派遣先で複数の上司に仕事を頼まれるって?

派遣先で複数の上司に仕事を頼まれるって?

 

今回は派遣先で複数の人から仕事を頼まれるケースについて挙げてみたいと思います。

派遣先に限らず会社には様々な上司がいます。係長・課長・部長・重役、、一般職からしてみれば

どの人も上司です。派遣スタッフの場合も同様で派遣先に複数の上司が存在する場合もあれば

複数の人から仕事を頼まれる場合もあります。しかし当然に派遣スタッフの体は1つで、複数の

仕事を同時進行で進める事は中々できません。派遣スタッフが複数の人から仕事を依頼された場合、

どのように対応すれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

派遣スタッフは誰の指示に従う?

さて上記のように派遣スタッフは複数の人に仕事を頼まれるケースがあります。それでは派遣スタッフは

本来は誰の指示で業務を行えば良いのでしょうか。

それは派遣先の「指揮命令者」になります。派遣のお仕事スタート時に就業条件明示書等を渡された

かと思いますが、その中の記載に派遣先の指揮命令者の記しがあるかと思います。派遣スタッフは基本的には

その指揮命令者の指示に従って仕事を進めていく事になります。法律上でも派遣スタッフは指揮命令者以外の

指示には従わなくても良い事とされています。指揮命令者は直接派遣労働者を使用し、業務を指示する立場に

あり、また派遣先責任者が指揮命令者を兼任する事も特に問題はありません。

なぜこのような事が起こるのか

それではなぜ複数の人から指示をされてしまうような事が起こるのでしょうか。

まずは派遣先が派遣の仕組みを理解していない事が考えられます。前述したように派遣先では指揮命令者の

指示に従って仕事を進めていく事が基本となります。しかしそのようなルールを理解していない派遣先では

指揮命令者が定められている場合でも、その指揮命令者を通さずにランダムに他の社員が派遣スタッフに指示を

出すようなケースが少なくありません。このようなケースは派遣スタッフを新規で導入したばかりの派遣先企業

でよく見られる光景かと思われます。誰も仕組みを理解していないだけに指揮命令系統が混乱したまま、

業務が続けられる事になります。

一方で逆に派遣スタッフの導入に慣れている企業でも同じような光景が見受けられます。

初めて派遣スタッフを導入する企業では、事前に派遣受け入れのための研修をしっかりと行う企業も

多くあります。派遣を導入するにあたり派遣先には派遣先責任者が設置されますが、派遣の導入が慣れてきて

トラブルもないまま業務が進行していくと、派遣先責任者の監視の目が離れていく事も多いのです。

また他の部署でも新たに派遣スタッフの導入をしても、派遣導入に慣れてしまっている派遣先責任者は、

既に現場を管理する意識が薄いことも多く、その結果新しい部署の指揮命令者は派遣のルールを理解しない

ままに派遣スタッフを扱ってしまいます。そのため複数の派遣先の社員や上司がスタッフにあちこちで

指示をしてしまうような事が起こり得るのです。本来派遣先責任者は苦情対応や管理台帳の記入など以外

にも様々な役割があり、スタッフの傍にいて業務を行う事や、職場全体に派遣の知識を広める義務があり

ますが、実際には派遣慣れしている派遣先職場では責任者の役割が思うように機能していない事も多いのです。

スポンサーリンク

どのような悪影響が考えられるか

それでは複数の人から仕事を依頼された場合、どのような悪影響が考えられるでしょうか。

例えば複数の人から仕事を頼まれる事で、許容できる範囲であれば問題はないかもしれませんが、

自分ができるボリューム以上の仕事を任される事でスタッフ自身にもフラストレーションが貯まり、

ひいてはそれが職場への不満に繋がる恐れもあるでしょう。またそれが結果的にスタッフの退職へ

繋がる可能性がないとも言い切れません。またスタッフとしても複数の人からたくさんの仕事を依頼される

事で、就業時間内に仕事が終わらず毎日のように残業を強いられる可能性も考えられます。

また複数の人が仕事を頼むという事はそのスタッフを部下だと考えている上司が派遣先に複数いる

という事です。スタッフが必要以上の仕事を任され、その仕事が定められた時間内や日時内に終わらな

ければ、派遣先上司からは「あのスタッフは仕事が遅い・期日を守らない」という苦情が発生する

可能性もあります。本来は派遣先の人間が派遣の指揮命令系統ルールを理解していない事が問題なの

ですが、それさえも理解していない場合、その矛先が派遣スタッフに向けられる可能性があるという事です。

自分の許容範囲であればまだ問題は生じにくいものの、このように自分の力量以上の仕事を任される事で

双方に悪影響が出る可能性があります。

スタッフはどのように対応すればよい?

さて複数の人に仕事を頼まれる場合、スタッフとしてはどのように対応をすれば良いでしょうか。

まずは相談先となっている派遣会社の担当者と派遣先責任者に相談をしてみる事が考えられます。

両者は派遣先の環境改善に取り組む義務があるので、連携を取って改善を図ってくれる事が想定

されます。例えば指揮命令系統が混乱しているのであればそれを指揮命令者にまとめて整備する等

の対策を講じてくれるかもしれません。また大事なのは誰のどのような指示でスタッフが困っている

のかを明確にしておく事が大切です。例えば「複数の人から仕事を頼まれるので困る」などの漠然とした

改善要求ではなく、「派遣先上司の○○と○○がスタッフの○○に○○のような指示をしてくるので困る」

といったように具体的に誰から複数の指示を受けているのか、どのくらいのボリュームの仕事を頼まれる

のかといった事を明確にして改善要求をする事が大事になってきます。

また派遣会社担当者や派遣先責任者だけに依頼するだけではなく、スタッフ自身も複数の上司からの

指示に対してどのような受け答えをするかも大切になってきます。例えば派遣先のAさんとBさんという

2人の上司に仕事をほぼ同時に頼まれた場合、「A上司に今日中に○○の仕事を頼まれていますがどちらの

仕事を優先させれば宜しいでしょうか?」等のように、自分が他の上司に仕事を頼まれている状況である事・

どちらの仕事を優先させるべきかの指示が欲しい事を直接上司に伝えるのも良いでしょう。またこのように

他の上司から指示を受けている可能性がある事を普段からアピールしていれば、上司としてもスタッフの

仕事の分配状況に配慮するようになり、他のスタッフに仕事を割り振るなり、後日に仕事を依頼するなりの

対応を考える事が習慣化していく可能性もあります。派遣会社や派遣先責任者への対応を求めるばかりでは

なく、スタッフ自身も上司に対して主張をしていく事が大切ですね。

今回は派遣先で複数の上司から仕事を頼まれるケースについて挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー