シングルマザーの仕事ランキング!おすすめの働き方や資格も紹介

今回は「シングルマザー仕事ランキング」というテーマを取り上げてみたいと思います。

シングルマザーの方々にとって、悩みになりやすいのが仕事や収入の問題。

経歴や母子家庭であることが引っかかってしまったり、自分の希望条件に合う仕事がないという方もたくさんいます。

ですが他のシングルマザーがどのような職業に就いているのか、それを知ることで自分に合った適職が見つかるケースもあります。

この記事ではシングルマザーの女性が多く就いている仕事や、評判の良い職種・仕事選びのコツなど、ランキングを交えてお伝えしていきたいと思います。

 

シングルマザーの仕事ランキング

シングルマザーの方々はどのような仕事に就いているのでしょうか。

ここではランキング形式でお伝えしていきます。

 

仕事

まずはシングルマザーが実際にどのような仕事をしているのかを見ていきましょう。

以下は厚生労働省の調査によるデータです。

※出典:平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告

厚生労働省の調査によると、上位には事務職サービス業・専門職が多いことが分かります。

仕事ランキングとしてもオフィス内でのデスクワークを初め、介護や接客・ホテルスタッフなどのサービス業・介護士や保育士などの専門職に従事しているシングルマザーも多いようです。

 

雇用形態

雇用形態としては正社員・契約社員・派遣社員やアルバイトなど、様々な働き方があります。

シングルマザーの雇用形態はどのようになっているのでしょうか。

正社員・パートアルバイトで収入を得ている方が圧倒的に多いようです。

ランキングの中で派遣は4.2%と少なめに見えますが、派遣社員の割合は全体の平均的には2%~台ですので、シングルマザーの中では派遣社員の割合は若干多めと言えるのではないでしょうか。

 

収入

次にシングルマザーの収入(年収)です。

シングルマザーは現在の仕事でどれくらい稼げているのでしょうか。

200万円未満の母子家庭世帯が圧倒的に多いことが分かります。

もちろん家庭によっては、これに加えて養育費や児童手当などが上乗せされますが、それでも子育てや生活費を考慮すると十分な収入とは言えないでしょう。

 

資格

またシングルマザーの方の中には資格取得を目指している方も多くいます。

シングルマザーの女性はどのような資格を取得しているのでしょうか。

簿記・ホームヘルパー・パソコン系の資格が多いことが分かります。

上述の仕事ランキングでも事務職・サービス業(介護など)が上位を占めておりましたが、仕事で使いやすい実用的な資格である簿記やホームヘルパー・パソコン系資格の人気があるようです。

 

また以下はその資格が実際に役に立ったかどうかの調査結果です。

役に立った役に立たなかった
簿記131131
ホームヘルパー13375
看護師741
パソコン10171
教員3618
准看護師481
調理師2125
理・美容師289
外国語1713
栄養士138

 

資格の中でも、技術職や専門系の資格は「役に立った」と回答しているシングルマザーが多い印象です。

特に看護師・准看護師においては実用的な資格で、ほとんどの方が「役に立った」という意見があります。

資格だけでなく職種や雇用形態などは人それぞれなので一概には言えませんが、自分らしく働きやすい環境を見つけることが大切ですね。

 

シングルマザーの仕事選びのポイントは?

シングルマザーの方の中には「希望通りの職に就けない」「応募しても不採用になることが多い」といった声を聞くことも多くあります。

希望の仕事に就けない理由は様々ではありますが、仕事選びにおいて「自分がどのような点を重視するべきか」という点を整理できていない方も中にはいます。

また状況によっては、重視すべき点の優先順位を付けて求職活動をすることも大切です。

ここではシングルマザーの方の仕事選びのポイントを幾つか取り上げてみます。

 

給料

一般的にシングルマザーの生活費は最低でも15万円は必要です。

可能であれば、20万円以上の月収があると余裕が生まれやすいと言えるでしょう。

母子家庭の平均月収は132000円ですから、多くのシングルマザーが収入に困っている事が分かります。

児童手当や養育費をもらっている女性もいるかもしれませんが、他にも家賃が低めの物件を選んだり食費や通信費を抑えるなど、節約を迫られるケースも多くあります。

子供の人数などを考慮して自分が収入としていくら必要なのかを具体的に考え、そこから雇用形態や職種などを検討していきましょう。

 

勤務時間

シングルマザーの女性は忙しく、常に時間に追われバタバタしている方も少なくありません。

朝食の支度・子供の見送り・家事や育児の時間・自分の仕事・お迎え・夕飯の準備など、あっという間に一日が終わってしまいます。

そのため仕事を選ぶにしても、退社時間が遅すぎないか・残業はどうか・シフトを柔軟に組めるかなどを考慮して決める必要があります。

 

休みが取りやすいか

想像しても分かるように、仕事と両立して家事や育児をしていくというのはかなりの重労働です。

特に体力にあまり自信がない女性にとっては、肉体的・精神的な疲労は大きいものです。

また育児をする上でも、お子さんの急な発熱や体調不良によってどうしても休まなければならない場合もあります。

そのため仕事を選ぶにしても休みが取りやすいかどうかや育児休業制度・子育て支援があるか等、休暇の取りやすさも考慮しておきましょう。

 

母子家庭に理解があるか

仕事選びにおいてはシングルマザーに理解がある職場かどうかもとても大切です。

どうしても出勤が遅れてしまう場合や途中帰宅しなければならない場合、プライベートの付き合いなど、母子家庭に理解があるかどうかで仕事のしやすさが大分違ってきます。

できれば主婦が多い、育児の悩みなども共有して相談し合えるような職場がベストと言えるでしょう。

 

自宅からの距離

シングルマザーの場合、緊急時など、どうしても帰宅しなければならない事もあるかもしれません。

また時間をできるだけ効率的に使うためにも、職場と自宅の往復時間はできるだけコンパクトにしたい所。

あまりにも遠距離の会社を選んでしまうと、シングルマザーとして他の作業が追い付かなくなってしまう場合もあります。

 

正社員登用制度があるか

将来を見据えて正社員を目指したいという方は、正社員登用制度があるかどうかもポイントになります。

子供が小さいうちはパートや派遣社員であっても、長期で働くうちにキャリアアップを目指すという方法もあります。

また正社員登用制度だけでなく、紹介予定派遣制度や無期雇用派遣などの選択肢も視野に入れておいても良いでしょう。

 

在宅ワークがあるか

これは一部の職場に限られますが、在宅ワークが可能な職場はシングルマザーにとっても助かります。

現在では在宅ワークOKの会社も多く出てきていますし、リモート・テレワークの仕事などもあるので、通信環境さえあれば自宅にいながら仕事ができます。

また仕事が慣れてくる等、長期的に勤めることによって会社の許可をもらい在宅ワークが可能になるケースもあるので、会社に相談をしてみても良いでしょう。

 

シングルマザーにおすすめの仕事は?

シングルマザーの方々に適したお仕事にはどのような職業があるのでしょうか。

ここではシングルマザーにおすすめの仕事をランキングとして順にご紹介していきます。

 

1:看護師

シングルマザーにお勧めできる職業は看護師です。

しっかりとした収入を得ることができ社会的な地位もあり、求人数が多いので仕事に就きやすいメリットがあります。

小さなお子さんの面倒も見やすいですし、仕事として長く働くことができ、お子さんが大きくなれば夜勤などにも対応しやすくなってきます。

また上述したように、資格取得後も本当に役立つ資格として経験者からの評価も高い職業です。

資格を取得するには学校に通う必要がありますが支援金や奨学金を受けられる可能性もあり、仕事柄として周囲にもシングルマザーの立場を理解してもらいやすい特徴があります。

 

シングルマザーが看護師に就くデメリット

  • 学校に通う必要がある
  • 夜勤に対応しにくい
  • 長時間勤務の場合、子供との時間が取りにくい

 

2:介護職

次にシングルマザーにお勧めしたいのが介護職です。

大変なお仕事ではありますが、人手不足により今後も求人に困ることは少ないかと思います。

また学歴や職歴を問われないため誰でも挑戦しやすい利点があり、施設によっては夜勤免除してもらえる所もあります。

長年勤めたり資格取得を目指すことで正社員登用も目指しやすいので、体力に自信があるシングルマザーの方にはお勧めできる職業です。

 

シングルマザーが介護職に就くデメリット

  • 急な呼び出しがかかる可能性
  • 施設内の人間関係が複雑なケースも
  • 施設によっては収入が低い

 

3:事務職

事務職経験がある人や体力的な負担が少ない仕事なら、事務職がおすすめ。

前述したように、シングルマザーの方の職業では事務職が多くを占めます。

土日祝が休みの会社も多いため休暇が安定しやすく、求人数が多いことから潰しが効きやすいのも事務職の利点です。

またPCなどが得意であれば、在宅ワークとしてデータ入力やイラスト作成・HP製作など、副業に注力する女性も多いようです。

 

シングルマザーが事務職に就くデメリット

  • 仕事内容が幅広い(覚えるのが大変)
  • 事務以外の仕事が発生することも(お茶くみ・掃除・来客など)
  • 会社によっては母子家庭への理解が得られにくい

 

4:歯科衛生士

4つ目にお勧めするのが歯科衛生士。

歯科衛生士はシングルマザーに人気の国家資格でもあり、歯科医院だけでなく病院や保健所などの求人もあります。

定時で帰宅できることも多く、病院の看護師さんのような夜勤もほぼありません。

周囲の歯科衛生士もほぼ女性が多いため、シングルマザーとしての立場の理解者も多くいます。

ひとり親の場合には自治体からの支援が受けられる場合もあり、手に職を付けたい女性にもお勧めの仕事と言えるでしょう。

 

シングルマザーが歯科衛生士に就くデメリット

  • 歯科医院によっては多くの歯科衛生士を雇用しない
  • どちらかと言えば若い年齢層が目立つ
  • 女性社会の現場である事も(派閥など)

 

5:保険外交員

5つ目に紹介するのが保険外交員です。

ご存じの通り保険を販売していくお仕事ですが、自由度も高くシングルマザーが保険外交員をしているケースは多々あります。

勤務時間もほぼ自分で管理するため家事や育児との調整がしやすく、子供の体調不良時や学校行事などにも参加しやすいと言えます。

歩合制となっている事が多い為、コミュニケーション能力に富む女性であれば、一般以上の収入を稼ぐことも可能な職業です。

 

シングルマザーが保険外交員に就くデメリット

  • ストレス・離職率が高い(成果主義)
  • 自爆・身内への営業
  • 出費がかかることも(洋服・身だしなみ等)

 

シングルマザーにお勧めの仕事をランキングとして幾つか挙げてみました。

上記は一般例ですが、上記に限らず自分が好きな仕事や取り組みやすい仕事を見つけるのがベストです。

将来を見据えながら、シングルマザーとして自分らしく働きやすい仕事を見つけて、少しずつでも安定した生活を目指していきたいですね。

 

シングルマザーにおすすめの資格は?

経験やスキルだけでなく、資格を活かしてお仕事をしているシングルマザーも多くいます。

ここではシングルマザーが活用しやすい資格を幾つかご紹介します。

 

社会保険労務士

人事・労務などの専門家。女性としての活躍フィールドも広く、独立・就職・転職に幅広く活用しやすい資格。

 

宅建士

不動産の専門資格。重説など独占業務があり転職が利きやすい。将来的には低資本で独立開業も可能な資格。

 

看護師・准看護師

社会的地位もあり収入が安定しやすい。周囲には母子家庭への理解者が多く、長く安定して働きやすい資格。

 

介護福祉士

求人数が多く、働きながら経験が積みやすい。5年勤務することでケアマネへの受験資格を得ることも。

 

歯科衛生士

国家資格であり勤務先も医院など経営が安定している。定時で帰宅しやすくシングルマザーへの理解も得られやすい。

 

保育士

保育士の需要が高く、シングルマザーとして子育て経験を活かしやすい。土日祝休みが多く、家賃補助などが付く職場も。

 

シングルマザーの方々としては長く勤められる仕事に就きたい・安定した収入を得たいという方は多くいます。

その結果として、資格取得を検討する方が多いのは事実です。

しかしながら実際に収入に結び付く資格や、本当に仕事に役立つ資格はほんの一握りであり、多くの資格は取得しても役に立たずに無駄に終わってしまうケースも多々あります。

シングルマザーとして大切な時間を有効に使えるよう、本当に自分に合った資格を取得してお仕事に活かしたいですね。

 

シングルマザーの手当・支援制度

シングルマザーが利用できる支援制度や手当は多くあります。

特に家計が苦しい・経済的な不安がある母子家庭にとって、このような支援制度や手当を活用することは非常に有効です。

自分の仕事だけに集中し過ぎるあまり、子供との繋がりや家庭が崩壊してしまっては意味がありません。

このような制度や手当を活用して、安定した生活を目指しながら仕事にも励んでいきましょう。

 

児童手当

中学校を卒業するまでの子どもを育てる人を対象に、一定の手当を支払う制度。

子どもの年齢に応じて支給額が変わり、子どもが3歳未満の場合には1人当たり1万5000円・3歳以上小学校修了前までの子どもの場合には第2子までは1人当たり1万円ですが、第3子以降は1万5,000円が支給される。中学生は一律で10000円。

 

児童扶養手当

父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当。

支給金額は児童手当と同様に扶養人数や所得によって支給金額が異なる。

 

児童育成手当

離婚・死亡・遺棄などの理由で、父親もしくは母親と生計を同じくしていない父子・母子世帯等の児童の福祉の増進を図るために設けられた手当。

支給金額は児童1人につき13500円。

 

生活保護

経済的に困窮する国民に対して、国や自治体が健康で文化的な最低限度の生活を保障する公的扶助制度。

生活保護の受給金額は最低生活費が基準になる。

 

母子家庭の住宅手当

子どもを育てている母子家庭または父子家庭のようなひとり親世帯で、賃貸物件に住んでいる人を対象とした支援制度。

各市区町村が実施する独自の制度であるため、実際に支給される金額もそれぞれ異なる。

 

母子家庭の医療費助成制度

ひとり親家庭の母又は父と児童などが、医療機関等で保険診療を受けた場合の医療費を助成する制度。

かかった医療費の一部を県や市区町村などに支払ってもらえる。

 

シングルマザーが活用できる制度や手当について幾つか取り上げてみました。

母子家庭の経済状況は苦しく、シングルマザーの半数以上が年収200万円未満の収入というデータがあります。

中には養育費が受け取れない女性や、病気などでまともに仕事に就けない女性も珍しくありません。

 

上記以外にも活用できる制度・手当はありますが、大切なことはそれらの制度を知っていること(知識)です。

せっかく様々な制度が用意されていても、知識がなかったり申請方法が分からないため、助成制度をうまく活用できない女性も少なくありません。

まずはこれらの制度への知識を蓄え、自分の状況に合わせて活用することで、生活の安定を図ることから考えてみてはいかがでしょうか。

 

シングルマザーの仕事が決まらない理由?

シングルマザーの方で仕事が決まらない・見つからないという方は多くいます。

仕事が決まりにくい理由としては以下のような原因が考えられます。

  • シングルマザーを敬遠する企業がある
  • ブランク期間が長い
  • 条件を求めすぎる(土日休み・年収条件・自宅近くなど)
  • 正社員雇用のみで探している
  • 年齢的な理由
  • 面接で不安や焦りが相手に伝わる
  • 仕事の探し方が悪い

 

バツイチ子持ちで年齢が40代以降ともなると仕事が決まりにくくなる場合は多いですが、それ以外にも仕事の探し方が間違っているというケースも多々あります。

厳しいようですが、今までと同じような求職活動をしていては中々仕事が決まらない事も多くなってくるでしょう。

そのため自分の今の立ち位置を理解して、より効率良く仕事探しをしていく必要があります。

インターネットなど様々な媒体を活用して、自分の希望に合った求人を効率よく見つけるようにしましょう。

 

シングルマザーの稼げる仕事の探し方

母子家庭として収入の安定を考えるのであれば、やはり正社員が一番です。

ですが正社員で勤めるとなると年齢も含め企業が求めるハードルも当然上がりますし、相応のスキル・経験も求められます。

また「家事・育児・仕事の両立」という事も考えると、必ずしも正社員という働き方がベストとは限りません。

 

簡単に仕事を見つけたい方や、勤務時間を柔軟に調整したい方・子育てに理解がある職場を求める方は、派遣社員という働き方もお勧めです。

派遣であればある程度の収入も得られますし、シフトも柔軟に組むことが出来ます。

家事や育児もこなしながら仕事も両立し、やがて子供が小学校に入学する頃にもなれば、その時に収入面の向上を考えて正社員という働き方を改めて目指すのも良いと思います。

また何より採用ハードルが低めというのも派遣の利点と言えるでしょう。

 

シングルマザーにおすすめの派遣会社を幾つかご紹介します。

テンプスタッフ

最初に登録しておきたい派遣会社

創業者が女性であり、働くママさんを支援する派遣会社がテンプスタッフ。

高時給の仕事が多く求人数もトップクラスで「未経験OK」「残業なし」など、シングルマザーが働きやすい求人が豊富にあります。

また「産前産後休業」「ベビーシッター割引制度」「育児休業制度」など、シングルマザーにとって助かる福利厚生制度も充実しています。

シングルマザーの方であれば、まず最初に登録しておきたい派遣会社と言えます。

 

ランスタッド

空いた時間を有効活用したい方に

外資系の派遣会社であるランスタッド。

長期だけでなく短期や単発の仕事も多いため、空いた時間を有効に活用して仕事がしたい方にお勧め。

軽作業やコールセンター・試験監督・オフィスワークなど、求人数も豊富で希望に合った仕事を紹介してもらえます。

担当制なので就業後のフォローも手厚く、未経験歓迎の仕事も多いので派遣が初めての方でも安心して登録ができます。

 

リクルートスタッフィング

忙しい方でも自宅でWEB登録ができる

大手リクルートグループの派遣会社であるリクルートスタッフィング。

オフィスワークなどに強く、高時給の求人が多いのも特徴的です。

オンライン登録を実施しているため、忙しい方でも自宅にいながら登録ができます。

紹介予定派遣の求人もあるので、将来的に正社員雇用を目指すシングルマザーにもお勧めの派遣会社です。

 

この他にも派遣会社は多数ありますので、派遣を選ぶ場合には自分に合った派遣会社を見つけて、自分らしく働けるお仕事に就きたいですね。

 

シングルマザーの仕事ランキングまとめ

シングルマザーの仕事について、ランキングなど幾つか挙げてみました。

母子家庭ともなると、お母さんは色々なことで悩むかと思います。

「お金のこと」「子供の気持ち」「仕事と子育てのバランス」「将来について」「パートナーのこと」「自分自身の心のケア」など、悩みが尽きないという女性も多くいます。

 

シングルマザーとして生きていくのは大変な覚悟がいる事ですが、一生懸命に生きていればその姿を子供も見てくれていますし、周囲にも支援してくれる人が出てくるかと思います。

シングルマザーの女性が充実した子育てをし、自分らしく働けるお仕事に出会えることを願います。

今回はシングルマザーの仕事ランキングについて取り上げてみました。