という理由で足り、わざわざ労働契約の解約を願い出るための「退職届」を提出する必要はありません。

退職の意思表示をすれば足り、退職届を提出しなければならないという法的な義務は無いのです。

どのような事情があって派遣会社がスタッフに退職届を求めたのか、そのはっきりとした理由は定かではありませんが、1つの可能性としては会社側が不当解雇等を逃れるために、自己都合として処理したいがために退職届を強要しているケースも考えられます。

実際に派遣会社が退職届を求めてくるケースは円満な退職時ではなく、スタッフと派遣先・派遣会社との間で何かしらのゴタゴタ問題が起きている時に退職届の提出を求められるケースが多いように思います。

 

派遣の退職届を郵送で送りたい?

繰り返しになりますが、派遣社員の場合には基本的に退職届を提出する必要はありません。

ですが中には郵送で退職届を提出したというスタッフさんも稀にいるようです。

どうしても郵送やメールでのやりとりを希望するスタッフさんの心情としては、無断欠勤等をしてしまい、派遣先や派遣会社と顔を合わせずらくなってしまったケースや、突然の病気入院などで出社できないケース等が挙げられます。

 

本来、退職届や退職願というのは手渡しで渡すことが通常であり、郵送で退職届を送るというのは特別な事情がある場合が多いです。

もちろん郵送で退職届を提出することで退職の意思表示をすることは法的には問題ありませんが、円満退職であるのであれば通常は郵送という手段は使わないでしょう。

派遣社員の場合には退職届が不要ことはもちろんですが、派遣先を辞めたい場合には事前にしっかりと派遣会社にその旨を直接申し出るようにしたいですね。

 

派遣の退職をメールで伝えるのは?

派遣の退職時は担当者にその旨を直接伝えるのが通常です。

ですが担当者に会える時間がなかったり会う機会が取れない場合には電話やメールで伝えるスタッフさんもいます。

 

またもし退職の旨をしっかりと話しておきたいという方は、以下のような形で、まず「退職について相談したい」旨を事前に担当者にメールしてから直接会って話すという方法もあります。

お疲れ様です。

○○にて就業をしております○○(スタッフ名)です。

5月からの契約更新についてですが、今回は更新をせずに4月末にて期間満了にて退職をさせて頂きたいと考えております。

私の個人的な事情により勝手を申し上げ大変申し訳ございません。

退職につきまして、○○さんのご都合の良い時間でお話をする機会を頂ければと思います。

お忙しい所恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。

○○(スタッフ名)

今までお世話になった派遣会社・担当者ですので、最後の退職時にはしっかりとその旨を話すようにしておきたいですね。

 

派遣の退職届まとめ

派遣社員の退職届について幾つか挙げてみました。

上記でも挙げたように、基本的に派遣社員の場合には退職届は不要です。

逆に言えば、派遣会社から執拗に退職届の提出を求められた場合には、何かしらの事情が存在する可能性もあります。

もし派遣会社から退職届を求められた時には、まずはどのような理由でそれが必要なのか理由をはっきりとさせるようにしましょう。

また退職届は基本的には一度提出してしまうと撤回が困難なため、不明な点があれば、相当の公的機関等に相談をしてみるのも一考かと思います。

今回は派遣社員も退職届の提出は必要?について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【来社不要でWEB登録】 リクルートスタッフィング