派遣社員の35のメリット。派遣・企業・主婦のメリットを解説

今回は派遣のメリットについて挙げてみたいと思います。

正社員を始め契約社員やアルバイト・パートなど幾つかの雇用形態がありますが、それぞれにメリットがあります。

また同じように派遣社員にも多くのメリットがあり、自分に合った働き方を選ぶことが大切です。

今回はそんな派遣社員のメリットについて触れてみます。

スポンサーリンク

派遣社員の24のメリット

それでは派遣社員として働いていく上ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

それぞれのメリットを幾つか挙げてみます。

 

①時給が高い

派遣社員の場合には他の非正規雇用のアルバイトやパートと比較をすると、時給が高めな事が挙げられます。

仕事案件によっては同じような仕事でも数百円の差が出る仕事も多く、アルバイトから給料を上げるために派遣社員になる人もいます。

ただし交通費が支給されない等、派遣ならではのデメリットもあるので、トータルの支給額で判断したい所です。

 

②シフトに融通が利きやすい

シフトに融通が効きやすいのも派遣社員のメリットとして挙げられます。

正社員やアルバイト・パートでは会社やお店によってはシフトの融通が利きにくい所もありますが、派遣社員の場合には比較的シフトを自分の希望で組みやすいと言えます。

忙しい学生さんや家庭を持ったママさん・本業を他に抱える人の副業としても派遣という働き方は魅力的です。

 

③仕事が豊富

派遣会社には豊富な仕事案件があり、特に大手派遣会社では常時数万件の求人を保有しています。

豊富な求人の中から自分の希望に合った仕事を選んでエントリーする事ができるのも派遣のメリットです。

また自分のキャリアアップや経験を積みたい職種などに合わせて仕事を選んでいく事も出来るでしょう。

 

④退職後にもチャンスがある

正社員やアルバイト・パートであれば、一度退職するとその後にその会社でお世話になるケースは少ないですが、派遣の場合には一度派遣先を退職しても、その後に再度派遣会社から他の派遣先を紹介してもらえる事もできます。

退職をしても他の仕事を紹介してもらいやすいのも派遣のメリットと言えます。

 

⑤未経験OKの仕事が多い

派遣のお仕事には未経験でもOKなお仕事がたくさんありますので、自分の希望するお仕事が見つかりやすい利点があります。

また将来的に正社員や契約社員として働きたいという人でも、まず派遣で経験を積んでから正社員などのお仕事にチャレンジするといった方法もあるでしょう。

未経験OKの仕事が多い事から、様々な職場で経験を積みやすいのも派遣のメリットです。

 

⑥大手にも入社できる

正社員や契約社員では入社が難しいとされる大手企業にも、派遣社員であれば入社できる可能性があります。

また紹介予定派遣という制度を利用すれば中途入社が難しい企業に入社できる可能性もあるでしょう。

派遣会社の中には大手企業が設立した会社も多く、そのような派遣会社では大手の関連企業などに入社できるのも派遣のメリットです。

 

⑦派遣会社が相談相手

仕事をしていく上では様々な問題やトラブルを抱える事が多いものです。

中にはセクハラ問題や人間関係など、職場内の周囲の人間には相談しにくい事もあるでしょう。

派遣社員であれば派遣会社の担当者にも相談できるので、相談しにくい事や派遣先に伝えにくい事も解決しやすいと言えます。

もちろん派遣先の責任者や指揮命令者に相談する事も可能なので、相談先が多いのも派遣のメリットになります。

 

⑧副業ができる

例えば本業を抱えている人であっても派遣社員であれば副業がしやすいと言えます。

特に派遣会社側が副業を禁止しているケースというのは少ないので、時間が空いている人は副業も可能です。

副業を含め柔軟な働き方ができるのも派遣のメリットと言えます。

ただし本業の会社の就業規則等で副業禁止の規定がないかどうか等も事前に確認をしておく事が大切です。

 

⑨業務内容が決まっている

派遣社員が行う仕事は基本的には契約時に配布される就業条件明示書等で記載された業務内容を行う事になります。

そのため自分が担当するお仕事があらかじめ分かり易いですし、もしそれ以外の仕事を依頼された場合には断ることも出来ます。

あらかじめ業務範囲がはっきりしているのも派遣のメリットと言えます。

 

⑩すぐ仕事に就きやすい

正社員や契約社員で転職を考える場合には、会社で何度か選考や面接が繰り返された後に採否の結果が出る事も多いものです。

またその結果、不採用となればまた転職活動を一からやり直しという事も考えられます。

その点派遣社員ではエントリー後に採用可否の結果が早く出ますし、複数の仕事に同時エントリーする事も可能なため、効率的に転職活動が出来るのも派遣のメリットになります。

 

⑪今までの経験・スキルを活かせる

派遣先からしてみれば派遣社員というのは即戦力として考えています。

派遣には未経験でも出来るお仕事がたくさんありますが、一方で経験者のみ採用するといったお仕事も一定数あるものです。

その点、過去に業務経験があるスタッフであれば、そのスキルや経験を活かしてお仕事をする事が出来ます。

自分の経験を活かしやすいのも派遣のメリットです。

 

⑫派遣は気楽?

正社員や契約社員という雇用形態と比較すると、派遣社員としての働き方は気楽という意見をよく耳にします。

あまり褒められた意見ではないかもしれませんが、やはり雇用主が派遣先と異なることや期間限定で働くケースが多い事など、ある意味では気持ちを割り切って働くことが出来るという部分もあるのかもしれません。

リラックスして働きやすいのも派遣のメリットと言えるでしょう。

ですが派遣=無責任というのは許されませんので、しっかりと仕事に取り組みましょう。

 

⑬サービス残業がない

正社員や契約社員にはサービス残業を強いられる企業というのも中にはあります。

最近ではブラック企業なんて声もありますが、長時間労働により自殺を図った事件も起こる等、時間外勤務の問題は深刻化しています。

派遣社員では基本的には就業時間をタイムシートで管理しており、また時給制で働くことが多いのでサービス残業というのは起こりにくいです。

もしあったとしたら派遣料金も誤魔化されている可能性がありますので派遣会社も抗議するでしょう。

就業時間分のお給料は当然にしっかりもらえるので派遣のメリットと言えます。

 

⑭転勤・異動がない

正社員や契約社員であれば支社や関連企業へ転勤・異動がある事は普通です。

特に持ち家の人や子供の通勤する学校の関係など、転勤や異動は困るという人も多いはず。

派遣社員には基本的には転勤や異動はないので、じっくりと1つの職場で勤務をしていく事ができるのもメリットと言えます。

 

⑮福利厚生の充実

最近では派遣会社でも様々な福利厚生を用意するようになってきました。

社会保険を始め、健康診断の実施・フィットネスクラブの割引・スキルアップ支援・レストランや宿泊施設の割引など会社によって様々な福利厚生を用意しています。

休暇時のリフレッシュにも利用できる福利厚生制度は派遣社員にとっての大きなメリットです。

特に女性にとってはこのようなサービスは嬉しいですね。

スポンサーリンク

 

⑯責任が重い仕事が少ない

これは派遣社員のお仕事を軽視しているとも捉えられかねませんが、やはり実際に正社員等のお仕事と比較すると派遣社員が担当する仕事は責任の軽い業務が多いと言えます。

その分多くのストレスを抱えることなく、自分のリズムで働きやすいのも派遣のメリットと言えるでしょう。

 

⑰組織内のしがらみに巻き込まれない

正社員等の場合、組織内で同僚や上司としのぎを削ったり、ポスト争いや競争を避けられないケースも多いものです。

もちろん派遣社員にも人間関係上のトラブルは起こる事はありますが、派遣先の正社員からしてみれば派遣社員は一時的な社員と割り切っていることも多く、また期間限定の契約であるため、組織内のポスト争いなど、人関関係上のトラブルには縛られにくいのも派遣のメリットと言えます。

 

⑱紹介予定派遣制度

紹介予定派遣というのは一定期間の派遣期間を経て、派遣先と派遣社員の双方が同意する事により、直接雇用される事を前提とした制度です。

派遣先会社からしてみればそのスタッフの仕事ぶりを見て採用の可否を判断する事が出来ますし、スタッフからしてみれば職場環境などを把握した上で直雇用の有無を判断する事が出来ます。

これも派遣という仕組みを活用したメリットと言えます。

 

⑲ニーズの高さ

前回の派遣法改正は、ある意味では派遣先企業は人を変えればいつまでも派遣社員を活用できる仕組みとなっています。

また企業側のコストカットの風潮も強く、今後も正規雇用の機会は減っていき派遣社員の活用の機会は増えていくでしょう。

捉え方によっては派遣社員は企業からのニーズが今後も増えていくと考えられます。

ただしスタッフとしても自分なりに将来的なスキル向上やキャリアアップを視野に入れた活動が必要になってくるでしょう。

 

⑳たくさんの出会いがある

派遣社員として働いていると多くの出会いがあります。

複数名で派遣されるお仕事であれば同僚の派遣スタッフとも仲良くなりますし、派遣会社の営業マンやコーディネーターとの出会い・派遣先職場の人たちとも交流があります。

ケースによっては同性同士で友達になれる事もあれば、男女間で恋愛関係に発展するような出会いもあるでしょう。

また派遣社員は契約期間が区切られている事が多い為、様々な仕事を転々とする中にも、たくさんの出会いがあるのもメリットと言えます。

 

㉑飲み会・接待・社員旅行などの面倒な付き合いがない

正社員であれば飲み会や社員旅行・上司の接待・組合活動など、面倒とも取れる付き合いが色々と生じる事もあります。

もちろん派遣社員でもそのような付き合いが生じる事はありますが、社員と比較するとかなり少なめです。

仕事だけして帰りたい・そんな感じで働きたい人にとっても派遣社員はメリットが多い働き方です。

 

㉒キャリアアップ制度の充実

派遣会社ではキャリアアップ制度を各種用意しています。

また今までも各派遣会社が独自にキャリアアップ対策を講じてきていましたが、2015年の法改正時にはキャリアアップ支援が義務付けられる事になり、

今後派遣スタッフに対してどのような支援策が実施されるようになるのか、注目が集まっています。

 

㉓労働環境の良さ

例えば中途で正社員として転職を考えた場合、自分が希望する大手企業に就職できず、無理に中小や零細企業に正社員としての入社を余儀なくされる事もあるでしょう。

会社にもよりますが零細企業などの場合、その労働環境も恵まれたものとは言えない場合もあります。

派遣社員が働く派遣先企業は中~大手企業が多く、ゆったりとした労働環境の職場が多いので、そのような劣悪な労働環境はほとんど避ける事ができるのもメリットと言えます。

 

㉔プライベートを優先できる

やはり派遣社員にとってプライベートを優先しやすいのはメリットと言えます。

派遣先にもよりますが残業時間も少なく、サービス残業もありません。

またシフト制である事も多いのでプライベートの時間も取り易いと言えるでしょう。

またアルバイトやパートだと他の従業員が休んだりすると、突然に出勤の要請がかかるなんて事もありますが、派遣社員の場合にはそのような緊急時の出勤はほぼありません。

仕事とプライベートの時間の区切りを付けやすいのも派遣社員の大きなメリットと言えます。

 

企業が派遣社員を導入するメリット

それでは派遣を導入する企業側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

幾つか挙げてみます。

 

㉕コストカットの重視

企業側が派遣社員を導入するのにはやはりコストカットができるのが一番のメリットと言えます。

正社員を雇用すると給与の高さ・賞与・退職金・事務コストなど様々なコストがかかります。

他にも福利厚生や交通費など多くのコストを割かなければなりません。

その点、派遣社員を導入する事でそれらのコストをカットしやすいのも派遣のメリットと言えるでしょう。

 

㉖適材適所の人材配置

派遣社員を導入することで組織内の適材適所に人材を配置することができます。

人材が不足している部署やスキルの充足として派遣社員を活用できるのもメリットと言えるでしょう。

 

㉗即戦力としての期待

一般的に、派遣社員は即戦力と捉えられています。

自社の従業員の場合には一から教育をしていかなければなりませんが、派遣社員を導入することでそのような手間もかけずに、スキルを併せ持つ人材を雇い入れることが可能になります。

 

㉘労務管理の手間が省ける

社員を一人雇うことで社会保険処理や給与計算等の事務処理など、多くの労務管理が必要になります。

派遣社員を導入することで労務管理は派遣会社側が行うことになるので、効率的に能力を活用することができるのも企業側のメリットと言えます。

 

㉙業務量に応じた雇用の調整

企業によっては繁忙期と閑散期の必要人員の差が激しい会社もあります。

そのような企業で期間限定の派遣社員を導入することで、雇用量の調整にも柔軟に対応することができるのも派遣のメリットと言えます。

 

女性・主婦が派遣社員として働くメリット

それでは女性や主婦の方々が派遣社員として働く上では、どのようなメリットがあるのでしょうか。

幾つか挙げてみます。

 

㉚短期・長期など予定・スケジュールに合わせやすい

例えば子供の行事や旦那の出張・家事など、主婦には様々な用事ができます。

派遣の場合にはシフト制で働くことも多く、そのような日々のスケジュールにも柔軟に対応しやすいのも派遣のメリットと言えます。

 

㉛女性職種が多い

派遣社員の場合、男性よりも女性割合の方が多めです。

また派遣会社に用意されている求人においても、女性が活躍できる求人・派遣先がたくさんあります。

女性職種も多く、選択肢が広げられるのも派遣のメリットと言えるでしょう。

 

㉜育休・産休など女性に嬉しい福利厚生制度も

誰でも子供を大切に育てたいという想いを持っていますし、出産後も働きたいという人は派遣社員にも多くいます。

派遣社員の場合でも条件に合えば産休・育休をしっかり取得することが出来ますので、安心して就業をすることができます。

 

㉝パートよりも時給が高め

主婦の方にはパート等で働いている人も多いかと思いますが、どちらかと言えば派遣社員の方が時給が高めに設定されているケースが多いです。

またサービス残業もなくメリハリをつけて働きやすいので、効率的に稼ぐことができるのも派遣のメリットです。

少しでも時給が高いのは家計にも助かりますね。

 

㉞スキルアップ研修の充実

主婦の方やシングルマザーの方々にはスキルアップを目指しているけれども時間がない・講座費用がかかるといった悩みを抱えている人もいます。

派遣会社では会社によって各種スキルアップ研修や資格講座を行っているので、無理なく自分のスキルを高めていくことができます。

無料で受けられる講座も多いのも派遣のメリットと言えるでしょう。

 

㉟仕事と家庭の両立

派遣社員の場合には定時できっちりと終わる仕事が多いので、仕事と家庭の両立がしやすいと言えます。

家庭の用事などがある時にも、シフトで柔軟に調整することもできるので、特に主婦の方には働きやすい雇用形態と言えます。

また契約期間が区切られているので、短期的に稼ぎたいという場合に働けるのも派遣のメリットと言えます。

 

派遣社員のメリットまとめ

派遣社員のそれぞれのメリットについて挙げてみました。

派遣社員の場合には、派遣スタッフ・企業それぞれにメリットがあります。

これらの利点を活かして自分らしく働けるのも派遣の良い所です。

ですが一方ではデメリットも存在するので、自分の生活環境に合わせた働き方を選択していくのがベストですね。

派遣のデメリットについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

参考記事:派遣社員のデメリット

 

またこれから派遣社員として働いてみたいと検討されている方は、まず派遣会社選びから始める必要があります。

派遣会社選びではこちらの記事も参考になるかと思います。

参考記事:おすすめの派遣会社をタイプ別にご紹介

 

派遣のメリットを活かして自分らしい働き方を実現したいですね。

今回は派遣社員の24のメリットについて挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー