派遣で更新しない時の要注意ポイント

今回は派遣で更新をしない場合の対処について挙げてみたいと思います。

ご存知の通り、派遣の場合には2~3か月程度の契約期間をその都度更新していく事が一般的です。

契約期間を満了して、その後も就業していきたい意思があれば、スタッフさんは更新手続きをする必要があります。

ですが中には様々な理由で更新をしないという選択肢を取る人もいるかと思います。

今回はそんな派遣の更新しないケースについて触れてみます。

スポンサーリンク

派遣の更新は何のため?

大前提の話になりますが、そもそも派遣の更新は何の為にあるのでしょうか。

まず更新は双方の意思確認の意味合いもあります。

実際に派遣先で就業をしていると、自分のイメージとは違う部分が出てきたり、仕事が上手くいかなかったりと、想定外の事が起こるケースもあります。

また人間ですから、やむ負えない事情で退職をしたいと考える時もあるでしょう。

そのため更新の度にその都度スタッフの就業への意思確認を行う事により、次回以降の契約の継続を確認する意味合いがあります。

 

また併せて労働者派遣法では自動更新が禁止されています。

時々ズボラな担当者だと更新手続きや連絡が来ないといったケースも散見されますが、本来、派遣会社は期間ごとに更新の有無について派遣先とスタッフ双方に確認する必要があります。

また派遣会社が更新をしない場合には少なくとも30日前までにその旨を予告しなければならないとされています。

派遣社員として長期就業する上では更新手続きは必須となりますので、きちんと手続きをしておきたいですね。

 

最初の契約期間が1~2か月である理由

派遣社員の場合は3か月程度の契約期間をその都度更新していくことが一般的です。

ですが入社してから最初の契約期間は「1か月」程度である事が多いかと思います。

これにはまず社会保険が関係しています。

 

ご存知の方も多い通り、社会保険に加入すると保険料は会社と派遣社員で折半になります。

ですが厚生年金保険法では「2月以内の期間を定めて使用される者は加入の対象外」としており、長期の契約だと社会保険の加入条件に当てはまってしまう為、入社当初は1カ月程度の契約期間に設定しているケースが多いです。(本来は長期前提の就業であれば初月から加入)

 

また実際の所、最初の1~2か月はお試し期間のような意味合いもあり、派遣スタッフもこの間に辞めてしまう人が意外に多いですし、派遣先からも色々な要望が出てくるケースが多いです。

ですから最初から長期の契約を結ぶよりも、1~2か月のトライアル期間を設けているという意味もあります。

 

また日雇い派遣の禁止の関係もあり、派遣の契約期間は原則31日以上にしなければなりません。

30日以内の契約を締結することは原則として禁止されています。

参考記事:30日以内の日雇い派遣が禁止って?違反したらどうなる?

このように様々な意味合いがあり、最初の契約は1~2か月間の契約期間が多くなっています。

 

派遣の更新をしない場合は会社都合?自己都合?

契約を更新しない場合の取り扱いというのは過去に法改正があった事もあり、少しややこしい部分でもあります。

ここでは派遣で更新をしない場合の会社都合と自己都合の取り扱いについて簡単に説明をします。

 

会社都合と自己都合とは?

会社都合:経営破たんや業績悪化に伴う人員整理により、一方的に労働契約を解除された場合など。

自己都合:転居・結婚・介護・病気療養などの理由により、自分が希望して退職をする場合など。

 

会社都合と自己都合の違い
会社都合自己都合
給付制限なしあり
支給開始日7日後3ヶ月と7日後
給付日数90~330日90~150日

 

当然に会社都合の方が早く支給が開始されるので会社都合を望む人が多いです。

 

失業保険を受給できる条件

失業保険をもらうためには、過去1年の間に雇用保険に加入していた月が、通算して6ヶ月以上必要。
自己都合で退職した場合は、過去2年間に雇用保険に加入していた月が通算して12ヶ月以上が必要。

 

「会社都合になる場合」と「自己都合になる場合」

更新時期を迎えて退職をした場合、自分が会社都合になるのか自己都合になるのかは難しい所ですね。

まず自分が契約期間満了後、次の派遣先での仕事を望まずにそのまま退職をする場合には「自己都合」による退職になります。

派遣会社からも離職票をすぐにもらうことができるでしょう。

 

次に自分が契約期間を満了した後に、その仕事は更新をせず、引き続き派遣会社の紹介する仕事を継続したい場合です。

派遣会社は1か月間(待機期間と言います)スタッフさんに合う仕事先を探します。

派遣会社から紹介された仕事をスタッフが引き受ければ、そのまま新しいお仕事を継続することになります。

 

しかしスタッフさんに仕事の継続の意思があるのに、派遣会社から紹介される仕事がなかったり、紹介された仕事に合意できず1か月間が過ぎると、退職という形になり、この場合には会社都合での扱いとなります。

ただ派遣会社としてはケースによっては多少強引にでも条件に合わない仕事を紹介してくる可能性も考えられます。

その場合でももし合意できない正当な理由がある時ははっきりと担当者に伝えるようにしましょう。

正当な理由がなく仕事を断ったのでは自己都合と判断されてしまう可能性があります。

 

また更新をしないで退職をした後、離職票が届いてから「自分が考えていた退職理由と違う」という事もあり得ます。

そのため聞きにくいかもしれませんが、退職前に担当者に自分が会社都合・自己都合のどちらの退職理由になるのかしっかりと確認をしておきましょう。

その時には担当者と意見が割れることも想定されますが、派遣会社の担当者も会社としての立場で交渉を進めようとするので、多少話がこじれるケースがあるのは仕方がありません。

もし退職理由に疑問を感じた場合は、ハローワークに相談してみましょう。

スポンサーリンク

派遣の更新をしない時は誰にどのように伝える?

派遣で更新をしない時はどのように伝えるべきでしょうか。

まず基本的な事として、更新をしない旨を伝えるのは派遣先ではなく、雇用関係のある派遣会社になります。

たまに更新をしたくないと派遣先の責任者に伝えてしまうスタッフもいますが、まず派遣会社の担当者に伝えるようにしましょう。

また契約満了できちんと辞める訳ですから、契約を更新するかしないかはスタッフの自由であり、その時は退職理由を素直に伝えます。

ただし派遣先や派遣会社の悪口を言って更新を拒絶すると、次回以降の紹介に響く可能性があるので、できるだけネガティブにならない理由を考えておきたいですね。

 

更新をしない理由は何にする?

更新をしない理由としてはやはり派遣先や派遣会社に対して出来るだけネガティブにならないような理由が望ましいと言えます。

次回以降のお仕事の紹介を考えても、やはりマイナスなイメージを引きずって退職をするというやり方はお勧めできません。

派遣社員が更新をしない理由としてよく挙げられるのは、

  • より専門的な仕事がしたい
  • 結婚・出産を機に
  • 親の介護をしていきたい
  • 転勤・引っ越しをする
  • 正社員として転身したい
  • 子供との時間を増やしたい

 

といったような理由が使われる事も多いかと思います。

退職理由を検討したい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

※参考記事 派遣を辞める時の13の退職理由?

 

派遣会社から引き止められる事も

きちんと更新をしない旨を告げても、派遣会社によっては引き止めてくるケースもあるかもしれません。

派遣会社からすれば人員が1人減りますし、また代替人員を手配しなければならないケースもあり、また代替人員を手配してもまた一から研修を行わなければならない事もあります。

そのためスタッフさんが更新をしないと言うと、担当者が引き止めてくる場合も考えられます。

ですが自分が更新をしないと決めた以上は、しっかりとその意思を担当者に伝える事が大切です。

「今辞められると困る」「引継ぎが決まるまでは居て欲しい」「派遣会社の立場がある」など、色々な引き止め理由を言われるケースもあるかもしれませんが、自分の主張をしっかりとするようにしましょう。

 

派遣の更新手続きの連絡が来ない?

派遣社員として就業していると、中には更新の連絡が来ないといった経験を持つ人もいるかもしれません。

通常、契約更新の確認は満了月の1か月前までとなっていますが、担当者によっては1週間前に連絡をしてきたり、満了日を過ぎても連絡をしてこないといったケースもあります。

もしかしたら忘れているだけかもしれませんし、担当者が多忙な場合もあるでしょう。

 

もし更新の連絡がこないようであれば、こちらから担当者に連絡をし、それでも連絡が取れないようであれば派遣会社の人事課に連絡をする等して更新手続きを行っておくようにしましょう。

決して(手続きをせずに)自動更新を続けていくような形はやめておきましょう。

参考記事:派遣の更新時期になっても連絡が来ない?

 

更新をしないケースにこんな声も

派遣先上司には更新しない事を伝える?

更新をしない旨を告げるのは前述したとおり、派遣会社の担当者に対して最初に告げることになります。

ですが少し考えてしまうので派遣先の上司にもその事を告げるかどうかです。

確かに契約上の雇用関係はありませんが、とは言え今までお世話になっただけに、更新をしない時は伝えるべきと考える人もいるでしょう。

実際に派遣会社の担当者に告げれば、担当者から派遣先上司に伝わるので、そこまで心配する必要はありません。

実際にも更新をしない旨を派遣先上司に言わずに退職していくといったスタッフさんもいます。

ですがもし気になるようであればやはり一言、”お世話になりました”という今までの感謝の言葉を伝えるのも良いかもしれませんね。

 

ブラックリストには載る?

派遣業界ではいつの間にかブラックリストの存在が噂されていたようです。

更新を断ったりすると、派遣会社のブラックリストに載ってしまうのでは?と考えてしまう人もいるのかもしれません。

 

実際には、派遣会社間での共通のブラックリストというものはありません。例えば各会社が共通して使用できる共有システムのようなものはありません。

ですが各会社が個々に独自にスタッフを評価しているケースはあり得ます。例えばスタッフのスキルを1~5段階評価していたり、容姿をA~C段階で順位付けしているようなケースです。

また更新しない理由が会社に迷惑を掛けたり損害を与えているようなケースや、何度も契約の更新を断り続けるようなケースではその履歴が残り、その後に仕事を紹介してもらえなくなる可能性もあります。

 

ただ逆に今まで長期に渡ってしっかりと仕事をしてきた人であれば、一度更新をしない旨を続けても次の新しい仕事を紹介してもらえる場合も多いです。

更新しない時にはその理由も担当者にしっかりと伝えるようにしたいですね。

 

期間途中の退職は契約違反

派遣社員の場合、実際には更新時期を待たずに契約期間中に退職をしてしまう人も少なくありません。

人によって様々な事情があるかと思いますが、契約期間途中で辞めてしまう事は厳密に言えば契約違反となります。

中には途中でバックレてしまう人もいますが、実際には簡単に認められることではなく、辞める場合は基本的には契約期間満了時となります。

 

ですが例えば家族が転勤になってしまったり、病気にかかってしまった場合など、やむ負えない事情がある時はその旨を派遣会社に伝える事により、期間途中で退職ができるように対応をしてくれる場合があります。

やむ負えず期間途中で退職をする場合でも、無断退職などはせずに派遣会社に伝えてきちんと退職をしましょう。

 

更新しないと告げる前に次の確保を

派遣の契約を更新するかどうか、これは後々のことを決める大切な問題です。

中には次の仕事を決める前に更新を断ってしまい、結果的に無収入の状態が長引いてしまったという人も中にはいます。

もし契約の更新を希望しないのであれば、次の職や収入をしっかりと確保してから行動に移すことをお勧めします。

 

更新をしない理由は人それぞれですが、もし今後も派遣社員としてお仕事をしていくのであれば、大手の派遣会社への登録をお勧めします。

大手の派遣会社であれば時給が高い求人や福利厚生が良い会社も多く、また担当者の質が良い派遣会社が多いからです。

また正社員やアルバイト等と異なり、派遣であれば登録をすればすぐにお仕事を紹介してもらえます。

お勧めの派遣会社を紹介していますのでこちらの記事も参考にしてみてください。

※参考記事 オススメの派遣会社

 

派遣の更新は次回の仕事を決定する大切な節目の手続きです。しっかりと手続きを済ませて次期以降のお仕事に専念したいですね。

今回は派遣の更新をしない時のポイントについて挙げてみました。

スポンサーリンク