派遣のアパレルを辞めたい?スムーズに退職をするには?

今回はアパレルの派遣を辞めたいケースについて挙げてみたいと思います。

憧れを抱いて入社したアパレル業界。

派遣では未経験OKな求人も多く、派遣社員からアパレル業界に入社する方も多くいます。

ですが実際に勤務していて、イメージと違ったり条件が合わない等、途中で辞めてしまう方も。

アパレルの派遣を辞めたい時というのはどのようなケースなのでしょうか。

スポンサーリンク

派遣のアパレルを辞めたい理由?

アパレルの派遣を辞めたい理由にはどのような事が挙げられるでしょうか。

一般的には以下のような理由が考えられます。

  • ショップ内の人間関係が合わない
  • 立ち仕事が辛い
  • 客数が少なすぎて暇
  • 時給が低い・待遇が悪い
  • ノルマ・目標がつらい
  • 服の自腹購入がきつい(お金が貯まらない)
  • キャリアアップが望めない
  • 派遣会社のフォローがない
  • 拘束時間が長い
  • ショップがいつも人手不足
  • 他に派遣スタッフがいないので心細い
  • 社員と派遣の区別(差別)がある
  • 契約範囲外の仕事を任される事が多い
  • 未経験なのに教育環境がない
  • ショップ経験があるため期待値が高すぎる(プレッシャー)
  • 雑務しかやらせてもらえない
  • ショップの勤務地が遠い(通勤が苦痛)
  • 他のアパレル職種に挑戦してみたい etc…

 

派遣のアパレルを辞めたいと思う瞬間は人それぞれですが、やはり入社前のイメージと違った・臨んだ職場環境ではなかったという理由が多く挙げられます。

特に未経験者にとって、アパレルは華やかに見える業界でもあり、なおさらそのギャップにショックを受けてしまう人もいるのかもしれません。

 

またアパレルの派遣の場合、大量募集等が少なく少人数のみの募集といったケースも多いため、ショップ環境によってはスタッフが孤立してしまう場合もあります。

そして思い悩んだ結果、派遣のアパレルを辞めるといった決断をする方もいます。

 

派遣のアパレルを辞めるには

アパレルを含め、派遣社員の場合には契約期間が定められているケースが多くなります。

3~6か月程度の契約期間を定め、双方の合意によりその都度更新をしていくような形が一般的です。

契約更新時に企業側もしくはスタッフ側どちらかが更新を望まなければ、そこでお仕事は終了となります。

契約期間満了の1か月程前に派遣会社の担当者から更新の意思確認の連絡があるので、もし契約更新を望まない場合にはその時に更新をしない旨を話しましょう。

 

それでは期間途中にアパレルを辞めたくなってしまった場合はどうでしょうか。

派遣の場合でも雇用契約が結ばれており、基本的には契約期間満了まで勤めることが前提です。

基本的には、契約期間中に自分勝手な理由で辞める事はできません。

 

ですがやむ負えない理由がある場合など、事情によっては期間中でも退職をさせてもらえる場合があります。

実際にアパレルの場合でも、このようなケースは多いです。

その為どうしても辞めたい事情がある場合には、まずは派遣会社の担当者に相談をしてみるようにしましょう。

 

確かに派遣の場合には、契約期間満了でお仕事が終了してしまう可能性もあります。

ですが一方では、契約を何度も更新していて同じショップに何年も長く勤めていたり、途中から正社員として採用されるといったスタッフさんがいるのも事実です。

アパレルショップ側の立場からして長く居てもらいたい派遣社員というのは、以下のような特徴があります。

  • お店に馴染んでいる
  • 店員との人間関係が良好
  • 個人としても売上が良い
  • 仕事ぶりが評価されている

 

派遣のアパレルで長く勤めたいと考えるかどうかは人それぞれですが、もし辞めたくなった場合には早めに担当者に相談をするようにしたいですね。

関連記事:派遣バイトの辞め方は?電話・メールの例文を挙げて徹底解説

 

派遣のアパレルを辞める時期は?

派遣のアパレルを辞める時期としてはどのようなタイミングが考えられるでしょうか。

アパレルでは、以下のような時に退職を考えるスタッフが多くなります。

  • 契約期間満了時
  • セールが終わった後
  • セールが本格的に始まる前
  • 閑散期(2月・8月など)
  • 年末終わり
  • 年度が切り替わる時
  • 次の仕事が決まった時
  • 新しい店員が入社した時
  • 引継ぎが完了してから
  • 派遣会社担当者と相談して決める

上記のように、派遣のアパレルの退職を伝えるタイミングは人によって様々です。

 

ですが派遣のアパレルを辞めたいと考えた場合、以下の点には注意しておいた方が良いです。

  • 早めに伝える
  • 繁忙期を避ける
  • 店員数が足りているかどうか

 

派遣を辞める場合、遅くとも一か月前には担当者に伝えておきたい所です。

お店での勤務が気まずくなるので出来るだけギリギリに伝えたいという気持ちも分かりますが、引継ぎの問題もありますし新たなスタッフの手配の問題もあります。

退職を決意した場合には出来るだけ早めに伝えるようにしましょう。

 

また繁忙期に辞められる事もお店側としては痛手ですし、人手不足が続いている状況で突然スタッフに辞められてはお店側も困ってしまいます。

周囲の状況を考えながら退職の申し出をするようにしたいですね。

スポンサーリンク

アパレル派遣のメリットは?

上記ではアパレル派遣を辞めたい場合について挙げてみました。

ここまでを見るとアパレルの派遣にネガティブなイメージを持ってしまった方もいるかもしれませんが、アパレル派遣にはたくさんのメリットもあります。

ここではアパレル派遣のメリットを挙げてみます。

 

時給が高い

アパレル派遣の場合、アルバイトよりも時給が高めである事が多いです。

平均して300~500円ほど時給が高いことがあります。

より収入を稼ぎたい方はアパレル派遣がお勧めです。

 

サービス残業がない

一般的に派遣社員の場合にはタイムシート等を使用して勤務時間を管理します。

アパレル正社員でよくあるサービス残業等が発生しにくいのも派遣の特徴です。

 

有名ブランドで働ける可能性

一般入社が難しい大手・有名ブランドへも派遣社員であれば入社が可能な場合があります。

有名ブランドで勤務経験が積みやすいのも派遣のメリットと言えるでしょう。

 

お仕事が決まるスピード

アルバイトや正社員の場合、履歴書の作成から始まり面接・採用に至るまでには1~2か月かかる事もあります。

派遣社員の場合には派遣会社が中心になって交渉を進めていくので、お仕事に就くまでがスムーズにいく場合が多いです。

 

様々なお店で働ける

期間を区切って働けるため、様々なショップで働けるのも派遣のメリットです。

色々なお店で様々な職種に携わってみたい方にも向いています。

 

お店の雰囲気が分かる

派遣会社の担当者は取引先のお店やブランドに何度も足を運んでいます。

そのためその店の雰囲気や人間関係などもある程度把握している事が多いです。

入社前にお店の様子を伝えてもらえる事も派遣のメリットと言えます。

 

退職しやすい

正社員等の一般入社の場合、退職を希望してもお店によっては辞めにくかったり引き止められたりというケースもあるかと思います。

派遣社員の場合、退職の申し出は基本的には派遣会社の担当者に対して申し出るので、ある意味では退職しやすいという一面もあります。

 

派遣会社がサポート

アパレル職の場合、入社してみなければその職場の雰囲気や善し悪しは分かりにくいものです。

もし就業中にトラブルがあった時にも、派遣会社の担当者に相談をすればサポートしてくれます。

 

アパレル派遣を辞めた後どうするか

上記でも挙げたように、アパレル派遣を辞めることはもちろん可能です。

ですが問題はアパレルを辞めた後どうするかという事。

辞めた後の仕事を決めておかなければ、収入も途絶えてしまいます。

 

アパレル派遣を辞めた後は、一般的に以下のような道が考えられます。

  • アパレルとは無関係の別の仕事に就く
  • 以前と同じアパレル職種に就く(アパレル販売→アパレル販売など)
  • 以前と別のアパレル職種に就く(アパレル販売→コスメなど)

 

もしアパレル派遣を辞めた後もアパレル業界にいたいと考えるのであれば、同じ派遣会社から他のお仕事の紹介を受けることもできます。

以前の勤務等に問題がなければ、派遣会社はあなたに向いた新しい職場を紹介してくれる事でしょう。

 

ですが転職時に1つ考えておきたい事は、「お仕事の選択肢を増やす」という事です。

派遣会社によって求人数は各社異なりますし、取り扱いブランドや職種も違います。

単純に登録をしている派遣会社が多いほうが、あなたに合ったお仕事が見つかる可能性は高くなります。

 

もちろんむやみに派遣会社に登録をする必要はありませんが、少なくとも2~3社には登録しておいた方が転職活動はしやすくなります。

こちらの記事でもおすすめのアパレル派遣会社を紹介していますので、参考にしてみてください。

参考記事:アパレルに強いおすすめの派遣会社は?

 

自分に合ったお仕事が見つかるまで、じっくりと活動をしていきたいですね。

 

派遣のアパレルを辞めたいケースまとめ

派遣のアパレルを辞めたいケースについて幾つか挙げてみました。

アパレル職というのは実際に勤務してみないとどのような雰囲気かは分かりにくいですし、時には辞めたくなる事もあるかと思います。

ですが派遣の場合は事前にお店の雰囲気が分かったり、トラブル時にも派遣会社のサポートが受けられるメリットがあります。

これからアパレル職を始めたい方は、まず派遣社員を入口として経験を積んでいく事を検討してみるのも良いかもしれませんね。

今回は派遣のアパレルを辞めたい場合について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【来社不要でWEB登録】 リクルートスタッフィング