派遣のスキルチェックの内容を解説します

今回は派遣のスキルチェックについて挙げてみたいと思います。

派遣登録時に必ずと言ってよいほど実施するのがスキルチェック。

登録に行った事がある人はすでにスキルチェックを行った経験がある人も多いでしょう。

ですが派遣会社によってスキルチェックの内容は多少異なりますし、派遣登録が初めての人にとってはスキルチェックがどのような事をするのか分からないという人もいるかと思います。

今回はそんな派遣のスキルチェックについて解説します。

 

派遣会社がスキルチェックをする目的は?

スキルチェックをする目的としては、そのスタッフさんのスキル能力を把握する事で、その人にマッチしたお仕事案件を紹介する事にあります。

登録者さんと派遣会社は登録の段階では初対面であり、あなたがどのような人なのかスキルも人柄も分かりません。

そのためスキルチェックや面談を行う事により登録者さんの事を把握し、その人に合った仕事を紹介するという目的があります。

またお仕事の案件によっては派遣先から例えば「タイピング〇〇文字以上~」といったように、スキルや能力に制限を求められる案件もあるため、その物差しの1つとしてスキルを計測する意味合いもあります。

 

派遣のスキルチェックの時間は?

スキルチェックの時間はその派遣会社やスキルチェックの内容によって様々ですが、一般的には20分~30分程度で終了するものが多いでしょう。

例えばよくあるケースですと

  • タイピング・テンキー入力
  • Word操作
  • Excel操作
  • (一般常識問題)

 

タイピング・ワード・エクセルの3本柱となっている事が多いですが、1項目10分程度とすると ×3項目=大体30分程度で終了する計算になります。

また上記3つの他にも一般常識問題(ビジネスマナー)のスキルチェックを入れている派遣会社もあります。

また派遣会社毎にスキルチェックの内容が異なったり、エントリーした求人案件によってスキルチェック内容を変えている場合などもありますので、上記はあくまで目安として考えておきましょう。

以下では各スキルチェックについて簡単に説明していきます。

 

派遣のタイピングのスキルチェックは?

派遣のスキルチェックで基本となるタイピング(テンキー)のチェックです。

PCのキーボード上でタイピングで文字入力(数字入力)をしていくチェックになります。

派遣社員の登録の場合には、およそ1分間に60~70文字程度入力する事ができれば合格ラインと言えるでしょう。

一般事務など通常のオフィスワークであれば1分間に80~100文字程度は欲しい所。

スピードが求められるデータ入力等の特別なタイピングスキルが要求される仕事では100~150文字程度のスピードを求められる事もあります。

 

派遣のタイピングのスキルチェック例

次の文章を入力しなさい

高齢化社会とは、国の総人口の内65歳以上の高齢者が増大した社会のことを意味する。

日本は現在、高齢人口の急速な増加の中で、医療、福祉など増加する高齢人口の問題に対応することが大きな課題となっている。

現行の社会保障制度は、負担を将来世代へ先送りしている点が問題であるという指摘もあり、国をあげて取り組むべき優先課題とされている。

次のローマ字を入力しなさい

氷山の一角
HYOUZANNNOIKKAKU

青天の霹靂
SEITENNOHEKIREKI

犬も歩けば棒に当たる
INUMOARUKEBABOUNIATARU

次の数字(テンキー)を入力しなさい

123458

478558

96511553

77351512

 

またスピードだけではなく、文字入力の正確さも求められるので、正確にスピード感を持って入力をするようにしましょう。

テンキーの場合も文字入力と同様に、経理や事務職では重視される事がありますのでよく練習をしておきたいですね。

タイピングの練習をするには「タイピング練習 Bennese マナビジョン」や「e-typing 」等のタイピングソフトを使用して事前に練習するのも良いでしょう。

 

派遣のエクセル・ワードのスキルチェックは?

word(ワード)

Wordでは初級レベルから上級レベルまで様々な問題が出されます。

書式設定、表の挿入、画像の挿入、インデント、段組、既存文書の修正、印刷設定、テンプレート作成・アウトラインなどそのチェックは様々です。

特に派遣のスキルチェックにおいてWordでは「テンプレート作成・グラフや表作成・セクション操作」などは上級レベルに入ってきます。

ですがWordを普段から使用している人であればある程度まではこなせるレベルです。

Wordの練習をするには「パソカレッジ」等の練習サイトを利用してみても良いでしょう。

 

派遣のWordのスキルチェック例
  • 文字入力
  • 文字を太字・斜字にする
  • 文字サイズの変更
  • 取り消し線をひく
  • 画像挿入
  • 印刷設定をする
  • レイアウトを整える など

 


Excel(エクセル)

Excelでも初級から上級まで多くの問題が出題されます。

データ入力・四則演算・関数・グラフ作成・書式設定・資料作成・VLOOKUP関数・ピボットテーブル・ データの集計作業・マクロ集計などが挙げられます。

特に派遣のスキルチェックにおいてExcelでは「表・グラフの作成・関数の使用」などが中級レベルで、「データベース・マクロ・VBA」などが出来れば上級レベルに入ってきます。

 

ExcelもWord同様に普段から使用している人であれば難しくない基本レベルのものが多いですが、出題も後半に迫ってくると上級に近いレベルの出題も出てくる事があります。

Excelの練習にも同じく「パソカレッジ」等のサイトを利用してみても良いでしょう。

もしくはMOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)の試験用の問題集なども参考になるかもしれませんね。

 

派遣のExcelのスキルチェック例
  • セルに数値や文字入力
  • 色の変更
  • 行や列の挿入
  • 四則演算
  • データの並べ替え
  • 合計・平均など関数
  • グラフ作成 など

 

派遣の一般常識のスキルチェックは?

一般常識のスキルチェックでは派遣会社によって内容は様々です。

 

派遣の一般常識のスキルチェック例
  • 「3つのうち正しい漢字を選択しなさい」
  • 「○○の中に感じを入れてことわざを完成させなさい」
  • 「()の語句の意味として最も適当なものを、(1)~(5)のうちから一つ選びなさい。」
  • 「次の中で正しい丁寧語となるように適切な語句を選びなさい。」

5+3+7+40+20+225=

4+7×4-2=

2/4+4/6=

 

算数の問題が出題される事もあり、足し算や引き算・掛け算・割り算といった基本的な計算が中心です。

一般常識と言うと就職活動で出題されるような時事問題などをイメージされる方も多いかと思いますが、派遣登録時のスキルチェックの一般常識問題はもう少し簡単な出題が多く、より直感的に分かる問題が多いです。

ですが一方ではExcelやWord等と違い、出題傾向を絞りにくく事前に準備をしておく事が難しい分野でもあるので、普段からの実力が出やすいスキルチェック項目とも言えます。

 

スキルチェックのタイミングは?

スキルチェックはどのタイミングで行われるのでしょうか。

これもやはり派遣会社毎に異なりますが、大抵は登録会の中の「中盤あたり」で行われるケースが多くなります。

一般的な登録会の流れとしては

①来社

②派遣の流れと仕組みについて説明

③過去プロフィールや個人情報等を入力

④スキルチェック

⑤面談(カウンセリング)

 

このようにスキルチェックを行った後に、具体的なカウンセリング面談を行うケースが多いので、中盤あたりでスキルチェックを行う場合が多いという事だけ覚えておいた方が良いでしょう。

ちなみに登録会に要する時間は1時間~1時間半程度が一般的です。

 

派遣のスキルチェックができなかった?

確かにスキルチェックの結果が良いに越したことはありません。

お仕事を紹介される際の1つの判断材料にもなりますし、他の条件が同じだとしたらロースコアの人よりもハイスコアの人の方が有利です。

ですがスキルチェックは選考時の”目安”の1つに過ぎません。

スキルチェックができなかった時や、結果が思わしくなかった時に絶望感を感じる人も中にはいるようですが、スキルチェックの結果が良くなかったからと言って、お仕事を紹介してもらえないという事は無いのです。

 

また派遣会社としても、緊張するオフィス内の雰囲気の中で得られたスコアが、その人の100%の実力とは限らない事は十分に把握している筈です。

それよりも過去の経験やその人の人柄仕事に対しての熱意などの方が圧倒的に重視される傾向があります。

実際に派遣先で就業した時においても、派遣社員が重視されるのは、テクニカルスキル<ヒューマンスキル」 である事が多いです。

リラックスして今の自分に自信を持ってスキルチェックに臨みたいものですね。

 

スキルチェックは更新できる?

派遣のスキルチェックは、言ってみれば一発勝負のような印象を持っている方も多いと思います。

そのため登録会を済ませたスタッフさんの中には「スキルチェックで思うように実力を発揮できなかった…」という方もいるかもしれません。

確かに緊張感のある登録会場の中で、100%の実力を発揮するのは中々難しいものですね。

 

ですが派遣会社の中ではタイピングチェックなどはWeb上で更新ややり直しが効く会社もありますし、スキルチェック結果に不服がある場合など派遣会社側にやり直しを申し出れば再度受け直すことが出来る場合もありますので、確認してみても良いでしょう。

もちろんスキルチェックの結果だけでスタッフの評価が決まる訳ではなく、今までの職務経歴や人柄・熱意などトータルで判断される事になりますので、スキルチェックが出来なかったからと言って、必要以上に落ち込む必要はありません。

本番では自分が発揮できる実力を十分に出しておきたいですね。

 

テンプスタッフのスキルチェック

ここでは派遣の大手である「テンプスタッフ」のスキルチェックを一例としてご紹介します。

テンプスタッフでは基本的に以下の内容のスキルチェックがあります。(登録者によって異なる場合があります)

  • 入力スピード(文章・テンキー入力)
  • Word
  • Excel

 

最近ではWord・Excelのスキルチェックを実施しない派遣会社も多いですが、大手派遣会社ではチェックされる所もあります。

特にオフィスワーク希望の方はスキルチェックをしっかりと受けておいた方が良いでしょう。

 

またテンプスタッフの場合、スキルチェックを何度も受けられるのが特徴的で、自分がスキルアップできたと思ったらその都度受ける事ができます。

スキルチェックの点数が上がると新たにマッチング可能なお仕事が出てくる可能性もあるので、時間がある時には積極的に更新をしておくと良いかと思います。

またテンプスタッフではWordやExcel等の無料eラーニングを利用する事もできますし、MOS等の資格を勉強することで自分のスキルを高めていくのも良いでしょう。

 

スキルチェックなしの派遣会社はある?

スキルチェックなしの派遣会社はあるのでしょうか。

確かにスキルチェックは緊張しますし、不要であれば1時間程度の時間を削減することもできますね。

 

結論から言えば、スキルチェックなしの派遣会社は一部の派遣会社単発・軽作業系を多く取り扱う派遣会社です。

中小零細の派遣会社の一部などでスキルチェックが不要な会社や、スキルチェックがあまり意味をなさない単発・軽作業系の求人を多く取り扱う会社もスキルチェックが不要なケースがあります。

 

または長期や一般職を扱う派遣会社でもスキルチェックなしの派遣会社は一部あります。

ですが通常の派遣会社であれば、スタッフの能力をきちんと把握し、その人に合った適切な派遣先を選ぶことを優先します。

また大手会社や優良派遣会社ほど、自社のスタッフの”質”を重視するため、スキルチェックを全くしない派遣会社というのは逆に不安要素が残ります。

スタッフさんの適正やスキルに見合った仕事を紹介してもらう為にも、スキルチェックは受けておいた方が良いでしょう。

少し面倒に感じる人もいるかもしれませんが、積極的に受けておきたいですね。

 

派遣のスキルチェックは練習していくべき?

スキルチェックを事前に練習していきたいという方もいるかと思います。

練習をしてからスキルチェックに臨むことで以下のようなメリットがあります。

  • 本番で緊張しにくい
  • 肩慣らしができる
  • 自分のスキルやタイピング速度が分かる
  • 問題の傾向がある程度把握できる

 

そのためもし時間があるようであればタイピングサイト等で練習をしていった方が良いでしょう。

以下のようなサイトで事前に練習を積むことも出来ます。

  • タイピング練習 Bennese マナビジョン
  • e-typing
  • 寿司打
  • マイタイピング
  • モーグ

 

上記のようなサイトで様々な出題にチャレンジする事ができます。

ですが実際のところ、事前に練習をしていっても、本番のスキルチェックで同じような問題が出題されるケースは割と少ないかと思います。

もし頑張って一夜漬けで練習していったとしても、思ったような効果が出ない場合もあります。

また派遣会社によっては登録後もやり直しができる派遣会社は多いですし、スキルチェックはあくまで判断材料の一つであってそれだけで評価が決まる訳ではありません。

そのため充分に練習ができなかったとしても、今の自分の実力に自信を持ってスキルチェックに臨みたいですね。

 

派遣のスキルチェック時の服装は?

派遣のスキルチェック時の服装はどのような服装で臨めば良いでしょうか。

派遣登録会においては、一般的にはオフィスカジュアルもしくはスーツが望ましいとされています。

登録会ではスキルチェックだけでなくコーディネーターとの面談等もあるため、きちんとした服装で臨むようにしたい所です。

服装に決まりはありませんが、清潔感+きちんと感のある服装を着用するようにしましょう。

 

例えばカジュアル過ぎるデニムや露出の多い服・シワだらけの服・だらしのない髪型・匂いのきつい香水などは控えるべきです。

またスキルチェック時でも十分に実力を発揮できる服装を考慮し、タイトすぎる服装や普段着なれない服は避けておいた方が無難かもしれません。

もちろん登録会だからと言って必ずしもリクルートスーツまで着用する必要はありませんが、服装が相手に与えるイメージは第一印象に直結します。

派遣会社が「この人なら安心してお仕事を任せられる」と感じてもらえるような服装で臨みたいですね。

 

派遣のスキルチェックは違法なの?

これから派遣会社に登録をするスタッフさんの中には、「派遣会社のスキルチェックは違法なのでは?」と感じる方もいるようです。

恐らくは派遣先での事前面接が禁止されている事から、派遣登録時のスキルチェックにおいても違法性を考えてしまう方が一部ではいるようです。

 

確かに派遣法第26条第7項では派遣労働者の特定行為の禁止が定められています。

労働者派遣(紹介予定派遣を除く。)の役務の提供を受けようとする者は、労働者派遣契約の締結に際し、当該労働者派遣契約に基づく労働者派遣に係る派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならない。

この点からすれば、もし派遣先が事前面接等を経て派遣社員を選別するような行為があれば、派遣先が採用選考を行うことと変わりがない事から派遣法に抵触する恐れがあります。

 

ですが派遣会社というのは、人材を必要とする企業に対して人材を派遣し、仕事を必要とするスタッフに対して希望条件に合ったお仕事を紹介してくれる、いわば派遣先とスタッフの橋渡しのような役割をしています。

そのため派遣会社はそのスタッフの能力(スキル)を把握し、そのスタッフにどのような内容や環境のお仕事が向いているのかを見極めるためにスキルチェックが必要であり、スタッフが働きやすい環境を整えるためにも必要なものです。

中にはスキルチェックが無い派遣会社もありますが、自分のスキルや能力をきちんと知っておいてもらう為にも、スキルチェックは受けておいた方が良いでしょう。

スキルチェックを行う事はもちろん違法ではありませんので、安心して登録を済ませておきたいですね。

 

派遣会社のスキルアップ支援の利用

例えスキルチェックの結果が良くなかったとしても、派遣会社に登録をすると会社によっては様々なスキルアップ支援を受ける事ができます

スキルアップ支援を重視している派遣会社は特に大手企業に多いですが、様々な講座や研修を実施しているので活用してみるのも良いでしょう。

例えば派遣会社によって以下のような講座があります。

  • OAスキルアップ
  • 語学スキルアップ
  • タイピング・
  • 資格取得支援
  • IT等、専門職スキルアップ
  • 簿記・TOEIC等

 

派遣会社によって講座や研修の特色も様々。無料の講座も多いので積極的に活用していきたいですね。

 

スキルチェックでもお勧めの派遣会社は?

せっかくスキルチェックを頑張って派遣登録を終えても、十分なお仕事紹介やサポートが受けられなければ登録をした意味がありません。

様々な派遣会社がありますが、当サイトでは「大手」の派遣会社をお勧めしています。

中小の派遣会社でも良い会社は沢山ありますが、やはり大手会社では求人数福利厚生・スタッフのフォロー体制などが充実しています。

以下に特にお勧めの派遣会社をご紹介します。

 

テンプスタッフ
  • 業界トップクラスの求人数・職種が魅力
  • PCが苦手な人はテンプスタッフのe-ラーニング
    でトレーニングも可能
  • 文字入力等のチェックは事前に自宅でも可能
  • 女性が活躍できる職種が豊富
  • 豊富な福利厚生やスキルアップ支援
   テンプスタッフのスキルチェック
  • 全国に300拠点以上あるオフィスから好きな場所を選択可能
  • テンプスタッフのスキルチェックはタイピングやWord・Excelなどの基本的なチェックが多めです。
  • 事務職や専門職など、希望職種や経験によってスキルチェック内容が変わる事もあります。
  • 資格取得支援や語学スキルアップにも有効な制度が豊富。
   こんな人にオススメ!
  • 大手・優良企業など、多くの求人の中からお仕事を選びたい方
  • 会社の福利厚生の充実度やスタッフへのサポート体制も重視する方
  • 女性へのサポートや配慮が充実した派遣会社を選びたい方

公式サイト↓


ランスタッド

  • 派遣~正社員まで豊富な求人形態
  • スキルチェックはタイピング・Word・Excelが中心
  • 製造・軽作業求人なども豊富
  • 世界中に拠点がある外資系グローバル企業
  • 総合人材サービス企業だからこその充実した情報数
   ランスタッドのスキルチェック
  • ・ランスタッドのスキルチェックはタイピング・Word・Excelなど一般的な内容
  • ・タイピングは日本語・数字がメイン
  • 工場・軽作業求人や短期単発求人も豊富
  • ・スキルアップサポート等、各種サポート体制も充実
   こんな人にオススメ!
  • 派遣に限らず豊富な求人からお仕事を検討したい方
  • 単発・短期・製造・工場など、スポット的な仕事もしたい方
  • 積極的な担当者のサポートが欲しい方

公式サイト↓


リクルートスタッフィング
  • 来社登録・WEB登録の好きな方法を選べます。
  • 大手リクルートグループのブランド力
  • Mypage開設により登録会の時間も短縮。
  • 大手グループだけあって、サポート体制がしっかり。
  • 時給が高い等、好待遇の求人が多い派遣会社。
  リクルートスタッフィングのスキルチェック
  • Mypageからもご自宅でスキルチェックが可能
  • スキルチェックはタイピングや一般常識・適性検査が主(難しい内容ではありません)
  • 登録後にはパソコンスキルを磨ける無料のe-learningも学べます。
  • 他社の派遣会社と比較すると割とシンプルなスキルチェック内容に感じました。
   こんな人にオススメ!
  • 登録に多くの時間を割けない方
  • 専任の担当者よりサポートを受けたい方

公式サイト↓

 

 派遣のスキルチェックまとめ

派遣のスキルチェックについて挙げてみました。

多くの派遣会社がある中でそのスキルチェックの方法も会社によって色々ですが、スキルチェックはそのスタッフさんを把握するための判断材料の1つに過ぎません。

スキルチェックがあると緊張するという声もありますが、あまり緊張する事なくリラックスして、いつもの自然体の姿で受けた方が良いかと思います。

自分に合ったお仕事を見つける為にも、長くお付き合いのできる派遣会社を見つけたいですね。

今回は派遣会社のスキルチェックについて挙げてみました。