紹介予定派遣で二次面接は実施される?その内容は?面接対策も解説

今回は紹介予定派遣の二次面接について挙げてみたいと思います。

正社員や契約社員など、直接雇用を前提とした紹介予定派遣。

大手や有名企業に挑戦できる場合もあり、人気があります。

紹介予定派遣で気になるのが面接対策ですが、企業によっては二次面接を行うケースもあります。

今回はそんな紹介予定派遣の二次面接について挙げてみます。

スポンサーリンク

紹介予定派遣に二次面接はある?

そもそも紹介予定派遣に二次面接はあるのでしょうか。

基本的には、紹介予定派遣の面接は一回のみのケースが多いです。

一般的な紹介予定派遣の流れは以下のようになります。

登録(派遣会社への登録)

仕事の紹介(紹介予定派遣求人の紹介)

就業開始(最長6か月の派遣期間)

意思確認(派遣期間満了の2週間~1か月前に双方の意思確認)

正式採用(直接雇用)

入社

 

紹介予定派遣のお仕事にエントリーすると派遣会社内で選考が行われ、それを通過すると企業側との面接が行われます。

企業との面接をパスすると、最長6か月を派遣期間とする就業が開始されます。

企業側との面接は1回のみの場合が多く、紹介予定派遣では二次面接まで進むケースは割と少ないです。

ですが派遣先企業によっては二次面接まで受ける必要がある場合もあります。

 

紹介予定派遣で二次面接が実施される意味は?

紹介予定派遣で二次面接が行われる意図はどのようなものなのでしょうか。

もし紹介予定派遣で一次面接の後に二次面接があった場合、以下のようなケースが考えられます。

 

  • 入社時に形式的な面接(一次面接)を行い、直接雇用切り替え時に正式な面接(二次面接)を実施する企業
  • 二次面接で最終的な責任者・役員クラスとの面談がある企業
  • 一次面接で筆記試験・適性試験等を行い、二次面接で人物を判断する企業
  • 派遣会社の独自の面接(履歴書アドバイスや派遣先の説明など含む)→二次面接(企業側との面接)の場合
  • 採用枠や応募者数が多い場合、一次面接で人数の絞り込みを行う企業
  • 直雇後が重要ポジションのため、二次面接を実施しより慎重に選考を重ねたい

 

紹介予定派遣で二次面接まで進んだからと言って、必ずしも採用前提ではない事に注意が必要です。

一般的に一次面接では基本的なマナーや志望動機・コミュニケーション力などが試されるのに対し、二次面接ではより細かな質問をされるケースが多く、将来的なキャリアビジョンや入社意欲の確認・どのように活躍していきたいか等、より具体的に踏み込んだ質問が想定されます。

 

また二次面接では、一次とは面接官が変わるケースもよくあります。

一次面接では若手社員が面接官となる事も多いですが、二次面接となると役員クラス等の面接官が同席するケースも多くなり、スタッフさんによってはより緊張感が増すような事もあるかと思います。

会社によっては二次面接は「本当に一緒に働ける人物かどうか」をチェックする為の面接とも言えるでしょう。

 

また一次と二次ではかかる時間にも特徴があります。

特に紹介予定派遣は直接雇用が前提となっている為、二次面接ではより慎重に時間をかける企業も多くある事でしょう。

紹介予定派遣では1対1の面接が多いですが、もし一次面接が複数名のグループ面接であった場合、二次面接がより長く感じることもあるかもしれません。

 

いずれにしても紹介予定派遣で二次面接まで行われる場合には、2回面接を実施するだけのそれぞれの意味があります。

派遣会社のサポートも受けながらしっかりと面接対策を行っておくようにしたいですね。

スポンサーリンク

紹介予定派遣で面接結果が出る日数は?

紹介予定派遣で面接結果が出る日数はどれくらいなのでしょうか。

面接結果が出る日数は、面接を受けてからおおよそ1週間以内くらいに連絡がくるケースが多いです。

進捗状況にもよりますが派遣会社への登録~内定までは1か月程度で進むこともあります。

 

確かに紹介予定派遣は直雇用を前提とした制度ではありますが、残念ながら面接で落ちてしまうスタッフさんもいます。

「日本人材派遣協会」のデータを引用させて頂くと、紹介予定派遣から直接雇用に至った人数は以下のようになっています。

紹介予定派遣として派遣された人数:27079人

直接雇用に至った人数:14857人

※日本人材派遣協会「派遣の現状」より一部引用

上記を見ると、約54%しか直接雇用に至っていない事が分かります。

約半数という現実的な数字を見て、希望が持てると思うか厳しいと判断するかは人それぞれですが、やはりしっかりと事前の面接対策を行っていなければ通過するのは難しいと言えるでしょう。

 

二次面接を通過するためのポイント

もし紹介予定派遣で二次面接が実施される場合、どのような事に注意をしておくべきでしょうか。

チェックポイントは様々ありますが、最低限でも以下のような事は考慮しておきたい所です。

  • 企業が二次面接を実施する意図を考える
  • 直接雇用後のビジョンを明確にする(どのように活躍していきたいか)
  • 一次面接と二次面接で回答にズレがないか(整合性の確認)
  • 自分の強み・弱みを再確認
  • 過去の仕事・学業で力を入れてきた事 etc…

 

特に二次面接では入社への熱意や入社後の将来的なビジョンなど、一次面接よりもより突っ込んだ内容を質問される場合があります。

そのため自分なりに質問を掘り下げてみて、どのような質問にも対応できるようにしておく事が大切です。

紹介予定派遣の二次面接では、通常では派遣会社の担当者は同席しません。

自分の力で突破できるよう、事前にしっかりと準備をしておきたいですね。

関連記事:派遣の顔合わせで質問される30の項目

 

紹介予定派遣の二次面接まとめ

紹介予定派遣の二次面接について幾つか挙げてみました。

紹介予定派遣では基本的には面接は1回のみで終了するケースが多くなります。

ですが企業によっては二次面接まで行われるため、自分なりの面接対策が必要です。

 

また紹介予定派遣を検討する際には、入り口である派遣会社選びが大切です。

派遣会社によって紹介予定の求人数も違いますし、取引企業も大きく異なります。

面接対策においても派遣会社によってサポート力が違うので、より紹介予定派遣に注力した派遣会社を選びたい所です。

こちらの記事でも紹介予定派遣でおすすめの派遣会社を取り上げていますので参考にしてみてください。

参考記事:紹介予定派遣に強いおすすめの派遣会社は?年齢やデメリットも解説

 

紹介予定派遣の二次面接を通過して、入社後の新たなスタートを切りたいですね。

今回は紹介予定派遣の二次面接について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー