旅行事務・添乗員の派遣の仕事内容は?

旅行事務・添乗員の派遣の仕事内容は?

 

今回は旅行事務・添乗員の派遣の仕事内容について挙げてみたいと思います。

少しずつ暖かくなってきましたね。もうすぐゴールデンウィークで旅行の予定を立てている

人もいるのではないでしょうか。旅行をする場合には旅行会社を通して手配をする事も一般的ですが

旅行業界でも派遣社員は多く活躍しています。様々な仕事がありますが旅行事務や添乗員を始め、

ツアー企画・仕入れ・団体営業など担当する職種によって内容は様々です。今回はその中でも

派遣社員が担当しやすい旅行事務と添乗員について触れてみます。

スポンサーリンク

旅行事務・添乗員の仕事内容は?

旅行事務とは言っても事務仕事だけにとどまらずカウンターでの顧客対応を行うこともしばしばあります。

カウンター営業と分けている会社もありますが、事務でもほとんどは対面接客も行うものと考えておいた方が

良いでしょう。その他にも電話・メール応対・予約確認・見積もり作成・データ入力(顧客情報など)・

クレーム対応・企画提案・代金の授受などがメインの仕事になってきます。

カウンターでのおおまかな仕事の流れを見てみると、まず対面・メールや電話での問い合わせに対応し

プラン内容等について顧客に説明をします。顧客が申込みをすればそのままプランのチケットを確保し、

旅先で宿泊するホテルや旅館の手配・飲食のレストラン等の確認・乗り物の手配などを併せて行います。

その後支払期日までに入金をしてもらいます。その他にも派遣社員でも仕事に慣れてくれば顧客向けの

パック旅行等の企画・提案等を任される事もあるでしょう。

一方で添乗員のお仕事はツアーやパック旅行に参加した顧客の案内業務がメインとなります。

よくバスの中でマイクを片手に観光地を案内するガイドさんや、旅行会社の旗を持ちながら誘導する

ガイドさんを見かけた事がある人も多いかと思いますが、あれらの仕事も添乗員の仕事になります。

特に添乗員は顧客に同行し案内をするため、安全・安心を心掛けた誘導をしながら、最後には「気持ちの良い

旅だった」と感じてもらえるような顧客への配慮が求められます。仕事内容としては参加者の確認や空港での

出入国手続き、必要に応じてトークやレクリエーション・ホテルでのチェックイン・アウト、昼食などの会場の

確認・オプションツアーの案内など業務内容は多岐にわたります。特に添乗員はある意味では旅行会社の「顔」

と言ってもよく、添乗員の心配り1つでその旅行の印象が左右されると言っても過言ではありません。

また最近では添乗員のお仕事を中心に取り扱う専門の派遣会社まで登場しています。主に旅行会社系列の

派遣会社(インハウス系)と系列でない派遣会社(独立系)があり、インハウス系では特にその旅行会社が

取扱いをしている旅行商品に添乗する機会が多くなるでしょう。

旅行事務・添乗員の時給は?

旅行事務・添乗員は大変なお仕事ではありますが、実際には企業内の一般事務とさほど時給に差が

生じる事は多くはありません。まず旅行事務に関しては平均時給としては1200~1300円前後となる

事が多く、平均的な派遣時給と比較してもどちらかと言えば低めです。また基本的には正社員は残業を多く

する傾向がありますが、時給制の派遣社員は営業時間区切りで終業する事が多い為、残業も比較的少なめ。

そのため毎月給料に大きな変動はなく、フルタイムでも18~20万円前後の給与となる事が多いでしょう。

一方で添乗員に関してはもう少し時給も低めになるケースが多く、時間換算では1000円前後の

時給で勤務している添乗員が多いように思います。また会社によっては飛行機に乗っている時間は

給与の支給対象外であったり、時間外手当が支払われない等、添乗員の薄給問題は割と深刻です。

現在旅行会社各社は低価格競争が進んでおり、そのしわ寄せの1つとして添乗員の人件費削減が挙げられる

ケースが多くあります。本来であれば正社員が行う仕事でさえ、アルバイトや派遣の添乗員が間に合わせ

に行う事もあります。またスタッフを派遣する派遣会社側もこのような状況を知りながら、派遣先が顧客

なだけに積極的な改善要請ができないというのが実際の所ではないでしょうか。

スポンサーリンク

旅行事務・添乗員に必要な資格は?

まず旅行事務では仕事をする際に必ずしも資格は必要ありません。しかし取得しておいた方が良い資格

としては、旅行業務取扱管理者資格が挙げられます。旅行業務取扱管理者資格は旅行系資格でも唯一の

国家資格であり、営業所ごとに1人以上の旅行業務取扱管理者を配置することが旅行業法で定められている

ので、部署や会社によってはこの資格の有資格者は優遇されるケースもあります。国内旅行専門の会社で

あれば「国内旅行業務取扱管理者」、海外も含む場合は「総合旅行業務取扱管理者」が有効に働くでしょう。

また添乗員の場合においては、企画旅行(パッケージツアー等)の添乗に出る際に主任の者は

旅程管理主任者資格を取得している必要があります。またこれも同じく国内で添乗できる「国内旅程管理主任者」

と、国内・海外の両方で添乗できる「総合旅程管理主任者」の2種類があります。添乗員希望の場合には

この資格を取得させられるケースが多くなるでしょう。

その他にも海外旅行メインであれば英語を活かしてTOEICや英検等の資格も活躍しそうですね。

旅行事務・添乗員のつらい所は?

やはり業界自体が薄利多売で成立しているような風潮があるため、正社員・派遣社員を問わず

人件費にシワ寄せが来やすい業界であるとは思います。事務員はさほどではないにしても、特に添乗員は

実質的な就業時間が曖昧であったり、時間外手当が出ないケースもある等、法律に照らし合わせれば

恐らくアウトであろう状況の添乗員さんも多く存在します。また意外に浮き沈みの激しい業界でもあるので、

中堅~大手クラスの旅行会社でも倒産・廃業のリスクが全くないかと言えばそうでもありません。

それくらい旅行業界各社がしのぎを削っており、競争が激しい業界でもあります。

また旅行というある意味専門的な業界でもあるので、転職を考えた際にも潰しが効きにくい業界でも

あります。大変なお仕事ではありますが特化したスキルを求められる職種ではないので、やはり他社への

転職時には苦戦を強いられることもあるでしょう。

またクレームが多いのもこの業界の特色の1つでもあります。自分の手配ミスや間違いで苦情を受けるなら

まだしも、旅行中のテロや病気・事故等でクレームが発生する事もあり、精神的なタフさも求められます。

特に自分が企画に加わったプランが中止となった場合には、耐え難いものがあるかもしれません。

また旅行というからにはレストランやホテル・旅館など他関係施設も含めてコーディネートを考えなけれ

ばなりませんので、たとえ旅行会社にミスはなくとも他施設のミスが原因でクレームを受ける事もあるでしょう。

この業界には単純に「旅行が好きだから。。」という志望理由で入社をする人も多いかと思いますが、

現実としてはクレームは多いですしトラブルはつきもの・また責任の重い仕事ながら待遇は薄給なので、

割に合わないと感じる人も多いものです。その為、もし旅行が好きでという動機であれば、むしろガイドや

コンダクターを中心に仕事を展開をしていくと良いのかもしれません。

しかしどの仕事も同じですが自分が本当に好きなお仕事であれば大変な仕事も苦にはならない筈。

大切なのは将来のビジョンをしっかり持って、その旅行会社で自分らしく働けるかどうかなのかも

しれませんね。

 

英語の求人に強い派遣会社

旅行関係のお仕事や添乗員と言えば語学も必要とされるケースも多いものですが、外資求人や英語系求人は派遣会社によって抱えている求人数が大きく異なります。

そのため効率的にお仕事探しをするためには、語学系の求人を多く抱える派遣会社に登録をするのが近道です。

旅行関連に限らず、英語・語学系求人に興味がある方はご参考にしてみてください。

※参考 英語に強いオススメの派遣会社は?>>

 

今回は派遣の旅行事務・添乗員のお仕事について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー