アパレルで派遣を選択する理由?

今回はアパレル派遣について挙げてみたいと思います。

いつの時代も一定の人気があるアパレル職。

いつもたくさんの洋服に囲まれて仕事ができる環境に、憧れる人も多いかと思います。

ですが華やかそうに見えるアパレル業界も、実際には大変な事が多く、中には途中で辞めてしまう人も。

今回はそんなアパレル業界で働く際の注意ポイントを挙げてみます。

スポンサーリンク

 

アパレルの仕事の種類は?

アパレル業界での仕事の種類についてざっくりと挙げてみたいと思います。

一般的にアパレル業界で働く場合には、主にショップ店員等から勤務する事が多いかと思いますが、その他にも様々な職種が存在します。

ショップ店員

ショップ専門店やデパート・ブティックなど各種店舗で主に接客を担当するお仕事です。

お仕事内容としては接客・レジ・商品整理・発注・タグ付けなど店内での仕事がメインとなります。

デザイナー

デザイナーはデザイン画を作成したり仕様書・指示書の制作・素材の選定やパタンナーへの指示など、

服などを企画・デザインし商品化するお仕事です。

憧れる人も多い職種ですがその分競争も激しい職種でもあります。

パタンナー

主にデザイナーが作成したデザイン画を元に洋服のパターンを起こしサンプルを製作していくお仕事になります。

この段階で着用者の着心地など細かい部分にも配慮した製作が求められます。

バイヤー

洋服や靴・雑貨など、あらゆる商品の買い付けをするのが仕事です。

売れそうな商品を選定する目利きが試され、その店の売り上げをも大きく左右します。

店長・管理者

ショップの管理者として勤務します。

スタッフ業務を兼務する事も多くありますが、主に売り上げ管理や在庫管理・各スタッフの指導など、店舗の売り上げを上げていく為のマネジメントを中心に行います。

上記以外にもアパレル業界には幾つもの職種がありますが、ここからは一般的なショップ店員について触れていきます。

 

アパレル店員の仕事内容は?

アパレル店員の仕事内容は主に洋服や雑貨などの商品を販売する事がお仕事です。

 

コーディネート・サポート

来店する顧客に対して元気にお声がけをする事はもちろんですが、商品について説明をしたり素材コーディネートについてアドバイスをする・試着をサポートしてあげるといった事がメインのお仕事内容になります。

その意味でも洋服に対しての知識だけでなく、一般常識コミュニケーション力が求められる仕事とも言えます。

またお客様が商品をお買い上げになる際には当然にレジ業務袋詰めなどが発生します。
店舗によっては併せて複数点の同時購入などを勧めるといったように、多少の営業要素が絡んでくる事もあります。

 

整理・レイアウト

また常に店舗内にお客様がいる訳ではないので、手が空いた時でも乱れた洋服を畳んだり整理する・在庫を補充する・入荷商品に対してタグ付けをするといった事もしますし、合間を見て店内の清掃を実施する事もあります。

またマネキンのコーディネートやディスプレイなど、店内のレイアウトを変更する作業を伴うこともあります。

最初のうちはレイアウト変更まではやらせてもらえないかもしれませんが、慣れていくうちにこのような作業も行うようになるでしょう。

 

自身のコーディネート

またアパレル店員はある意味では店頭のマネキンの役割も兼ねているため、自分が広告塔の一部である事も忘れてはいけません。

特に有名な店員が新作などを着用しているとその洋服の売り上げも変わるくらい、店員自身のコーディネートも売り上げに繋がる大切な要素です。

店舗によっては自社ブランドの製品を定期的に購入するように義務付けている所もあります。

 

苦情対応

またアパレルの仕事とは直接の関係はないものの、やはり販売なだけに定期的に苦情・クレームが発生する事があります。

購入した商品が汚れている・部分的にほつれている・サイズ直しをした後の仕上がりが注文と違う・洗濯したら色落ちした・店員の態度が悪いなど、様々なクレームが発生する可能性があります。

ご存知の方も多い通り日本で販売されている洋服のほとんどは中国製です。

最近では中国の裁縫技術等もだいぶ向上してきましたが、それでも定期的なクレーム対応は必要となってきます。

スポンサーリンク

 

アパレル店員はきつい?

人気のアパレル店員ですが、実際に仕事をしてみると「きつい」と感じる人も少なくありません。

幾つかの理由がありますので下記に挙げてみます。

   給与が低い

一般的にアパレル業界は高給ではありません

高い給与をもらっているのは一部で、店長クラスでもサラリーマンの平均年収に届かない人も多くいます。

当然にショップ店員であればアルバイトをしたとしても、時給にすれば1000円前後。

一般的な飲食店と変わらないくらいか、それ以下の時給の所も多くあります。

会社や店舗によって様々ですが、派遣形態を選択したり大手ブランドを選ぶなど、少しでも給与を上げる工夫も必要です。

 

 人間関係の難しさ

ショップによっても異なりますが、小規模な店舗であれば常時2~3名の店員で回している所も少なくありません。

そのような場合、やはり店員同士の相性は大切になってきます。

特に後輩などへの面倒見が良い先輩に当たれば良いですが、そうでない場合には居心地が悪く感じる事もあるでしょう。

 

 立ちっぱなしの辛さ

アパレル店員の場合、座り仕事は少なく大抵は立ち仕事になります。

接客業の経験がある人は分かるかと思いますが、1日立ちっぱなしで仕事をする事はラクではありません。

またコーディネート上、ヒールなどを履いて仕事をする際にはその疲労度も増してくるでしょう。

華やかに見える業界でもありますが、肉体労働に近い環境もあるという事は覚えておいた方が良いでしょう。

 

 ノルマ

お店によっては販売ノルマが課せられる事があります。

きっちりとした「ノルマ」が課せられる店舗もありますし、少し緩やかな「販売目標」が課せられる事もあります。

もしくは個人に課せられるものではなく、店舗全体での目標売上等を掲げている店舗もあるでしょう。

どちらにしてもノルマがきつ過ぎる店舗では、離職率が高い傾向があります。

 

 洋服の購入費

ブランドや店舗によっては、業務中は自社ブランド製品の着用を義務付けている所があります。

先にも書いたように店員はマネキンの役割を兼ねている所もあり、新作が入荷すればその製品を購入しなければならないケースもあります。

例えばシーズン毎に4~5着を着まわすだけでも、定期的に購入をするとなるとかなりの出費になります。

店舗によっては社割が効く所もありますが、元々が薄給になりがちなアパレルで洋服の購入費がかさむと、支出が大きくなり結局は退職をしてしまう人というのが多くいます。

 

 髪型やメイクの制限

店舗やブランドによっては髪型やメイクまでも制限されている所もあります。

主にはそのブランドイメージを崩さないようにといった配慮ですが、そのお店のスタッフとして店舗に立つ以上は、洋服だけでなく髪型やメイクにまで売り上げ促進に繋がる工夫が必要な場合があります。

 

 店員間の格差

店舗によっては店員のポジションによってある程度の格差が生じている所もあります。

例えばアルバイトにはあまり接客をさせずに裏方仕事(商品補充やタグ付け・清掃など)の仕事を多めに振る等、多少の格差のようなものを感じる事もあるかもしれません。

これも店舗次第ではありますが、配属したお店によって仕事の振り方や対応がかなり分かれている風潮があります。

 

”フタ”を開けてみないと分からない難しさ

どのような業態でも同じ事は言えるかもしれませんが、特にアパレル店員として働く場合には、働く会社(ブランド)や店舗によって、対応や待遇面に大きな差が生じやすいという事は言えます。

会社によっては昇給制度がしっかりと定められている所もありますし、残業手当等がしっかりと支給される所・交通費が支給される所やインセンティブやボーナスが定期的に支給される所など、スタッフの事を考慮した制度を設けている会社ブランドはたくさんあります。

ですが一方では店舗によっては、長時間労働でも残業代が支払われない・ノルマがきつ過ぎる・いつまでも昇給がないといったように、スタッフへのフォロー体制や福利厚生が充実していない会社も多く存在するのが実情です。

入社前にそのような情報が分かれば良いのですが、大抵は入社してからその厳しさに気付くことが多く、後々に後悔するようになるといった人も少なくありません。

 

アパレル勤務は「派遣」がお勧め

アパレル店員の雇用形態には正社員・契約社員・アルバイトなど様々ありますが、当サイトでは「派遣」での就業をお勧めします。

先にも書いたように、アパレル勤務の場合には「その店舗に入社してみないとどのような店舗がわからない」といったように不安要素が付きまとうのが通常かと思います。

「どんな環境でも柔軟に働ける」という人であれば問題はありませんが、多くの人はそうではない筈です。

 

その職場がどのような環境か・待遇面や福利厚生はどのようになっているか・残業時間やノルマはどうか等、事前にその職場のことを把握する事ができれば、その不安はある程度は払拭されるはずです。

派遣の場合、事前に契約内容や職場の雰囲気を教えてもらえる事が多いですし、通常は2~3か月の契約期間を更新していく契約形態が多い為、自分にその職場が合わなかった時は「更新をしない」という選択肢もあります。

職場での悩みやトラブルが発生した場合も、派遣会社の担当者が相談に応じてくれる為、1人での就業よりも心強いでしょう。

 

またアパレル店員の場合には昇給しにくいといった傾向もありますが、派遣の場合には一般的なアルバイト等よりも時給が高めに設定されている事が多く、また中には紹介予定派遣など将来的に正社員での就業を目的とした案件もあるため、長くアパレル業界で働きたい人にもお勧めです。

また紹介予定派遣でなくとも、通常の派遣社員として入社し、その店舗での努力や実績が認められれば直接雇用に切り替えられる可能性も十分にあります。

スポンサーリンク

お勧めのアパレル派遣

アパレル系にも多くの派遣会社があります。

一言に派遣会社と言っても、求人数も異なりますし取り扱いブランドや得意分野も異なります。

より良い求人を見つけるためにはアパレル業界に特化した派遣会社を選ぶことが大切です。

当サイトでもお勧めのアパレル系派遣会社をご紹介していますのでご覧になってみてください。

お勧めのアパレル系派遣会社>>