ピッキングバイトの感想は?経験者20名に聞いた評判と本音

今回はピッキングバイトの感想について取り上げてみたいと思います。

倉庫内などにおいて、リストに基づいて商品を取り出していくピッキングバイト。

シンプルな作業で煩わしい人間関係もなく、派遣バイトの中でも人気があります。

ですがこれからピッキングバイトを始める方の中には、「実際の働きやすさはどうなのか」「ピッキングバイトが自分に合っているか」など、気になる方もいるかと思います。

今回は経験者20名の方に、ピッキングバイトをやってみた感想と評判を聞いてみました。

スポンサーリンク

ピッキングバイトの「きつい」という感想

ピッキングバイト経験者の中には、「きつかった」という感想を持つ人も多くいます。

ここではピッキングバイトのどこがきついのか、経験者20名にアンケートを実施し感想を聞いてみました。

 

アルキバさん 「食品関係倉庫」

社員さんがフォークリフトで商品は出してくれましたが冷凍庫から品を出すこともあり、寒かったのと口で息をすると中の水分がなくなることがきつかった。

たまに仕事が早く終わることがあり、掃除や品整理をやり終わってもやることがなくなったときは、食品と関係ないネジの穴(十字架部分)の検品作業を就業時間までやっていたことです。

なん百本の十字架部分を確かめ仕分けしているうちに、どこが悪いのかがわからなくなりました。

私が勤務していた会社は、女性より男性が多かったせいかトイレが男女共有で少し困りました。

 

鈴りんごさん 「アパレル倉庫」

大量のアパレルグッズ(服やアクセサリー)が一気に工場から送られてくるので、それを仕分けして、店舗からの発注に応じて「品番・カラー・サイズ」などを間違えずにピッキングして、ダンボールに詰めて発送するのはかなり神経を使って大変でした。

倉庫は広く、どこに何があるのかも分からない状態だったので毎日かなり歩き回り体力的にもかなりしんどかったです。

 

taka02021さん/ 「ビッグカメラ」

船橋市内の仕事でしたが、とにかくとても倉庫が広いので、どこにどれがあるのか把握できなかった。

最初に先輩にマンツーマンで指導してもらいましたが、後々にその先輩と仲が悪くなってしまい、途中から仕事がしにくくなった。

倉庫内の幾つかの商品(シャンプーとか)の封が破損している問題が起きた時があって、直接言われた訳じゃないけど新人の自分のせいにされたような気がした。

 

goronek31さん 「ペットフード用品の倉庫」

棚に商品がなく高い場所にある場合、フォークリフトの操作をする方にお願いするのですが、中には面倒くさそうな態度をされたり、露骨に「なに!」と大きな声をだされたり。

それとは別にハンディターミナルにピッキングの個人の順位がでるため遅いとあせり走ったりしたが中々難しく順位が上がらず、肉体的なことよりも精神的にきつかったです。

 

itohi98さん  「XEROXの倉庫でコピー機、複合機の部品倉庫」

30分毎に全国からの注文書がピッキングルームにまとまって届くが繁忙期は裁けないほど来る。

裁けないと溜まって発送ができなくなるので大急ぎでやらないといけなくて大変だった。

また残業含め1日12時間働けるが倉庫に半日いると体力的にかなりしんどくなる。

人間は明るい所で生活しないといけない生物だということを非常に感じた。

 

nene0909さん  「アパレルの倉庫」

キツかった点は働いていた時期が冬だったので凄く寒かったです。暖房は効いていたのですが足元が寒くてレッグウォーマーが必需品と言う感じでした。帰りは足がパンパンに浮腫んでしまって辛かったです。立ちっぱなしと言う事も有ったとは思いますが足の疲れが全然取れなかったです。

生理の時は特に辛く更新せずに辞めてしまいました。

 

yamanisi08 / 「トイザらス」

おもちゃのピッキングをしたことがあります。

クリスマス時期だったと思いますが、感想としてはとにかく倉庫内が寒かったです。

また深夜だったので眠気との闘いでした。でも倉庫内には色々なおもちゃがあって、見てる分には飽きなかったです。

 

Sakaihiroyuki197さん 「ホームセンター倉庫」

重量物、特にペットの飼料や、肥料をパレットに積む作業が体力を消耗して疲れました。ベルトコンベアに流れに慣れるまでにも時間が掛かりました。ピッキングした商品を積み上げて最後に崩れない様ラッピングするのも多少きつかったです。

そして、最後にパレットをハンドリフトで持っていく作業も移動距離が長くて疲れました。

 

sq9**さん 「小林製薬 医療機器の部品」

2か月の短期でしたが仕事はもくもくと倉庫の中から依頼品を探す仕事なのですが、正直一番きついのは休憩時間でした。長期と短期のスタッフが混ざっていて、仲良い人同士もいれば知らない人同士もいる中で(20名ほど)全員が円になって座って休憩させられ、お菓子を持ってきて配る人、良くしゃべる人、全然休憩できず仕事以上に気を使いました。

 

suzurockさん 「農薬販売会社倉庫」

豪雪地域で寒い時期のアルバイトだったのでとても寒かったことと、20キロくらいの商品もあるので、肉体労働でした。体が慣れるまで腰がひどく痛み、とてもきつい仕事でした。また商品の置場所がきれいに並べられているわけではなく、ランダムに入荷したものが次々に並べられておりその中からピッキングしていくので、効率よくできない仕事だと感じました。

 

blu1_dd45さん 「アパレル倉庫」

倉庫がとても広かったところ。
移動する距離が思ったよりも長く、長時間歩きっぱなしになるので、足腰にかなり疲れを感じました。また、どのエリアに何番の棚があるのかをよく把握しないと仕事がスムーズに進みませんでした。空調の強弱によって倉庫内の温度が変わるところ。
体感気温が変化するため、薄手の上着等での調節が必要でした。水分の補給にも気を使いました。

 

ぺっぴこぷうさん 「エレコムの商品の倉庫」

どれくらいで商品を集めて回れるかのタイムを測られていて、遅ければ言われるし、かといって間違いが多くてもそれも表に張り出されるのでかなり気を張って仕事をしていました。
私が行っていた所はいろんな派遣会社からグループで来られていて、メンバーは女の人がほとんどだったので、派遣会社同士で人間関係が少し複雑な所もあったりしてそこがきついと感じました。

 

shizuka31さん 「お菓子のピッキング」

何処に何があるのか、探すのが大変で、ずっと動き通しで時給も安く、真夏ではなかったがクーラーもきいていなくて扇風機だけしかなく、働いている方々が感じの悪い方ばかりでした。休憩も狭い場所で、詰めてやっと座れる感じでした。その場所はかなり評判の悪い所でした。もうそこには絶対に行きません。

 

おおがわら819さん 「印刷業者、運送業者」

同じ作業を黙々とやることがきつかったです。同じ作業をずっとやるのに慣れていなくてだんだん飽きてしまうし、作業が雑になってくるのでそれが大変でした。同じ作業ばかりだからこそ、飽きてしまうし話せないし、話してしまうと作業がすすまなかったり、時間も限られているのでそれまでにやるのがつらかったです。

 

kawano6さん/ 「zozotown」

アパレルの倉庫でピッキングと棚入れの仕事をしました。他の会社よりはかなり仕事がしやすかったですが、納入の関係なのか仕事がない時間が続いたことがありました。

あといつも駅前に集合してからバスに乗り込むのですが、点呼が終わらないと出発できないとか、バスが中々来ないこともありました。

あと出勤時や退勤時にシートにサインをもらうのですが、いつも大勢で行列になっていて帰宅が遅くなったことがありました。

 

ksmomonさん  「コンビニ商品やお酒の倉庫」

冷暖房が効いてなく、冬は寒くて、夏はとても暑かった。カートを使ってはいるが、重い商品を棚から取ったり箱詰めしたりは腰が痛かった。その箱詰めを別のパレットに乗せるのも手作業なので、体力的にもきつかった。軍手ははめているが、段ボール等でよく手を切ってしまう。

先輩後輩ですれ違ったりする時は頭を下げたり挨拶もしっかりしなくてはいけなくて、部活の上下関係みたいでとても嫌だった。

 

grecoau2さん 「Amazon倉庫」

とにかく、良くも悪くも単純作業のところですね。それでも歩いて運動になるので、ずっと同じ場所で同じ作業をしているよりはまだ良いかとは思いますが、それでも単純作業には変わりないので嫌になってくることは多々ありました。

主に時間帯は深夜にやっていたので、疲れていたり眠気がやばいときには余計にきつかったです。

 

yuukifuru20さん 「物流倉庫 冷凍食品の仕分け業務」

ピッキングのアルバイトは、立ち作業になりますので、とても体力がいる職場でした。商品を載せる番号などを間違ってしまうと大変なので慎重にやらなければならないので神経を意外と使います。

また、出荷の時間に間に合わせなければならないのでスピードも求められている為、結構ハードに働いてきつく感じました。

重たい荷物を持つこともあるので厳しい面は多いと思いました。

 

yamahujiさん/ 「アクセサリーピッキング」

アクセサリーのピッキングをした経験があります。倉庫というかオフィスみたいな場所で、たくさんの引き出し?があってその中にアクセサリーが入っているので、リストを見ながらピッキングしました。

小物なのでたまに商品を間違ってしまう事があり、上の人に注意を受けたことがあります。

あとアクセサリーのピッキングと聞いていたのに、当日になって梱包係に回されたことがあり、あまり納得ができない感じもしました。

 

tetsuta0418さん 「guttomann」

自分がこの仕事「ピッキング」で一番きついと思ったところは、一日中同じ場所で同じ作業をしていたことです。一日目、二日目までは楽しく仕事ができていても、三日目、四日目になってくると「あー、自分何してんだろう」という気持ちになってきます。

あと、自分は派遣だったので知り合いもおらず、休憩時間なども独りぼっちできついと思いました。

 

ピッキングバイトの「やって良かった」という感想

ピッキングバイトにはきつい点もありますが、もちろんメリットもたくさんあります。

ここからはピッキングバイトで「やって良かった」という経験者たちの感想を取り上げてみます。

 

鈴りんごさん 「アパレル倉庫」

無事に発送できて仕事が終わった後の達成感はもう清々しいものがあります。

人とコミュニケーションをとることも少ないので一人で黙々とマイペースで作業できますし、上司から怒鳴られたりすることもなく気楽に作業できました。

歩き回るのでかなりの運動量になっており、お金をもらえてダイエットができていたのは嬉しかったです。

 

goronek31さん 「ペットフード用品の倉庫」

会話下手、コミュニケーション下手ですが黙々と一人で作業できたこと。

ハンディターミナルの扱い方や、作業手順を習得できたので他のバイト先でも活かせると思ったこと。

全く知らなかった商品をピッキングすることで商品知識を得ることができたこと。

 

taka02021さん/ 「ビッグカメラ」

私自身が家電が好きなので、商品に囲まれて作業ができるのは楽しかった。

中には「こんな商品あるんだ」みたいな事もありました。

また休憩時間のタイミングを自分で決めて良いのも珍しいピッキング倉庫だと思いました。

駅から少し離れているのはデメリットですが、派遣会社の時給も良かったですし自分的には満足しています。

 

Sakaihiroyuki197さん 「ホームセンター倉庫」

結構重量物を扱う作業が多かったので体力と筋力がついた点が良かと思います。

ベルトコンベアの小物商品の選別にも慣れる事が出来ました。ハンドリフトの扱いにも慣れる事が出来ました。

パレットの積み上げやラッピングをする時のコツも掴むことが出来た事も良かったと思います。

 

ぺっぴこぷうさん 「エレコムの商品の倉庫」

回っている時は、ある意味自分のペースでやれる所です。

仕事中はあまり人と関わることは無かったので、しっかりと仕事をしていれば文句を言われることは無いし、一度やり方を覚えると単純な作業でもあるの

で難しいことはなく、そこがやって良かった所です。

 

shizuka31さん 「お菓子のピッキング」

日雇いで行くつもりはありませんでしたが、人手が足りなくどうしてもという事で時給にプラスのお金がもらえました。

話によると、上司の怖い3人のうち2人が休んでいたので良かったです。取り扱い物もお菓子で軽い物だったので良かったと思います。

 

sq9**さん 「小林製薬 医療機器の部品」

こういう仕事があるから、病院が回るんだなと末端の仕事を垣間見ることができました。

扱う商品も衛生品なのできれいですし、倉庫自体ももちろんきれいなので長期で働けたら楽しいかなと思いましたが、お声がかからず残念でした。

 

nene0909さん  「アパレルの倉庫」

一人でもくもくとやっていれば良いので簡単ですぐに覚えられた事と、初めから短期間の募集だったので人間関係に悩む事なく気楽に仕事が出来た点がすごく良かったと思います。

唯一、寒さが無ければまたやりたいなと思う仕事でした。

 

yamanisi08 / 「トイザらス」

深夜で寒くて眠いのはイヤでしたが、楽しい面もありました。

同年代くらいの人たちが多かったですが、深夜という事もありシーンとした雰囲気の中で作業をするのは意外に楽しかったです。

同年代と少し話もできて深夜の割り増し時給も付いて、楽しい経験だったと思います。

 

ksmomonさん  「コンビニ商品やお酒の倉庫」

一人一人でやる仕事なので、まわりの人に気をつかうことが少なくて気楽。

シフト制で、シフトは出してはいるが、急なお休みに休みやすく対応してもらえる。

長期休暇(子供の夏休み等)に休みやすい。また力仕事だけで頭はあまり使わないから、楽だった。

 

suzurockさん 「農薬販売会社倉庫」

ひたすらピッキングするだけなので黙々と同じ作業の繰り返しなので、何かを考えたりすることも難しいこともなかったのでその点はとても楽でした。

また自分のペースでとくにスピードを求められるわけではなかったので良かったです。

 

grecoau2さん 「Amazon倉庫」

一番は運動になるところですね。

ずっとひたすら歩いているので、そのときはダイエット効果もあり、体が引き締まっていたように思います。

運動しながらお金ももらえるので、ダイエット目的の人には最高ではないでしょうか。

 

kawano6さん/ 「zozotown」

この職場は他のピッキング倉庫とは雰囲気が少し違っていました。

社員の方も私服で割と仲良さそうでしたし、無駄な人間関係も持たなくても良い感じで仕事がしやすかったです。

棚入れもピッキングもシンプルな作業で終わらすことができ、やりやすかったです。

 

blu1_dd45さん 「アパレル倉庫」

基本的に一人での作業なので、一度覚えてしまえば自分のペースでもくもくと取り組むことができるところがとても良かった。

集中できるので、時間の過ぎるのが早く、いつもあっという間に終わるイメージでした。

人と関わらずにできる仕事はなかなかないので、とても気に入っていました。

また時給が良いところも気に入っていました。

 

itohi98さん  「XEROXの倉庫でコピー機、複合機の部品倉庫」

数日もやると、要領が覚えられる。繁忙期は一生懸命働かないといけないが、閑散期は点検、管理という名の元にサボってられるのがとても良かった。

フォークリフトを運転してパレットを積む作業などはやってて面白かったです。

 

アルキバさん 「食品関係倉庫」

暖かい服と軍手は支給してもらえたこと。

仕事が単純なので、基本を教えてもらい覚えれば人に聞かなくても品の注文書の数と検品を注意し箱に入れ、黙々と仕事ができたこと。

そんなに重いものは運ばなかったので、腰を痛めはしませんでした。

 

yamahujiさん/ 「アクセサリーピッキング」

職場が割と狭かったので動きづらい点はありましたが、時給が良かったのは嬉しかったです。レディースのアクセサリー中心だったので、仕事自体も興味が持てました。

短期の仕事だったのでその期間だけ集中して作業ができたのも良かったと思っています。

 

tetsuta0418さん 「guttomann」

自分がこの仕事「ピッキング」をやってよかったと感じたところは、一日の日給も高く体力的にはさほどきつくはないところです。

あと、覚えることもそんなにないので「こんな作業でこんなにお金もらえるの!」ていう感じでした。

 

yuukifuru20さん 「物流倉庫 冷凍食品の仕分け業務」

アルバイトから学べたことは、ミスをしない為にどう考えて行動すれば良いのか、仕事を早く終わらせる為にどう動けば良いのかを学ぶことができました。

怒られることも意外とありましたが、職場の人が良い人が多かったので比較的長く勤めることができたのは良かったと考えております。

 

おおがわら819さん 「印刷業者、運送業者」

仕事後の達成感はありました。動く方が好きなのに、こうやって同じことをずっとやれるのだなと思いました。

終わったあとの達成感はほかの仕事よりもあって良かったなと思いました。

金額もそれなりにたかいから頑張ったかいがありました。

スポンサーリンク

ピッキングバイトの仕事内容は?

ピッキングバイトの仕事内容は、必要な商品を集める作業のことです。

倉庫内をカート(かご)を引きながら歩き回り、リスト(指示書)に記載された商品をピックアップしていきます。

 

集める商品としては、雑貨やアパレル・飲料水・おもちゃ・電化製品など会社によって様々で、女性でも取り扱いやすい軽量物が中心の場合もあれば、10kg以上の重い商品を取り扱う所もあります。

集めた品物は検品・梱包の担当者へ引き継がれ、バーコードの読み取りや傷・汚損のチェック・注文内容との相違がないかどうか等がチェックされます。

一般的にはピッキング作業のみに集中する場合が多いですが、中小の会社の場合にはピッキングだけでなく梱包や検品といった作業も平行して行うケースも出てくるでしょう。

 

またピッキングバイトの場合、出荷指示書に記載された商品を集める「リストピッキング」以外にも、ハンディターミナルを使用した「ハンディピッキング」があります。

ハンディを使用する事でミスも少なくなり作業も進みやすくなりますが、ハンディにはスタッフ毎に個数や時間が計測されるため、どちらが良いと感じるかは個人差があるかもしれません。

ハンディを使用する場合には機器の使い方やバッテリー交換など使用方法について説明があると思いますので、作業前にしっかりと覚えておきましょう。

 

またピッキングには以下の2つの方法があります。

摘み取り方式

商品が保管された棚の前を、作業者が台車やカート等を押しながら往復し、ピッキングリストに記載されたものをピックアップする作業方式のこと

摘み取り方式は、ピッキングリストに記載された商品をピックする(拾い集める)方式です。

「摘み取り方式」は、簡単に言えばスーパーに買い物に行った人が各売り場を歩き廻り、必要な商品をかごの中に入れていくようなイメージに似ているかと思います。

 

種まき方式

あらかじめ出荷先が決められた場所があり、そこに手元にある部品や材料を配って歩く作業方式のこと

種まき方式は、仕分けリストに記載されている商品を各発送先(出荷先)に配って歩く方式です。

この方式は摘み取り方式とは逆で、いったん集めた商品を発送先毎に振り分けていく作業を指しています。

 

ピッキングでは上記2つの方式が主になります。

実際のピッキングバイトで行う作業は、どちらかと言えば上記の「摘み取り方式」が多くなるように思います。

どちらの作業においても作業の正確性を重視しながら、他のメンバーとも連携をとって丁寧に作業を進めていくことが大切です。

 

ピッキングバイトのきつい点は?

上記の経験者たちの感想でも様々な意見が挙がったように、ピッキングバイトには「きつい」と感じる瞬間もあります。

ここではピッキングバイトのきつい所を取り上げてみます。

 

空調が効いていない

倉庫によっては空調が効いていない所もありますし、効いていても倉庫が広すぎて効きが悪い倉庫もあります。

夏場は水分補給をしっかりする必要がありますし、冬場は防寒対策が必要な場合もあり、きついと感じることもあるでしょう。

 

重い物を持つことも

会社によってはピッキングバイトで重い物を持つケースもあります。

ドリンクや家電・家具など、どちらかと言えば男性スタッフが多い職場もあります。

自分が作業できる環境かどうか、事前にしっかりと見極める必要があります。

 

商品の位置が覚えられない

ピッキングバイトでは広い倉庫内で作業をするケースが多く、ロケーションを覚えられないといった事も珍しくありません。

数字やアルファベット表記になっている等、できるだけ分かりやすく配置されていますが、それでも新人の頃は覚えるのがきついという感想を持つこともあるでしょう。

 

上司が怖い

ピッキングバイトをやっていると、「上司がピリピリしてる」「管理者に怒鳴られた」「フォークに怒られた」といった意見を聞くこともあります。

確かに物流現場はルールに厳しい所もあり、手を抜いていると怒られてしまう事もあるかもしれません。

また理不尽なことで怒られてしまうと、ピッキングバイトがきついと感じることもあります。

 

ノルマ・目標

会社によってはノルマや目標が課せられている場合もあります。

「〇分間で〇個」などの目標が掲げられていたり、スタッフ毎にホワイトボード等に成績が貼り出されている現場もあります。

新人の方はノルマを意識し過ぎるよりも、まずは正確性を重視して取り組んでいくようにしましょう。

 

繁忙期の波

倉庫内作業は、繁忙期と閑散期で作業量が大幅に異なる場合があります。

特に新人の方がいきなり繁忙期に入社してしまうと、ピッキングバイトがきついと感じる事もあるでしょう。

自分がどれくらいの作業量をこなせば良いのか・派遣会社の担当者などにあらかじめ確認をしてみても良いですね。

 

ピッキングバイトの服装は?

ピッキングバイトには、どのような服装が望ましいでしょうか。

服装についてもピッキング経験者にアンケートで感想を聞いてみました。

※2021年2月調査 派遣スタッフコミュニティサイト

アンケートの結果、ピッキングバイトの服装はTシャツ(長袖含む)で作業する人が多いことが分かりました。

やはり汗をかきやすいピッキングバイトだけに、Tシャツ等の軽装で作業をする人が多いようです。

また回答の中にはTシャツの上にエプロンや作業服を着用したといった意見もありましたし、汗をかいた時の替えのシャツを用意している人も中にはいました。

作業時の靴に関しては一部の人が「安全靴」と回答しましたが、その他大勢の人は「スニーカー」で勤務していたようです。

 

倉庫と一言に言っても、空調が効きにくいような広い倉庫もありますし、季節によって室温が異なることもあるので、温度調整がしやすい服装でピッキング作業をするのが良いと思います。

作業中にはダンボール等で指を切ってしまうケースもあるので、余裕があれば絆創膏などを用意しても良いでしょう。

また作業中には汚れてしまったり服を引っかけてしまう場合もあるので、初めて着る服や高価な服装は避け、普段着の作業しやすい服装でピッキングバイトに臨みたいですね。

 

ピッキングバイトは女性もできる?

ピッキングバイトは女性の方にも人気があります。

ピッキングバイトを選ぶ女性の中には、黙々と作業をするのが好きな方や身体を使った仕事が好きな方も多いですし、今回投稿して頂いたアンケート回答者も半数以上が女性でした。

 

経験者の方々に、「ピッキングバイトは女性にお勧めできるか?」感想を聞いてみました。

※2021年2月調査 派遣スタッフコミュニティサイト

結果としては、65%の方が「おすすめできる」と回答しました。

また「おすすめできる」と回答した方の中には女性割合が多かったのも印象的でした。

「どちらとも言えない」という回答もありましたが、ピッキングバイトは取り扱う商品や作業環境・管理者の人柄などによっても仕事のしやすさが変わってくるので、このような意見が挙がったのかもしれません。

 

また女性がピッキングバイトを始める場合、以下のような点も確認しておいた方が良いでしょう。

  • 重量物はあるか(10kg以上など)
  • 倉庫内に給水はあるか(水分補給のため/ ウォータサーバーなど)
  • 空調は効いているか(室温・適切な服装など)
  • ロッカーの有無(着替え・貴重品入れ等。ロッカーが無い会社も稀にある)
  • 作業ルール(ネイル・アクセサリーの着用など)
  • シフトの組み方(例:主婦の方の扶養内勤務など)

 

上記の感想・評判を見ても、ピッキングバイトは女性でも十分に取り組みやすい仕事かと思います。

会社によっても特徴や雰囲気は様々ですので、自分らしく働きやすい職場を見つけたいですね。

 

ピッキングバイトの感想まとめ

ピッキングバイトの感想について幾つか挙げてみました。

ピッキングバイトは初めての方でも取り組みやすく、ルールさえ覚えてしまえば自分のペースで作業をすることが出来ます。

また運動量が多いため、稼ぐだけでなく運動不足解消やダイエット目的として検討する人もいるでしょう。

これから派遣バイトに挑戦する方・シンプルな作業が好きな方はピッキングバイトから始めてみるのも良いかもしれませんね。

今回はピッキングバイトの感想について取り上げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【来社不要でWEB登録】 リクルートスタッフィング