派遣の副業・ダブルワークに大手派遣会社の反応は?

今回は派遣社員の副業と大手派遣会社の反応について挙げてみたいと思います。

現在ではメディア等でも副業について取り上げられるケースが多くなってきました。

企業側が副業に対して容認の姿勢を示してきている事や職業の自由化など、副業を後押しする理由は幾つかあります。

派遣社員として就業する人の中にも、既に副業をやっている・もしくはこれから副業やダブルワークを検討しているという人も多いかと思います。

また派遣会社各社は副業に対してどんな姿勢を示しているのでしょうか。

 

副業が禁止される理由は?

企業によっては副業を禁止している所も多くあります。

このような企業はなぜ副業を禁止するのでしょうか。

幾つか考えられる点を挙げてみると

  • 本業に身が入らなくなる(体力的な問題) 
  • ノウハウや企業秘密の漏洩の危険性(自社で保有するノウハウの漏洩)
  •  個人情報など、自社の情報漏洩の危険性(会員情報・登録者情報など)
  •  自社の備品の無断使用など(名刺・ユニフォームなどの無断使用)

 

やはり副業やダブルワークとして他社で就業をすると、自社に何らかの損害が生じる可能性がある事から、副業を禁止しているという理由が多いことが分かります。

 

全ては派遣会社の就業規則による

正社員職のように副業が禁止されている企業はまだまだ多いです。

これは副業自体が法律で禁止されている訳ではなく、会社の規則によって副業を禁止しているに過ぎません。

派遣社員の場合にも同様で、雇用主である派遣会社側の規則(就業規則等)で禁止されているかどうかが判断の分かれ目になります。

そのため派遣社員として副業やダブルワークがOKかどうかは、登録をしている派遣会社の就業規則等を確認する必要があります。

とは言っても派遣スタッフの方々は派遣会社の就業規則をきちんと見た事がないという人も多いでしょう。

副業が可能かどうかは雇用契約書を確認したり、派遣会社担当者に直接聞くなどして、確認をした方が早いかと思います。

 

大手派遣会社の反応は?

それでは各大手派遣会社では、副業やダブルワークに対してどのような反応があるのでしょうか。

幾つか大手派遣会社各社の副業に対する記載を見てみます。

 

テンプスタッフと副業

テンプスタッフでは副業についての以下のような記事があります。

参考:派遣と副業は両立できる? ※テンプスタッフHPより一部引用

この記事では派遣社員と副業について説明されており、テンプスタッフさんが副業をOKとしているとは明記されていませんが、このような記事があるという事はある程度は副業を容認しているのかな?という印象も受けます。

またテンプスタッフの求人検索サイトである「ジョブチェキ」でも「ダブルワーク」というワードで検索すると幾つか求人がヒットする事から、個人的には副業を禁止とまではされていないような感じがします。

詳細の確認はテンプスタッフにお願い致します。

公式サイト↓

リクルートスタッフィングと副業

リクルートスタッフィングでは副業について以下のような記事があります。

派遣のギモンQ&A (複数の派遣会社の仕事をすることは可能なの?)

この記事では派遣が初めての方を対象に、複数の派遣会社を掛け持ちして働くことが可能かどうかが書かれています。

複数の仕事の掛け持ちは是か非か?

同時に複数の派遣会社と雇用契約を結び、派遣先を掛け持ちして働くことは可能です。 ただし、会社によっては副業を禁止している場合もあるので、留意が必要です。
また、労働基準法にて、一人の労働者が働くことのできる時間(法定労働時間)は、1日8時間、1週40時間までと決まっており、休日も週1回以上必要です。
従って、すでにフルタイムで派遣就業している場合に、別で「休みの日だけ」や「派遣就業後の夜2時間だけ」などのような働き方はないことをご理解ください。

※リクルートスタッフィングより一部引用

「同時に複数の派遣会社と雇用契約を結び、派遣先を掛け持ちして働くことは可能です」と書かれている事から、リクルートスタッフィングでは一応、副業はOKとしているような印象を受けます。ただし他社の規則などには一応留意してくださいという趣旨のようですね。

他社の派遣会社も同じような見解が多いかと思いますが、会社に迷惑をかけないように留意してくれれば副業はOKという趣旨かと思われます。

詳細の確認はリクルートスタッフィングにお願い致します。

公式サイト↓

アデコと副業

アデコでは副業に関して直接的な記載は見つかりませんでした。

アデコの求人検索では「副業」でキーワード検索をすると、シフト勤務の求人等で少数ながら副業OKの求人がヒットしました。(2018年8月時点)

また2016年からアデコでは「パラレルキャリア制度」を導入しており、社員のキャリア開発を促進する活動を始めています。

以下はそのパラレルキャリア制度について言及している記事です。

パラレルキャリア制度の導入を開始

これまで、アデコでは社外での勤務や事業活動を行う、いわゆる副業・兼業について原則禁止にしていましたが、今後は、社外活動を通じて自身の専門知識や経験値を積み、社員のキャリア開発の促進を目的としてパラレルキャリア制度を導入します。社員として本業に軸足を置きつつ、アデコで得た経験を社外へ発信すると同時に、社外活動で得た知見や新たな経験を会社へ還元してもらうことで、社員のエンプロイヤビリティに繋げたいと考えています。

※アデコHPより一部抜粋

これを見る限りでは副業を許可するというよりは、パラレルキャリア制度という新しい制度の導入により、社内・社外の活動を通じて社員のキャリア開発の促進に繋げていくというアデコさんの新しい試みのようです。

詳細の確認はアデコにお願い致します。

公式サイト↓

スタッフサービスの副業

スタッフサービスでは副業について「禁止」と明言されています。

以下はスタッフサービスグループの「みんなのQ&A お悩み相談」の抜粋です。

Q:派遣の就業日以外で、アルバイトや単発のお仕事をすることは可能でしょうか?

A:スタッフサービスグループでは、派遣スタッフの副業を禁止しております。
あらかじめご了承ください。

※スタッフサービスHPより一部抜粋

上記を見る限りではスタッフサービスさんでは派遣仕事を含め、アルバイト等も含めて副業を禁止しているようです。

そのためもし副業やダブルワーク目的で派遣登録をするのであれば、スタッフサービスさんは控えておいた方が良いかもしれません。
公式サイト↓

ランスタッドと副業

ランスタッドでは副業を許可するかどうかについての直接的な記載は見当たりませんでした。

特にランスタッドさんでは工場・製造や短期単発求人を豊富に取り扱っているだけに、副業が可能かどうか気になる人も多いかと思います。

またランスタッドHPには以下のような記事がありました。

「時代は副業解禁へ。なぜ今「副業」なの?いまどきの副業事情を解説します」
※ランスタッドHPより一部引用
ここには副業の意味や副業が注目されている背景・副業のメリットや注意点などについて書かれています。

ランスタッドさんが副業を許可しているかどうかの記述は見当たりませんでした。

詳細の確認はランスタッドにお願い致します。

公式サイト↓

マンパワーと副業

マンパワーでは副業を許可するかどうかについて直接的な記載はありませんでした。

ですが以下のような記事があります。
派遣でやりたいことと両立するダブルワークって?

この記事の中ではこのような一文もあります。

派遣のお仕事を副業でされている方も大勢います。夜間のコールセンターや土日のイベント等での接客販売などが仕事としては多いでしょうか。 また、本業の方が派遣契約の方は、副業が禁止されていることがほとんどないため、副業をしやすいと言えるかもしれません。自分の好きな仕事をフリーランス等で請け負っている方で、それを続けるために本業を副業禁止ではない派遣にしている、という方も大勢います。

マンパワーHPより一部抜粋

このような文面を見ると、マンパワーさんも副業を一応は容認しているようにも見えます。

ですがやはり副業を許可するという直接な記載はないため、もし副業のためにマンパワーで登録をする際には念のため事前に確認してみましょう。

公式サイト↓

パソナと副業

パソナでは副業をOKとしています。

パソナさんが運営するサイト「みんなの仕事Lab」では以下のような記載があります。

派遣社員のWワークは基本的に問題なし

結論からいいますと、派遣社員がWワーク(副業)をすることは基本的に問題ありません 。ただし、派遣会社それぞれで就業規則は異なり、副業が禁止されている場合もありますので、就業規則をよく確認しましょう。また、掛け持ちのお仕事の雇用形態が契約社員やアルバイトの場合は、就業先の企業の就業規則が適用されます。副業を禁止している企業もあるため、こちらも事前に就業規則をきちんと確認しましょう。

※みんなの仕事Labシゴ・ラボより一部抜粋

ただし派遣先での勧誘活動など、ルール違反となる事はやめましょう。これは他社の派遣会社でも同様だと思います。

パソナでは副業はOKのようですね。
公式サイト↓

副業を始めるには事前に確認を

派遣会社と副業について挙げてみました。

多くの派遣会社では副業を容認する動きが強いかと思いますが、許可するかどうかは会社次第です。

副業を始めるにしても周囲を気にしながら仕事をするのでは十分な力が発揮できません。

副業やダブルワークが可能かどうか、事前にきちんと会社側に確認をしてから副業を始めたいものですね。