派遣先が派遣会社を選ぶポイントは?

派遣先が派遣会社を選ぶポイントは?

今回は派遣先会社が派遣会社を選ぶポイントについて挙げてみたいと思います。

派遣先が派遣スタッフを雇い入れるにあたり、重要となってくるのは派遣会社選びです。

人材さえ派遣してもらえればどの派遣会社であってもかまわない、という意向がある

のであれば、それは少し修正した方が良いかもしれません。派遣先にとっては派遣会社

の選び方によって人材の質はもちろん、急なトラブル時や対処等、その展開も大きく変わって

くる事もあります。

スポンサーリンク

派遣会社による人材の質の違い

どのような派遣会社を選んだとしても、どのような人材が派遣されてくるかは、

実際に箱を開けてみない事にはわからない、まさに運次第といったような想いで日頃から

派遣スタッフを受け入れている派遣先もあるのかもしれません。肝心なのはそのスタッフ

本人の力量ややる気の問題であり、派遣会社選び自体はあまり関係がないといった考え方をする

派遣先もあるのでしょう。

もちろん派遣先でどのようなパフォーマンスを残せるかはスタッフさん本人次第ですし、

あまり評判の良くない派遣会社から優良なスタッフさんが派遣されてくるケースも多くあります。

ですがやはり派遣会社の違いによって派遣先でのスタッフさんの質に、一定の傾向や特色が出やすい

のは事実だと思います。

 

例えば1社の派遣先に2~3社の派遣会社が合同で複数のスタッフを派遣する事は珍しいケース

ではありませんが、そのような場合には派遣先でのスタッフの比較が特に顕著になります。

このような場合、よく派遣先の担当者から聞こえてくる声が「A社のスタッフは仕事を含め

しっかりしているが、B社のスタッフは、、、」といったような声です。

派遣先担当者からしても毎日スタッフさんと仕事を通じて少しずつ付き合いを重ねていくうちに、

どの派遣会社のスタッフが良い・悪いといった良し悪し・優劣を付けているケースが多くあります。

もちろんこれはその担当者の独断や考え方の違い・相性・場合によって偏見も含まれている

かもしれませんが、それでも派遣会社毎にイメージ付けられている事が多い事に気が付きます。

 

恐らくこれは多くの場合、それはその担当者のただの勘違いや思い違いではなく、

実質的に派遣会社毎のスタッフの質にある程度の優劣が存在しているのでしょう。

派遣会社によってもフォロー体制を強化している会社・専門分野に特化した会社・教育を重視

する会社・仕事の種類が豊富な会社・スタッフに対して見極め・見切りが早い会社など、

その特色は様々ですので、結果として各スタッフの仕事に対する意識や派遣先での就業に対する

考え方が異なってくる事は必然なのかもしれません。

派遣先が派遣会社を選ぶポイントは?

 

派遣先が派遣会社を選ぶ際に注意する点としてはどのような事があるでしょうか。

基本的な事を中心に挙げてみます。

①許可証・許可番号の有無

当然と言えばそうなのですが、派遣事業を行っている以上はその派遣会社がきちんと許可・届出

が行っているかどうかという事を確認しておく必要があります。派遣会社の名刺やHPなどにも

「派13-010000」といったような許可番号の記載があると思います。もし無許可の会社に

スタッフを派遣されたとなると違法派遣とみなされる可能性もあり、派遣先としても知らなかった

では済まされません。事前に許可の有無等をしっかりと確認しておきたい所です。

②派遣会社の専門・得意分野

派遣会社にはタイプがあります。独立系・企業連携系・外資・専門といったようにその会社の

特色や登録しているスタッフのスキル・資本関係の違い等により、幾つかのタイプに分けられます。

またその派遣会社それぞれに登録しているスタッフさんの得意分野・専門スキルなどにも違い

があります。例えば貿易関連の仕事であれば外資系派遣会社の方が見合ったスタッフが多く在籍

している可能性もありますし、薬剤師や看護師職であれば専門系派遣会社の方がハマる可能性もあります。

逆に派遣先会社が肉体労働系であるのにIT人材に強い派遣会社に依頼するのは検討違いといった事も

あるでしょう。どの派遣会社が良いといった決まりはありませんが、やはり自社の事業内容等

に合わせた派遣会社選びが必要になってきます。

③教育訓練の実施

派遣会社のスタッフに対する教育訓練の実施等も選択の目安になるかと思います。

特に2015年の派遣法改正以降、教育訓練の実施は重要な要素の1つとして注目されて

います。派遣会社はスタッフに対して計画的かつ段階的な教育を施していく事を義務付けられ

ており、この対応に頭を悩ませている派遣会社も多いでしょう。

またこれは派遣先からしても関心を持つべき事であり、派遣先は教育訓練に関して派遣会社に

可能な限り協力をするように努めなければならないとされています(派遣先指針第2の9(3))。

また派遣会社がスタッフに対してどのような教育訓練を実施しているのかといった事は、

会社を選定する上でも重要な目安となるでしょう。

スポンサーリンク

④会社の規模・事業所

派遣先会社からしてみれば派遣会社が大手があればあるほど安心と感じる部分もあるのかも

しれません。確かに大手では仕事量が豊富であったり、教育システムの充実・派遣料金の兼ね

合いといった部分で中小会社よりも選ばれやすい傾向があるのは確かかと思います。

とはいえ中小の派遣会社が劣っているかと言えばそうではなく、仕事に特化したジャンルを

持っていたりスタッフとの距離が近い・担当者のスタッフの管理人数の違いなど、中小の

派遣会社ならではの利点が存在するケースも多くあります。

またどんなに評判が良い派遣会社であっても、自社と事業所との距離が遠すぎたり、

担当者がいつも手一杯のような状態の派遣会社では、適切な相談や連携ができるとも限りません。

会社の規模だけではなく自社がどのようなスタッフを求めているのかという事を明確にした

上で会社を選びたい所です。

⑤派遣スタッフの労働条件・社会保険など

派遣先が派遣スタッフを受け入れる以上は、例え直接的な雇用関係がないとは言っても、

やはりスタッフの労働条件や保険加入等も確認しておきたい所。自社が支払う派遣料金に対して

著しくスタッフの待遇が悪かったり、保険加入が適切になされていない等の場合にはやはり

考え物です。

また派遣先は派遣スタッフがきちんと社会保険や雇用保険に加入できているかどうかを確認する

が求められます。またスタッフが保険加入していない理由が適切でない場合には、派遣先会社は

派遣元に社会保険に加入させてから派遣をするように求め、それを台帳に記載する必要があります。

雇用主ではないからと言って、すべてを派遣会社任せには出来ないという事です。このような事務

手続き一つを取っても信頼のおける派遣会社選びが重要という事がわかります。

⑥苦情処理受付

派遣先会社からしてみても苦情に対しては処理方法を検討していかなくてはなりません。

派遣スタッフが苦情を申し出する際には派遣元担当者に対して相談をするのが通常では

ありますが、それでも派遣先担当に先に話が行ってしまったり、派遣会社担当から苦情内容を

話されるといったケースもあるでしょう。

どちらにしても派遣先会社とすれば派遣会社と連携して迅速かつ適切に苦情を処理していかな

くてはならないとされています。共同で連携していく筈の派遣会社側がいい加減であったり、

適切な対応を取れない担当者であれば、次第にその苦情が拡大していく可能性さえも考えられます。

またスタッフからの苦情だけでなく、派遣会社そのものへの苦情も考えられます。

スタッフの質が悪い・派遣先で損害を発生させた・求めたスキルがない等、派遣会社側に対して

苦情を申し入れなければならないケースもあるかもしれません。

そんな時でも苦情相談の窓口がない・責任者が応答しないといった派遣会社では問題の解決はおろか、

今後の契約継続にも影響してきます。問題解決に向けてのきちんとした窓口があるか、

迅速にトラブル処理を解決できるかどうかといった事も、会社選びのポイントの1つになります。

⑦過去の実績・経歴・違法派遣

過去の実績や経歴だけが全てではありませんが、その派遣会社を見る判断要素の1つとして

その会社がどのような運営をしてきたかを確認してみる事は大切です。もし派遣会社が違法

行為や罰則を受ける行為によりスタッフを派遣していたとなると、派遣先としてもその悪影響

を受ける可能性があります。

例えば一般的に違法派遣と言われるものでも、偽装請負二重派遣・専ら派遣・派遣禁止業務

への派遣など、多くのルール違反があります。もしくは派遣に直接関係しなくとも脱税行為や

所得隠しといった行為で罰則を受けた会社もあるかもしれません。

過去にどのような経歴・実績を残してきた会社かを見極める事で、その派遣会社の本来の姿が

浮き彫りになってくるケースもあります。

⑧派遣料金

派遣社員を雇い入れる1つの理由として、やはりコスト削減といった点が挙げられるかと

思います。一般派遣であれば派遣料金の相場は2000円前後・マージン率は30%前後

といった所かと思いますが、あまりにも高い料金の会社は少し考え物です。マージンとは

言ってもその内訳には派遣スタッフの社会保険料や福利厚生・教育訓練費なども含まれている

事から一概には言えませんが、それでも派遣料金が周囲相場よりも高くスタッフに対しての待遇

・労働条件が過度に悪いようであれば、その点も踏まえて検討する必要があるでしょう。

 

実際の現場においては派遣スタッフの入れ替えは頻繁に起こる事も多いものですが、

派遣先と派遣会社は長期的な付き合いを視野に入れて会社選定をする必要があります。

自社がどのような人材やスキルを求めているのかを再度確認した上で、適切な派遣会社を

選びたいですね。

 

派遣スタッフが派遣会社を選ぶポイントは?

上記では派遣先が派遣会社を選ぶポイントについて挙げてみましたが、当然に派遣スタッフさんが派遣会社を選ぶ際にも幾つかポイントがあります。

派遣会社の特色は様々ですが、何も知らずに適当に選んで登録をしてしまうと後々にトラブルが起きたり問題が発生する可能性もあります。

※参考:派遣会社に登録する際の要注意ポイント20

スタッフさんの派遣会社選びのポイントも幾つか挙げてみましたのでご参考になさってみてください。

今回は派遣先が派遣会社を選ぶポイントについて挙げてみました。

スポンサーリンク


  第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ


第2位【大手・好待遇のお仕事なら】 リクルートスタッフィング


第3位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド