テンプスタッフは副業は可能?大手各社の見解は?

今回はテンプスタッフでの副業について取り上げてみたいと思います。

派遣社員の場合、就業時間外において副業に取り組んでいる人は多くいます。

在宅ワークであったりアルバイトをする等、人によって副業の種類は様々です。

副業については、基本的には派遣会社の就業規則などに禁止の規定がなければ問題はありません。

テンプスタッフについては副業は可能なのでしょうか。

スポンサーリンク

テンプスタッフで副業はできる?

テンプスタッフで副業は可能なのでしょうか。

まずはテンプスタッフの就業規則を見てみると、「副業禁止」といった規定は特に見当たりませんでした。

もちろん副業先の会社側が掛け持ちを禁止している場合や、副業が忙し過ぎて派遣社員として勤務不良が発生したりすると問題ですが、それ以外には特別に副業を禁止するルールはないように見えます。

 

またテンプスタッフには以下のような説明もあります。

法律上は副業も可能。ただし、就業規則に従うべき

上でも触れた通り、正社員や公務員は副業を禁止されている場合が多いです。しかしそれは雇用主である企業が、自社の規則によって従業員の副業を禁止しているのであり、法律で定められているわけではありません。派遣社員も同様で、法律では副業を禁止されていないのです。しかし、派遣元である派遣会社が禁止している場合があるので、登録している派遣会社の規則をしっかりと読み、副業の可否を把握しておく必要があります。

引用元:テンプスタッフ 「派遣と副業は両立できる?」

上記を見る限りでは派遣社員の副業について記されており、「テンプスタッフは副業が可能」とまでは書かれていませんが、見方によっては副業を容認してくれているようにも見えます。

 

実際に 「電話」でテンプスタッフに直接問い合わせをしてみました。

結果としては「本業に支障が出ない程度であれば副業は可能です」との回答を頂きました。

もちろんこれを正式回答と言って良いのかは分かりませんが、少なくともテンプスタッフでは副業を禁止していないようですね。

テンプスタッフでは本業に影響が出ない程度に副業に取り組むことは可能と考えて良いかと思いますが、気になる方は担当者さんに確認をしておきましょう。

 

テンプスタッフの副業の年末調整は?

派遣社員の場合、通常は派遣会社が年末調整を行ってくれます。

ですが本業の他にも、副業で得た収入が20万円を超えた場合や派遣会社で年末調整ができない場合など、確定申告が必要になるケースもあります。

また1年間に複数の派遣会社で雇用があった場合など、それぞれの会社の源泉徴収票を現在の派遣会社に提出すると年末調整を受けられる事もあるでしょう。

一方で中には年末調整をしない会社があったり、雇用契約のタイミングによって年末調整の対象から外れてしまう事もあるので、それぞれ確認が必要です。

 

それではテンプスタッフの年末調整はどうなっているのでしょうか。

テンプスタッフHPには以下のような記載があります。

パーソルグループ各社では下記の条件を満たされた方に年末調整を実施しております。

  • その年の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」をパーソルグループ各社に提出されていること
  • かつ、その年の12月にパーソルグループ各社から給与支払いがあること
  • その年に他社からの給与所得があった場合、その分の源泉徴収票を提出できること

引用元:テンプスタッフ 「年末調整・源泉徴収票」

 

上記の条件を満たす方はテンプスタッフで年末調整の対象になるようですね。

また年末調整についても問い合わせ をしてみた所、「個別に状況が異なる場合もあるので、不明点があれば問い合わせを」との回答を頂きました。

副業収入がある方はうっかり忘れてしまう事のないように、自分の年末調整や確定申告についてしっかりと確認しておきましょう。

 

テンプスタッフの「副業選びのポイント」

テンプスタッフでは副業を選ぶ際に気を付けたいポイントを以下のように示しています。

引用元:テンプスタッフ 「派遣と副業は両立できる?」

派遣社員が副業をするとなると、「在宅でできる仕事」も選択肢の一つになってきます。

体力的にも負担が少ないですし、アルバイトのように通勤する時間も省けます。特に自分のスキルを活かせる在宅ワークがお勧めです。

 

また派遣社員として本業に支障が出ないよう、シフトが柔軟に組める副業が望ましいと言えます。

スケジュール調整しやすい職場を選んだり、あらかじめ派遣社員として仕事をしている事も副業先に伝えておくとトラブルも起こりにくくなります。

また副業をするのであれば、時間を調整しやすい「短期や単発」で働けるお仕事を探してみるのも一つの方法になるでしょう。

 

せっかく副収入を得るために副業を始めたとしても、本業である派遣のお仕事に悪影響が出てしまっては意味がありません。

副業を検討する場合には、派遣先に迷惑がかからないよう仕事に支障が出ないようにして取り組むことが大切ですね。

↓公式サイト

大手派遣会社は副業できる?

テンプスタッフ以外の大手派遣各社の副業に対する考え方はどのようになっているのでしょうか。

 

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングには以下のような記載があります。

リクルートスタッフィングではダブルワークは可能ですか?

法律の定める範囲内においては可能です。労働基準法では1日の労働時間は、8時間以内、1週間の労働時間は40時間以内と定められています。リクルートスタッフィングからのご紹介ではないお仕事と合わせて就業される場合でも、これを超える契約を結ぶことは出来ません。

引用元:リクルートスタッフィング 「派遣登録をお考えの方向けQ&A」

上記を見るとリクルートスタッフィングではダブルワークOKのようです。

厳密にいえば「副業」と「ダブルワーク」の違いはありますが、広義で兼業するという意味で考えても問題はなさそうですね。

副業を検討する場合には労働基準法を始めとした各ルールを守って取り組むようにしましょう。

 

スタッフサービス

スタッフサービスには以下のような記載があります。

派遣の就業日以外で、アルバイトや単発のお仕事をすることは可能でしょうか?

スタッフサービスグループでは、派遣スタッフの副業を禁止しております。
あらかじめご了承ください。

引用元:スタッフサービス「みんなのQ&A お悩み相談室」

スタッフサービスでは「副業禁止」と記されています。

スタッフサービスで就業する際には副業をするのは控えておきましょう。

 

パソナ

パソナのオウンドメディア「シゴ・ラボ」には以下のような記載があります。

結論からいいますと、派遣社員がWワーク(副業)をすることは基本的に問題ありません 。

ただし、派遣会社によって就業規則は異なり、副業が禁止されている場合もありますので、就業規則をよく確認しましょう。

また、就業先企業が副業を禁止しているケースもあるため、こちらも事前に就業規則をきちんと確認ておきましょう。

引用元:パソナ「こんな働き方はOK?派遣社員のWワークについて」

またパソナの副業についても 電話で問い合わせをしてみました。

回答としては、パソナ副業は禁止していないが法定の労働時間(1日8時間・週40時間)があることや、副業先の勤務時間などによって紹介できる案件の選択肢が狭まってしまう可能性がある旨などをご説明頂きました。

 

アデコ

アデコの副業についても 電話で問い合わせをしてみました。

回答としては、アルバイトをする場合などは法定労働時間(1日8時間・週40時間)を考慮する必要はあるが、自宅やフリーランスなど副業をすること自体は問題はないとのご回答を頂きました。

アデコにおいても基本的には副業は可能なようです。

 

大手派遣会社の副業への対応は様々ですが、もし副業を始めたい場合にはあらかじめ派遣会社の担当者などに確認をしてみましょう。

 

テンプスタッフの副業まとめ

テンプスタッフや大手派遣会社の副業について取り上げてみました。

派遣社員が副業を始める際、「派遣会社にバレるのではないか?」と不安を感じながら副業をする人もいるようです。

ですがあらかじめ派遣会社に確認を取っておけばそのような心配も生じませんし、バレないように隠れて副業をする必要もありません。

 

実際には派遣社員が副業をしてトラブルに繋がるケースは少ないですが、万が一問題が起こった時のことを考えると、やはりあらかじめ担当者さんに相談をしておいた方が良いかと思います。

全力で副業に取り組めるよう、まずは派遣会社のルールをしっかりと把握しておきたいですね。

今回はテンプスタッフの副業について取り上げてみました。

スポンサーリンク