英語に強いオススメの派遣会社は?

今回は英語に強いオススメの派遣会社について挙げてみたいと思います。

派遣求人においても、英語力が必須とされる仕事は増えています。

グローバルに活躍したいスタッフさんはもちろん、海外各国の方々と一緒に仕事ができるのも大きな魅力です。

ですが派遣会社と一言に言っても、英語を活かせる求人が豊富な会社と、そうでない会社があります。

英語が話せる人であれば当然に、英語を活かせる求人が豊富にある派遣会社に登録をする事が大前提です。

 

派遣で英語を活かした仕事には何がある?

派遣で英語を活かしたお仕事にはどのような職種があるでしょうか。
幾つか挙げてみます。

 

①英文事務

英語を使用した事務職です。

書類作成や電話受付・メールのやりとりや通訳などが挙げられます。

派遣先によっては事務職だけでなく顧客対応や営業要素が絡むこともあります。


②通訳・翻訳

話し手の内容を同時に訳す同時通訳や、企業内での契約や議事録を翻訳する産業翻訳・ある程度の節で区切りながら通訳者が訳す逐次通訳などがあります。

また英語以外にも派遣先によってはその業界の専門知識が求められる事もあります。


③貿易事務

輸出通関書類作成、通関手配、運送便の手配、L/C買取など、輸出入に関する業務を行っている会社での事務を担当します。

英語を活かす業務の中では専門性を求められる仕事ですが、コミュニケーション能力さえあれば未経験でもチャレンジしやすい職種です。


④英文経理

外資系企業や海外取引を行う日本の企業などで、伝票や試算表の作成、仕訳、入出金管理、決算業務などの経理事務を英語で行う仕事になります。

この仕事では経理業務の基本的なスキルはもちろんのこと、高い英語力で多様な状況に対応することが必須になってきます。


⑤観光サポート

海外の観光客などが来日した際のサポートやアシスタントを担当する業務。外国人に向けてのアナウンス等が主な仕事になるので英語力は必須。

また英語力が高くなくても接客経験があれば挑戦できる派遣先もあります。


⑥窓口・カウンター受付

外資系企業等での受付や両替等での窓口・ショールームや商業施設等でのカウンター受付などにて、顧客対応を担当します。

館内のイベントや施設案内・インフォメーションなど、未経験スタートOKの仕事が多いのも特徴的です。


もちろん上記は一例で、この他にも英語を活かした求人はたくさんあります。

 

派遣で外資系企業を選ぶメリット・デメリットは?

 

メリット
①給与(時給)が高い

英語を使用した職種は、一般職と比較すると時給が高めな傾向があります。

事務系の職種であっても1700~2000円程度・翻訳・通訳など専門的な業務であれば2500~3000円程度の時給が見込めます。


②様々な職種

英語を活用する職種と言うと、上記に挙げたような代表的な職種をイメージしがちですが、それ以外にも多くの職種で必要とされています。

IT系やゲーム業界・貿易・商社・外資系企業・製薬関係など、英語を活用できる現場は派遣においても豊富にあります。


③成果主義である企業が多い

日本企業の場合には、まだまだ年功序列の色が残っている企業も少なくありません。

その点でも外資系の企業などでは成果主義で評価されるケースが多く、そのスタッフの実力を現実的に評価してくれます。


④仕事と休日のメリハリ

日本企業の場合には、仕事が終わらない場合にはダラダラと残業をしている社員を見かけるケースも少なくありません。

その点でも外資の場合、基本的には終業時間がきたら仕事を終える・休日はしっかりと休養するといったように、オンオフの切り替えをきっちりと行うスタンスの企業が多くあります。


⑤自身のスキルアップ

TOEICなどで高得点を取っている人であっても、実際の仕事現場に出たら思うように実力を発揮できなかったという人もいるかと思います。

実際の現場で様々な人に囲まれながら英語を活用していく事で、英語力を含めた自分のスキルアップにもつながります。


⑥服装の自由度が高い

派遣先企業によっては国内企業のようにカッチリとスーツスタイルでなくてもOKといった所も多く、自由な服装での仕事が可能なケースも多くあります。

 

デメリット
①競争が激しい

実力主義であるという事は外資系企業の良い部分でもありますが、逆に言えば努力を怠れば成果を得られないという事を意味しています。

常に競争にさらされる環境も多いため、多くのプレッシャーの中で仕事をしていく事もあるでしょう。


②収入が不安定な事も

成果主義である事で、自分が思っているような成績や成果を残せなかった場合には、給与が減額するなど収入が不安定になる可能性もあります。

 

そもそも「人材派遣」を英語で表すと?

少し話が脱線しますが、そもそも「人材派遣」を英語で訳すとどのような英語になるのでしょうか。

調べてみると幾つかありそうですが

「job agency」・「recruitment agency」・「temp agency」といった英訳があるそうです。

英語の使い分けも難しいですね。

 

仕事レベルをTOEIC点数で表すと?

それでは英語を使用する派遣のお仕事で、具体的にどれくらいのレベルであれば仕事ができるのでしょうか。

ここではTOEIC点数を参考にした仕事内容を挙げてみたいと思います。

 

 TOEIC600点以下

TOEIC600点以下のレベルであれば一般レベルの英語を使用した業務に就ける可能性があります。

例えばグループセクレタリー・英文事務系のアシスタント・英語使用の簡単な電話取次など、未経験でもOKな職種も多いのでまずは語学を含めてスキルアップを図っていく事から始めましょう。

契約条件としても時給1600円~の求人を検討できます。

 TOEIC600~700点

メール文書や書類作成等の仕事・会社間での電話連絡など本格的に英語を使用した業務を求められてきます。

また顧客との実際のやりとりなど、英語でのコミュニケーションスキルも必要とされます。

契約条件としても時給1700~1900円程度の求人が多くあります。

 TOEIC800点以上

通訳や翻訳・秘書など主に英語を使用した業務を任されます。

また英語使用だけでなく他言語の使用や専門知識を必要とするケース等、英語+αが求められる業務も多くなります。

特に派遣会社が欲しがる求人はこのレベルの人材でしょう。

契約条件としても時給2000~3000円~の案件が多くなってきます。

 

英語を活かせる派遣会社を選ぶにはココをチェック

英語を活かす求人を豊富に持っている派遣会社に登録をする事が重要です。

以下のような派遣会社が挙げられます。

 

 英語求人の特集を多く組んでいる

英語求人を豊富に持つ派遣会社では単価も高いので、特別な英語使用の求人を組んでいる事もあります。

 

 語学系のスキルアップサポートが充実している

eラーニングや各種学校との提携、TOEICテストの団体実施などを行っている派遣会社もあります。

 

 外資系の派遣会社

外資系の派遣会社は英語使用の求人が充実している事が多くあります。

 

 ネイティブのスキルチェックなど、就業開始前の確認

実際に就業した際に、実はスタッフさんの英語レベルが想定以下だったという事も珍しくありません。

英語求人に強い派遣会社は就業前のスキルチェックにも力を入れています。

 

 一般的な英語使用職種だけでなく、他方面への求人が多い

翻訳や通訳・英文事務など主に英語を使用する求人だけでなく、例えばITや製薬・ゲームなど他方面への求人も豊富なバリュエーションに富んだ派遣会社がお勧めです。

 

英語に強い派遣会社は?

英語の求人を取り扱う派遣会社は多くありますが、その特徴は会社によって様々。

ここでは英語に強い派遣会社をいくつか挙げてみます。

 

テンプスタッフ

※参照 テンプスタッフ

多くの求人の中からお仕事を選びたい・自分の英語レベルに合ったお仕事がしたいという方はテンプスタッフがお勧めです。

 

多くの派遣会社の中でも、テンプスタッフには英語・外資系に関する求人が豊富にあります。

あなたの語学レベルに合ったお仕事を紹介してもらえるのも特徴的です。

 

テンプスタッフではレベルアップのためのサポートも充実していますので、スキルアップしたい・これから英語求人を探したいという方にも最適です。

特にTOEICや語学講座・英文メールの書き方・ネイティブによる英会話のスキルチェックなど、1人1人が着実にスキルアップできるサポートがあります。

 

また仕事に対する不安も、知識・経験豊富なコーディネーターが対応してくれますので、あなたに合ったお仕事探しをしっかりサポート。

特に通訳・翻訳に関しては専任コーディネーターが対応し、より専門的なアドバイスが受けられます。

 

 テンプスタッフの特徴

  • 業界トップクラスの豊富な求人数
  • 外資系企業求人が多く、英語関連の大手商社・自動車・電機メーカー、ゲーム・インターネット・IT業界など多数
  • 未経験OKの職種も豊富
  • 女性の働き方に配慮した優良派遣会社
  • 6年連続で業績ランキング1位(株)オピニオン「2016年調査人材ビジネス業績ランキング」
  • 語学のスキルアップには無料eラーニングL-TEMPも利用可能

公式サイト↓

 

マンパワー

参照:マンパワー

外資系の派遣会社に1社は登録しておきたい・スキルアップサポートが充実した派遣会社が良いという方にはマンパワーがお勧め。

英語を使ったお仕事の場合、就業してみたらレベルが高すぎた・ブランクがあるので心配..といった方も多くいます。

マンパワーでは独自のシステムでスキルチェックをし、あなたに合ったお仕事を紹介してくれます。

 

またマンパワーは各国にネットワークがある外資系のグローバル企業。

マンパワーは人材派遣として50年以上の歴史があり、日本初の人材派遣会社でもあります。

英語・語学を使った求人が豊富にあるのも特徴です。

長期の一般派遣だけでなく、短期を希望の方も相談してみるのも良いでしょう。

 

 マンパワーの特徴

  • 50年もの歴史がある、日本初の老舗派遣会社
  • 外資系企業との取引先も多く、英語・外資系企業への豊富な求人
  • 未経験でも可能な仕事や、英文事務・貿易事務などスキルを活かせるお仕事が多数
  • リーディング・リスニングのオンラインテストで英語スキルをチェック可能
  • 無料で学べるビジネス英語や、提携先英会話スクールもあり
  • 全国各地に100以上の拠点があり、登録時にもお近くの拠点を選べます

公式サイトへ↓

 

アデコ

参照:アデコ

未経験から英語職種に挑戦したい・仕事選びにじっくりとアドバイスが欲しいという方にはアデコがお勧め。

 

マンパワーと同じく、大手派遣会社の中でも外資系派遣会社にあたるアデコ。

グローバル企業の強みとして、国内・外資などに翻訳・英文事務・セクレタリー・貿易などバリュエーションに富んだ求人があります。

他社では見られないような独占求人や、優先して紹介を受けられる外資系求人が見つかる可能性もあります。

 

またアデコでは外資系企業を担当している専任の部署があるため、派遣される各企業の社風や雰囲気をしっかりと把握しています。

そのためあなたの希望職種・社内の雰囲気・スキルに合ったお仕事を紹介してくれるでしょう。

アデコは全ての求人の中でも語学・英語に特化したお仕事の割合が多いのも強み。

英語を活かしたお仕事がしたい方は登録しておきたい派遣会社の1つです。

 

 アデコの特徴

  • 世界60以上の国と地域に拠点を持つグローバル企業
  • IT・保険会社・製薬・医療業界・コンサル業界・法律事務所・会計事務所などバリュエーションのある求人
  • 英文事務、英文経理、翻訳・通訳をはじめ、英語を活かせるお仕事が多数
  • 外資系企業を担当する専任の部署を設置
  • 派遣会社としての知名度も高く、日本においても30年以上歴史のある会社です。

公式サイト↓

 

ランスタッド

参照:ランスタッド

業界No2のシェアを誇る派遣会社。英語求人も多くスタッフのマッチング力にも定評があります。

ランスタッドはオランダに本社がある外資系派遣会社。

実務経験が少ない方未経験から挑戦できる職種も多くあります。

外国人や留学生向けの積極的な就職支援をしており、福利厚生・キャリアアップ制度も充実。

オフィスワークだけでなく製造や軽作業求人にも強く、派遣~紹介予定派遣まで幅広い求人が魅力です。

忙しい方でも、来社予約や来社不要の「クイック登録サービス」が利用できます。

 

 ランスタッドの特徴

  • 業界世界No.2シェアの大手派遣会社
  • 本社がオランダにある総合人材サービスを展開するグローバル企業
  • 英文事務・翻訳・貿易など英語を使った求人も
  • 来社不要のクイック登録が便利
  • 一般派遣だけでなく正社員・紹介予定派遣案件も多数

公式サイト↓

スタッフサービス

参照:スタッフサービス

求人数が多く、仕事の紹介スピードが早いと評判のスタッフサービス。

022(オー人事)のCMでもお馴染みで、登録スタッフ数が多く利用者からも評判の高い派遣会社。

首都圏だけでなく地方求人にも強みがあり、幅広いエリアでお仕事を探したい方にも向いています。

事務・オフィスワークに強く、英語事務や貿易事務などの求人も充実。

求人数もトップクラスで、英語や語学・外資系求人も扱っておりその数も豊富。

英会話スクールとの提携や各種資格支援もあるので、スキルアップを図りたい人にも向いています。

 

 スタッフサービスの特徴

  • 4万件を超える膨大な求人数で、仕事紹介のスピードに定評あり
  • 累計スタッフも100万人超えの大手派遣会社
  • 事務・オフィスワークに強い
  • 英会話スクールとの提携もあり

公式サイト↓

 

外資系の人材派遣会社はどう?

英語を用いたお仕事を探す場合、やはり外資系の派遣会社を選びたいという方もいるかと思います。

上述したように外資系の人材派遣会社は、大手では以下のような会社が挙げられます。

  • マンパワー(スイス)
  • アデコ(アメリカ)
  • ランスタッド(オランダ)

 

マンパワーはスイスに本社があり、日本で初めての派遣会社です。

1966年に日本で設立され、世界80ヵ国にオフィスを持つグローバル企業です。

ランスタッドもオランダに本社があり1980年に設立された歴史のある派遣会社。

英語や金融を初め、多くの外資系求人があります。

アデコも世界60ヵ国以上で事業を行っている企業。

日本においても30年以上人材派遣事業を行っている事もあり、信頼のある老舗派遣会社として知られています。

 

外資系人材派遣会社に登録をするメリットとしては、やはり英語を初めとした外資系求人に強いことです。

各国でビジネスを展開する外資系派遣会社では広いそのネットワークを通じて、より希望に近い求人を紹介してもらえる可能性も高くなりますし、業界に精通したスタッフの専門的なサポートを受けることが出来ます。

また外資系と言えば成果主義であり即戦力の人材が求められるとイメージする人も多いですが、必ずしもビジネスレベルでなくともこなせる仕事もありますので、豊富な求人を取り扱う派遣会社への登録をお勧めします。

外資系では時には高いパフォーマンスを求められたり、自己責任で仕事を完結する能力も求められますが平均して給与水準が高く、また自分の意見を発信しやすい・きちんと成果を評価してもらいやすいといった一面もあります。

これから英語を使って派遣社員として就業する方は、外資系人材派遣会社もぜひ選択肢の一つとして考慮しておきたい所です。

 

英語に強いおすすめの派遣会社まとめ

英語に強い派遣会社について幾つか挙げてみました。

英語を初めとした語学系の仕事を探す際、派遣会社や仕事の選び方には様々な点を考慮します。

派遣会社の求人数・希望に近い職種があるか・自分の英語力が十分か・円滑に仕事が進められる環境か(コミュニケーション)・給与や福利厚生・派遣会社のサポート体制など、細かい点まで見ながらじっくりと決めていく事が大切です。

 

派遣の職種においても、今後英語を使った仕事は伸びていきます。

英語を使えて国際感覚を持つ派遣スタッフにはまだまだ需要があり、多くの職場にて必要とされています。

また派遣社員の場合には、英語の実務経験が少ない場合でも入社できる企業が多いことも大きなチャンスです。

そのためまずは派遣社員として経験を積み、将来に繋がるキャリアを積んでいく事もできます。

 

大切なことは英語を使った仕事を通して「何をしたいのか・自分がどのようになりたいか」です。

お仕事探しに不安や悩みがある場合には、まず派遣会社の担当者にその悩みについて相談してみましょう。

英語・語学の仕事に精通したコーディネーターが、あなたの不安を解消してくれると思います。

自分の実力が十分に発揮できる、あなたらしい職場が見つかると良いですね。

今回は英語に強いおすすめの派遣会社について挙げてみました。