派遣会社の給料日一覧(20社)

今回は派遣会社の給料日について挙げてみたいと思います。

派遣社員として頑張って働いている人は、給料日が待ち遠しいものですね。

ですが派遣会社によって給料日は異なります。

同じ1か月働いたとしても、給料が支給される日付は派遣会社によってそれぞれです。

 

各大手派遣会社の給料日

派遣会社給料日(締め日)月払い以外
テンプスタッフ16日(末締め)
リクルートスタッフィング15日(末締め)
アデコ派遣先による
ランスタッド派遣先による日払い・週払い・前給制度あり
スタッフサービス25日(末締め)
マンパワー15日(末締め)
パソナ15日(末締め)
ヒューマンソリシア15日(末締め)
ウィルオブワーク20日(末締め)日払い・週払いあり
働くナビ(テクノサービス)25日(末締め)前払いあり
アヴァンティスタッフ15日(末締め)
ヒューマントラスト20日(末締め)前給あり
綜合キャリアオプション1日・15日(20日締め/末締め)前払い・週払いあり
キャレオ派遣先による
アクトブレーン25日(末締め)
フルキャスト末払い(15日締め)即給あり
ビート15日(末締め)早払いあり
ネオキャリア15日(末締め)前払いあり
東京海上日動キャリアサービス15日(末締め)
ヒト・コミュニケーションズ末日・15日(15日締め・末締め)

 

 

テンプスタッフの給料日
給料日16日 
備考毎月1日~月末までの勤務分を翌月16日に支給。土日祝日の場合は前倒し。タイムシートは前半・後半で2回に分けて提出。
パソコン・スマートフォンで給与明細を確認可能。以前は給料日が2回でしたが、現在は1回となります。
公式テンプスタッフ公式サイト

POINT求人数や職種・拠点数などあらゆる部門で業界最大級のスケールを誇るテンプスタッフ。

その他にも福利厚生制度やスキルアップ制度等・サポート体制も充実しています。

また女性視点でサポートしてくれる派遣会社として定評があり、多くのスタッフが登録をする派遣会社です。

 

リクルートスタッフィングの給料日
給料日15日 
備考当月1日~末日までのご就業分を翌月15日に支給。15日が土・日・祝日の場合は、基本的に前銀行営業日の振込。
現時点から過去1年間分の給与明細がMyPageから照会可能。以前は給料日が2回でしたが、現在は1回となります。
公式リクルートスタッフィング公式サイトへ

POINT

業界でも大手であるリクルートグループの派遣会社です。

そのリクルートのブランドを活かした大手・優良企業との繋がりや豊富な求人がリクルートスタッフィングの強みでもあります。

無料のスキルアップ研修や福利厚生制度が充実しており、一般派遣だけでなく直接雇用を視野に入れた紹介予定派遣等にも注力しています。

 

アデコの給料日
給料日派遣先による

※10日締め/当月25日支払い
※20日締め/翌月5日支払い
※末日締め/翌月15日支払い

備考なし
公式アデコ公式サイト

POINT

人材派遣としても歴史があり外資系企業ならではの求人や紹介力の強みがアデコにはあります。

特に外資系・語学・英語求人を始めとしたアデコには豊富な職種の求人が用意されています。

またお仕事紹介までのスピードや就業後のフォロー体制にも定評があります。

 

ランスタッドの給料日
給料日派遣先による
備考ランスタッドから提示する雇用契約書上に記載してある日に支給。

支払日が銀行の休日の場合、その休日前日の振込み。前払い・週払い制度あり。

公式ランスタッド公式サイト

POINT

一般派遣~正社員職まで幅広い職種が用意されているランスタッド。

ランスタッドと言うと短期単発や製造・工場求人のイメージを持つ人もいますが、オフィスワーク求人等もとても充実しています。

全国に拠点を持っており、スタッフのキャリアアップを考慮したキャリアサポートやスキルアップサポート・働くママを支援するワーキングマザー支援等にも定評があります。

 

スタッフサービスの給料日
給料日25日
備考お仕事をされた月の翌月25日が支給日。25日が土日・祝日の場合は前営業日の支給となります。
公式スタッフサービス公式サイト

POINT

022(オー人事)というCMでも有名なスタッフサービス。

その求人数は業界でもトップクラスの求人数を誇り、多くの求人から選びたいという人にはスタッフサービスがお勧め。

紹介までのスピードも早くスタッフさんの評判にも定評があります。給料の前払い制度はありません。

 

マンパワーの給料日
給料日15日
備考タイムシートの提出締切日は、前半分(16日)後半分(翌月1日)の2回。給与明細はマイページから確認可能。
公式マンパワー公式サイト

POINT

日本で最初に人材派遣事業を始めた会社であるマンパワー。

2018年5月発行の『月刊人材ビジネス』で発表された第29回調査では、「面接者の対応について」等の合計8項目で1位を取得しています。

また派遣だけでなく紹介予定派遣・人材紹介等も展開しており外資・語学を活かした求人も豊富に取り扱っています。

給与の前払い対応はありません。

 

パソナの給料日
給料日15日
備考毎月末日締め切り計算し、翌月15日の月1回の支給。給与明細はマイページから確認可能。
公式パソナ公式サイト

POINT

充実した福利厚生やスキルアップ制度にも定評があるパソナ。

本社内に保育施設完備する等、ワーキングマザーでも就業しやすい環境が整っており、就業後のサポート体制も充実しています。

 

ヒューマンリソシアの給料日
給料日15日
備考毎月1日から末日で締め切り。郵便貯金不可。会員サイトで給与明細の確認が可能。
公式ヒューマンリソシア公式サイト

POINT

大手のヒューマングループが運営をしているヒューマンリソシア。

事務やデスクワーク系の求人が多いのもヒューマンリソシアの特徴で、大手企業や優良企業への求人も豊富にあります。

直接雇用を前提とした紹介予定派遣求人も多いので、将来的なキャリアアップを図りたい人にもお勧めの派遣会社です。

 

ウィルオブワーク(旧セントメディア)の給料日
給料日20日
備考月末締めの翌月20日が支給日。 給料日が土日祝の場合は前倒し。

※派遣就業先によってはお給料の締め日が異なる場合があります。

公式セントメディア公式サイト

POINT
豊富な求人数がある他、コールセンターや販売・事務職など特化した業界にも強いセントメディア。

またその業界に特化した研修制度が充実しているのも特徴的です。

FS制度を取っており派遣先にはセントメディア社員が常駐している事から、派遣が初めての人でも就業しやすい利点があります。

 

働くナビ(テクノサービス)の給料日
給料日25日
備考給与日前に、働いた分の給与一部を先に受け取れる「お財布応援制度」も利用可能。(※条件あり)
公式働くナビ公式サイト

POINT

スタッフサービスグループに属し製造業等を中心に多くの求人を取り扱うテクノサービス。

全国に65もの拠点を持ち1万件以上の豊富な求人を抱えています。

組立・加工・物流・軽作業などのお仕事を探している人にはお勧めの派遣会社です。

 

アヴァンティスタッフの給料日
給料日15日
備考振込日が銀行休日になる場合、その休日の前日が支給日。

給与明細はマイページからWebブラウザ・スマートフォン・フィーチャーフォンで閲覧可能。

公式アヴァンティスタッフ公式サイト

POINT
丸紅・みずほ銀行出資の派遣会社。

大手や優良企業の求人も多く、また金融業界への求人にも注力しているのが特徴。

またキャリアカウンセリング制度など、スタッフへのフォロー体制も充実しています。

 

ヒューマントラストの給料日
給料日20日
備考「CYURICA(キュリカ)サービス」を利用する事により、就業当日に給料の一部を受け取れます。
公式ヒューマントラスト公式サイト

POINT
オフィスワークやコールセンター・販売等、多くの求人を持つヒューマントラスト。

給与の一部を当日に受け取れるキュリカサービスやスタッフへのサポート体制なども定評があります。

長期だけでなく短期案件も豊富な派遣会社です。

 

綜合キャリアオプション
給料日 

15日払い/1日払い月末締め/20日締め)

備考給与の前払い・週払いサービスあり。
公式綜合キャリアオプション公式サイト

POINT
綜合キャリアグループの人材派遣会社である綜合キャリアオプション。

製造・物流、事務、販売など様々な職種を取り扱っており、短期・単発案件も豊富です。

未経験からチャレンジできる仕事が多かったり、短時間の求人もある為、主婦の方々でも取り組めるお仕事も多数あります。

 

東京海上日動キャリアサービス
給料日毎月15日
備考1日~月末勤務分の給与を翌月15日に銀行口座に振り込み。
15日が土・日・祝日の場合、前営業日振り込み。
公式東京海上日動キャリアサービス公式サイト

POINT
東京海上日動キャリアサービスは東京海上グループの派遣会社。

金融業界に強く、銀行・証券・生損保などの優良企業の求人が多くあります。

OAのスキルアップや損害保険の資格取得など、様々な教育プログラムも用意されています。

 

ヒト・コミュニケーションズの給料日
給料日月2回 (15日締め当月末日払い・末日締め翌月15日払い)
備考締め日までにタイムシートにて勤務実績を報告し、その勤務実績に準じてヒト・コミュニケーションズから給与が支払われます。
公式ヒト・コミュニケーションズ公式サイト

POINT
販売・サービス・営業のお仕事を中心に強いネットワークがあるヒト・コミュニケーションズ。

教育・研修制度も充実しておりスタッフへのサポート体制も充実しています。

また旅行やホテル業界の求人もあります。

 

派遣社員の給料日は25日が多い?

全体的に見て、派遣社員の給料日は何日が多いのでしょうか。

労働基準法でも給料日は〇日に支払わなければならないというルールはありません。

正社員等であれば25日が給料日という人も多い事でしょうし、アルバイトや派遣の給料日は15日の会社も多いです。

上記で挙げたように、派遣社員の場合には派遣会社によって給料日の日にちは様々です。

 

ですが派遣会社の給料日で多いのは、15日・25日・月末が多い傾向があります。

特に15日が多い気がしますが、15日の給料日が多いのは以下のように幾つかの理由が挙げられるようです。

  • 昔からの慣習として
  • 月末の取引や各種支払いに間に合うように
  • 月初は経理が多忙なため
  • 月末にすると月によって支給日にバラつきが出る(28日・30日・31日など)

 

このように諸説あるようですが、派遣会社の給料日は15日もしくは25日が多いかと思います。

月末が給料日の派遣会社もありますが、末締めの翌月末払いの会社のスタッフからは給料日が遅いと一部で不満が出ていたこともありました(苦笑)。

 

派遣の給料日は遅い?

派遣社員の中には「給料日が遅い」と感じる人も中にはいるようです。

確かに派遣会社によって、給料日には多少のバラつきがあります。

上記で言えば、スタッフサービスやテクノサービス(スタッフサービスグループ)などは25日払いなので、スタッフからすれば給料日が待ち遠しくなる事もあるのかもしれません。

労働基準法でも「毎月1回以上、一定の期日を定めて支払うこと」であれば問題はありませんので、給料日が25日でももちろん法律上問題はありません。

 

給与の締め日と給料日の間隔が空いているのは、主には給与計算と支払い準備の期間のためです。

人事は多くの派遣社員の給与計算が必要ですし、もしミスが発見されたとしても給料日が早すぎると修正が間に合わないケースも考えられます。

また派遣社員の場合、FAXや郵送にて「タイムシート」を提出する会社が多く、その集計の期間が必要なこともあるでしょう。

併せて派遣の場合、派遣先が支払う派遣料金の中から経費を差し引いて派遣会社から給料が支払われるという少し特殊な仕組みのため時間がかかりやすい事もあるのかもしれません。

 

いずれにしても派遣会社によって給料日は指定されています。(派遣先によって異なる場合もあります)

もし自分の給料日が分からない場合には、早めに派遣会社の担当者に確認をしておきたいですね。

 

派遣会社で給料日が月2回の会社って?

派遣会社で給料日が月2回の所はあるのでしょうか。

確かに月2回の給料であればお金のやりくりにも少し助かる気もしますね。

 

以前は確かに月2回の給料日の派遣会社もあったようですが、今では少ない印象です。

確かパソナリクルートスタッフィングテンプスタッフも月2回の給料日でしたが、今では月1回の支給となっているようです。

パーソルテクノロジースタッフ(旧インテリジェンス)では月1回もしくは2回払いに対応しているようですね。

この他にも短期・単発系の派遣会社では週払いや日払いに対応している会社もあります。

ただし派遣会社によっては支払い上限額に規定があったり、手数料が発生する場合もありますので、よくルールを確認してから利用するようにしましょう。

 

派遣会社の給料日一覧まとめ

派遣会社の給料日について幾つか挙げてみました。

派遣会社によって給料日は異なり、その日にちは15日・25日や月末など会社によって様々です。

土日が給料日の場合には前日に振り込まれる会社が多いですが、必ずしもそうではない場合もあり得ます。

また実際に勤務した日数と給料の金額が合わないなんて事も100%無いとも限りません。

自分の派遣会社の給料日や締め日・タイムシートの提出期限などをしっかりと確認して、期日にきちんとお給料をもらえるようにしたいですね。

今回は派遣会社の給料日一覧について挙げてみました。