派遣で更新をしない場合、次の仕事は紹介してもらえる?

今回は派遣で更新をしなかった場合の次の仕事について挙げてみたいと思います。

ご存知の方も多い通り、派遣社員の場合には3か月程度の契約期間をその都度更新を続けていく事が一般的です。

ですが更新時期というのは派遣社員にとって悩む時期でもあり、また不安が付きまといやすい時期でもあります。

もし派遣会社に今回の更新を断ったら、次の仕事の紹介をしてもらえないのではないか…。

そんな不安からいつまでも今の仕事を抜けられないという人もいるのかもしれません。

スポンサーリンク

派遣で更新をしない場合、次の仕事は紹介してもらえる?

それでは派遣社員として就業していて更新をしない場合、次の仕事は紹介してもらえるのでしょうか。

答えとしては、通常であれば次のお仕事を紹介してもらえます。

契約満了していれば、更新をするかしないかはもちろん派遣社員の自由です。

派遣契約は、派遣会社・派遣先・派遣スタッフの同意があって初めて成立しますので、スタッフさんが同意しないようであれば更新しない事でもできますし、派遣会社も更新を強要することはできません。

 

契約期間を満了まできちんと就業し退職をした派遣社員であれば、問題なく派遣会社から次の仕事の紹介をしてもらえる事が普通です。

むしろ更新をしない事を告げた後に、すぐに担当者から他の仕事の紹介話がくることもあります。

それくらい派遣会社では多くの求人を抱えていますし、良い人材には派遣社員としての仕事を続けて欲しいと思っています。

また派遣スタッフの皆さんが実際にどのように次のお仕事を探しているのかと言えば、大抵は契約満了日の1か月程度前から動き出し、登録をしている派遣会社の担当に他のお仕事を紹介してもらったり、他の派遣会社のHP派遣ポータルサイト等を利用して新しい仕事を探しているようです。

 

一方で次の仕事探しで失敗しやすいケースとしては、やはり「焦って次の仕事を決めてしまった場合」です。

契約満了前の2週間くらい前から慌てて行動を始め、何とか仕事が見つかったのは良いものの、自分の希望条件とは仕事内容が異なっていたり、仕事が思っていたよりもハードだった・勤務地が実際通ってみたら意外に遠かったなど、やはり失敗をして後悔をするケースが目立ちます。

もし更新をしないで次の仕事を見つけるつもりであれば、1か月程度前には次の仕事探しを始めた方が良いでしょう。

 

期間満了でも次の仕事を紹介してもらえない辞め方は?

更新をしないで退職をした場合でも、きちんと期間満了まで勤めれば派遣会社からは次の仕事を紹介してもらえる事が普通です。

ですが辞め方や退職理由によっては、次の仕事を紹介してもらえない場合もあります。

それでは派遣会社から次の仕事を紹介されにくくなるケースというのはどのような場合でしょうか。

 

 毎回短期間で退職をする

派遣会社から何度かお仕事を紹介しているのに、いつも3か月程度で辞めてしまうスタッフさんというのは、仕事が続かないスタッフとして派遣会社によっては次の仕事が来なくなる場合があります。


 派遣先の悪口が多い

退職するとしても派遣先の悪口を言って辞めるというのはお勧めできません。

担当者からすれば、次の仕事を紹介したとしても、新しい派遣先でも同様な形で辞めてしまう事が想像できてしまいます。

契約期間満了で辞めるとしても、きちんとした理由を告げるようにしましょう。


 無断退職

契約期間中に無断で退職してしまう事はもちろんNGですし、期間満了であっても無断で辞めて良い訳ではなく、担当者にその旨を告げておく必要があります。

更新時期になると担当者から連絡があるので、もし退職を希望するようであればその時に話しておくようにしましょう。


 求人が少ない時期の転職

派遣社員の求人は新学期シーズンの2~4月に求人が最も多く、次いで異動時期でもある6~9月あたりも程々に求人数が多い傾向があります。

ですが1月・2月・11月あたりは求人が少なくなるケースも多く、その時期に退職をしてしまうと次の仕事が見つからないといった場合もあり得ます。

退職時期は更新月にもよりますが、時期を考えずにむやみに辞めてしまうと仕事が途絶えてしまうので、退職のタイミングも大切です。


 期間満了ギリギリでの申し出

更新日ギリギリで退職を申し出た場合、担当者に申し出てもすぐに次の仕事が手配できない可能性があります。

次の仕事が見つかったとしても、退職をしてから日がだいぶ空いてしまう事もあり、その間の収入は途絶えてしまいます。

また派遣会社としても、辞めた後に引継ぎが必要な派遣先の場合、急に退職をされてしまうと次の人員を確保できないといったケースも考えられます。

参考記事:派遣で更新しない時の要注意ポイント

スポンサーリンク

次の仕事を紹介してもらいやすい退職理由は?

派遣社員の場合、お仕事を辞める際には人によって様々な退職理由がありますが、多くは差し障りのない退職理由を告げることも多いです。

例:

  • 体調を崩してしまい休養を取りたい
  • 親の介護が必要になり、出勤が難しい
  • 引っ越しをする事になった

確かにこれらの理由であれば、あまり悪いイメージを付けずに退職をする事ができそうです。

ですが難しいのは、更新後にも次の仕事を紹介してもらいたい場合です。

上記の退職理由だと、次の新しい仕事は紹介してもらいにくいでしょう。

 

そのため更新をしない場合でも次の仕事を紹介してもらうには、例えば以下のような退職理由が無難です。

  • 期間満了の区切りとして退職したい
  • 今の派遣先に不満はないが、収入アップを目指したい
  • 新しい分野の仕事に挑戦してみたい

自分なりに次の仕事に繋げやすい退職理由を考えておきたいですね。

 

派遣で更新をしない旨はいつ言う?

派遣会社は更新時期になると、まず派遣先に更新の有無を確認します。

そして派遣スタッフさんに対しては派遣会社の担当者から30日程前(約1か月程前)に更新有無の確認の連絡が入ることが通常です。

 

実際には派遣会社によってはもう少し遅くなる場合もあったり、更新連絡自体がなかなか来ないといったケースもあります。

その場合には自分から派遣会社(担当者)に連絡をして確認をしてみても良いでしょう。

更新しない旨に関しても、30日程前に更新確認の連絡があった際に担当者に告げると良いでしょう。

参考記事:派遣の更新時期になっても連絡が来ない?

 

確実に次の仕事に繋げるなら

転職をする場合というのは、希望通りの仕事が見つけられずにどうしても時間がかかってしまったり、期間が空いてしまう事が多いものです。

期間が空いてしまうと、当然にその間の収入が途絶えてしまいますし、生活もままならなくなります。

そのためもし期間満了後も確実に仕事を繋げたいのであれば、やはり事前に新しい仕事を決めておく必要があります。

  • 派遣会社の担当者に辞める旨を素直に告げ、期間満了後の次の仕事を紹介してもらう(見つからない場合は今の仕事を更新して続行)
  • 他の派遣会社で新しい仕事を確保しておく

等の方法があります。

 

もしそれでも多少の期間が空いてしまうようであれば、その間は短期や単発仕事で繋げるといった方法もあります。

どちらにしても早めの行動が功を奏すケースが多いので、派遣先を変える場合には少なくとも1か月前には動き出し、次の仕事にスムーズに繋げるようにしたいですね。

 

またこれから新しい派遣会社を選ぶ際には、自分に合った派遣会社を選ぶことが大切です。

派遣会社によって求人数は異なりますし、会社毎の強みや時給等の待遇面も異なります。

こちらの記事でもおすすめの派遣会社をご紹介していますので、参考にしてみてください。

参考記事:おすすめの派遣会社をタイプ別にご紹介

 

次の仕事で後悔をしないように、自分に合ったお仕事を見つけるようにしたいですね。

今回は「派遣で更新をしない場合、次の仕事を紹介してもらえる?」について挙げてみました。

スポンサーリンク


  第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ


第2位【大手・好待遇のお仕事なら】 リクルートスタッフィング


第3位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド