派遣でレジ打ちってどう?レジ打ちのコツや難しさは?

今回は派遣のレジ打ちについて挙げてみたいと思います。

レジ打ちって言うとアルバイトやパートさんのお仕事をイメージする人もいるかもしれませんが、派遣社員でもレジ打ちのお仕事はあります。

レジ打ちはシンプルなお仕事のようにも見えますが、追求しようと思うと中々難しいお仕事です。

特に派遣社員の場合には即戦力と思われている事も多いため、実力を発揮できないと十分な評価を受けられない事もあります。

スポンサーリンク

派遣のレジ打ちの仕事とは?

派遣のレジ打ち仕事では以下のような職場があります。

  • スーパー
  • コンビニ
  • 百貨店
  • ディスカウントショップ
  • アパレル販売
  • 家電量販店
  • 飲食店
  • 医療関係

 

このように多くの職種でレジ打ちのお仕事がありますが、派遣社員の場合には特にスーパーとコンビニのレジ打ち求人が多めです。

特にコンビニのレジ打ち求人は単発・短期の仕事で多くなっているかと思います。

またレジ打ち専門の場合もあれば、レジ打ちの他にも品出しや袋詰め・店内清掃などが含まれる事も多くあります。

派遣社員としてレジ打ちをする場合でも、一般派遣と同様に、派遣登録→お仕事紹介→(レジ研修)就業スタートという順になります。

 

派遣社員のレジ打ちはコンビニ・スーパーが多い

派遣社員の場合にはスーパーとコンビニでのレジ打ちが多めです。

スーパーの場合には主にレジ打ちに固定され、その他の持ち場を兼務する事は少ないでしょう。

最近のスーパーではタッチパネル式が主となっており、その他にもセルフレジを導入している店舗もあります。

やはりタッチパネルのボタン位置を覚える必要があったり、その日ごとの特売やセール商品がどれかという事も頭に入れておく必要があります。

特に駅近や人気のスーパーでは多くの顧客が来店し、ひたすらレジ打ちをしていく事になります。

また混雑時などはスーパーによっては、レジ打ちと袋詰めを2人で分担体制で作業をこなう事もあり、協力作業が求められます。

 

一方でコンビニの場合には、レジ打ちだけでなく、品出しや商品補充・店内清掃などの作業をする事もあります。

また最近のコンビニでは電子マネーの取り扱いや宅急便・チケット販売・公共料金・弁当予約・通販商品の受け取りなど、様々な付加サービスがありますので、覚えていく知識もスーパーよりは少し多めと考えておいた方が良いでしょう。

スーパーと違い、店舗内は3~4人体制での仕事になる事から、なおさらチームワークが求められます。

またスピードが求められる仕事も多く、例えばこの時期で言えば「おでん」や「フライヤー商品」など、提供に時間がかかっていると後の顧客を待たせることになりますのでスピーディーな作業が必要です。

 

派遣のレジ打ちのメリット

派遣社員としてコンビニやスーパーでレジ打ちの仕事をする場合には、以下のようなメリットがあります。

  • レジ打ち等の研修制度が充実している
  • コンビニ・スーパー各社との提携がある
  • 一般的なアルバイトよりも時給が高めな事も
  • アルバイトと異なり短期・単発が可能
  • 社員など、コンビニ・スーパーの紹介予定派遣もある
  • 急なシフトでも勤務できる(明日入りたい等)
  • 残業がない
  • 様々な店舗で働くことになるので人間関係が煩わしくない
  • 家事や育児に忙しい主婦等でもお仕事が可能
  • 給与の週払い・日払い対応がある

スポンサーリンク

レジ打ち仕事の難しさ

レジ打ち仕事の難しさはスーパー・コンビニの場合で異なります。

スーパー

スーパーの場合には最近ではお金も自動読み取り式が増えていますので自分でお金を数える必要が少なくなっています。

またスーパーでは袋詰めもお客さんが自分でやってくれる所が多いので、店員側は袋詰めも基本的にはしません。

 

難しい部分があるのはまずレジで読み取った商品をかごに入れていく過程です。

ご存知の通りスーパーでの客層は主婦が多いため、かごへの入れ方1つで印象が悪くなる場合もあります。

例えばパンやお肉・卵など割れやすい商品や潰れやすい商品はかごの上の方へ入れなければなりませんし、洗剤や生理用品など別の袋に封入しなければならない商品もあります。

かごに商品を入れる時に一瞬でそれらを判断しなければならない為、派遣社員など入社したばかりで、その現場に不慣れな人にとってはハードルが高く感じる場合があります。

 

もちろんタッチパネル操作など、読み取り機器の使い方も慣れるまでは操作が大変ですし、スーパーの場合には売り場がかなり広いため、商品ごとのバーコードの位置も把握するには時間がかかります。

また主婦層がメインなので衛生面等にも特に注意を払います。

例えば以前スーパーでレジをしていた人が、勤務中に髪を少しさわっていた事があり、それだけで勤務中に髪をさわらないようにとマネージャーから苦情がきたそうです。

スーパーでは周囲の顧客からもよく見られている事を意識して仕事をした方が良いでしょう。

 

また総菜やコロッケ・特売商品など量り売りやバーコードが付いていない商品もあるので、それらの値段がレジ付近のどこに書いてあるのか(別紙でバーコード表があるのか・手打ち入力なのか)もチェックしておきます。

もし値段がわからないような時には売り場までダッシュで価格を確認しに行くこともあります。

 

またスーパーの場合には特にその場に立ちっぱなしになります。

もちろんトイレ等には行くことはできますが、それでも勤務時間中は基本的にはレジ内にいて仕事をするため、足腰が弱い人はきついと感じる事もあるでしょう。

 

コンビニ

一方でコンビニの場合には、レジでやる作業が年々増えています。

先ほども書いたように宅急便・電子マネーチャージ・チケット販売・公共料金・通販商品などもレジで取り扱いますし、それ以外に中華まん・おでん・コーヒー・フライヤーなど数多くの商品を提供しなければなりません。

忙しい店舗内で全ての業務を覚えるには派遣社員でも時間がかかります。

 

また派遣社員がコンビニで働くときに難しいのは、やはりコンビニ毎にレジ操作が異なる所です。

大手コンビニチェーン店各社であっても、それぞれレジ操作を始めとした店内オペレーションは異なりますので操作には慣れが必要になります。

コンビニではマルチコピー機ATMがあるのが普通ですが、コピーだけでなくチケット購入やネットプリント・写真のプリント・行政サービス(住民票取得など)・電子系マネーのチャージなど色々なことが出来るので店員さんでも全て操作方法を理解している人は少ないです。

 

またコンビニでは袋詰めが発生します。特に大量に買われる方の場合には袋詰めが難しい事もあります。

商品アイテム数は2000~2500アイテムが主なので、スーパーよりは多くはありませんが、それでもコンビニが初めての人は商品の場所に迷ってしまう事があります。

例えば普段タバコを吸わない人であれば、タバコの銘柄は覚えるにも時間がかかります。(大抵はタバコ毎に番号が振ってありますので慣れないうちは番号で言ってもらいます)

 

またコンビニでもお金の取り扱いには細かく、多くの店では数時間おきにレジ内に入っている筈のお金と現金の差額をチェックしている事が多いです。

そのため、もし一定の時間帯にお金の誤差が出ていると、その時間帯に働いていた店員が疑われてしまう可能性もあります。

以前には大手コンビニ店がアルバイト店員に差額を負担させた事がニュースになりましたが、やはりコンビニでもお金を取り扱う以上は慎重な仕事が求められます。

 

スーパーは女性割合が多い?

コンビニは男女のバランスは店舗ごとに異なるケースが多いですが、スーパーでは女性の割合が多めとなっている所が多いです。

特にレジ打ちでは女性が多めで中高年の女性割合が多く、中には派閥があるお店もあります。

短期・単発であれば気にならないかもしれませんが、長期派遣で勤務するとなると、やはり女性とのネットワークにうまく溶け込む事が出来ない場合には、職場での居心地が悪くなってしまう可能性もあります。

 

また一般的なオフィスワーク等と異なり、スーパーの中では派遣社員というのはまだまだ少し異質な存在に見られてしまう場合もあります。

派遣社員として短期間の仕事であるにしても、やはり周囲との人間関係が重視される仕事である事には変わりはありません。

女性職場が好きな人であれば良いですが、そうでなければスーパーは不向きな仕事となる場合もあります。

 

レジ業務の人手不足

昔で言えばコンビニやスーパーというのは、どちらかと言えば働きやすい職場に挙げられていたこともありました。

ですが今では若者を中心にコンビニやスーパーでさえ、職としての人気が低くなっているようです。

どちらかと言えばCaféやデータ入力など、お洒落な仕事やシンプルな仕事に人気が集まり、多くの作業・労働量が必要な仕事は人気が少なくなっています。

 

そのため各コンビニ店が派遣社員外国人労働者で人員を賄うなどの動きが見られます。

時給面においても、以前はコンビニでは800~900円程度が一般的でしたが、今では都心では昼間でも1000~1100円程度の店舗もあり、派遣のコンビニでは深夜時給では時給1400円以上の所もあります。

また今後はコンビニやスーパーでもセルフレジ化・無人化が進んでいくとも見られており、増々コンビニやスーパーから従業員の姿が消えていく可能性もあります。

 

派遣のレジ打ち仕事ってどう?まとめ

派遣社員のレジ打ち仕事について幾つか挙げてみました。

レジ打ちのお仕事はシンプルなお仕事ではありますが、それだけに奥が深い部分もあります。

本業としてだけでなく、副業としてレジ打ちをしている人もいますね。

確かに忙しい職場も多いですし慣れるまでは大変ですが、それだけにやりがいもあります。

接客が好きな人やレジ打ちに興味がある人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

今回は派遣社員のレジ打ちについて挙げてみました。

スポンサーリンク