秘書の派遣の仕事内容は?

秘書の派遣の仕事内容は?

 

今回は秘書の派遣のお仕事について挙げてみたいと思います。

秘書というお仕事に憧れを持った事がある女性もいるのではないでしょうか。

よくある印象としては社長さんのスケジュールや情報管理を秘書がとりまとめて上司の仕事を

サポートするお仕事というイメージを持つ人も多いかと思います。また正社員として秘書のお仕事

をする人もいれば派遣社員として秘書をこなす人もおり、仕事のスタンスは人それぞれです。

スポンサーリンク

秘書の仕事内容は?

秘書の仕事内容は基本的には上司の身の回りの環境を整備するお仕事に近く、スケジュール管理から

始まり、メールや電話対応・文書作成・来客対応・情報管理など身の回りの管理をする業務がメインと

なってきます。社長さんを始め重役等のポストにいる人たちは日々重大な仕事の抱えている他にも、

多くの来客や接待・出張など多くのスケジュールに追われている事が日常です。その上司が本業に集中

できるように右腕となってサポートするのが秘書の役割でもあります。秘書として仕事の質も重視されるため

ビジネスマナーも重視されますしPCスキルや語学力が求められる事もあります。また状況に応じて

上司に代わり様々な役割をこなす為、性格の柔軟性やフットワークの軽さが必要とされるでしょう。

また慣れてくると上司が何を望んでいるのか見極める力や、その時々に必要とされる情報収集力・判断力

も求められる事になり、将来的に他の仕事でも比較的潰しが効きやすい職種であるとも言えます。

グループ秘書と個人秘書に分かれる

一般的に言えば秘書はグループ秘書と個人秘書に分けられます。グループ秘書は組織の管理者の下で

秘書たちが複数人のチーム制で上司を支えます。例えば大企業の重役や政治家など多くの秘書を必要

とする業務等が挙げられるでしょう。一方、個人秘書は1人の秘書が1人の上司に直接つく形で、

事務所の秘書や外資系企業などでよく見かける光景です。またグループ秘書にしても個人にしても

業種により幾つかに分類され学校に勤務する学校秘書・法律事務所の法律秘書・医療機関で医師等を

サポートする医療秘書・企業で幹部等をサポートする企業秘書など、その業種や仕事内容によって

呼称が異なるケースが一般的です。また外資系企業など環境によっては秘書のことを「セクレタリー」

と呼ぶこともありますが、仕事内容はほぼ同じです。ただしセクレタリーの場合には必要に応じて英語力を

求められるケースも多くなるでしょう。またグループセクレタリー等は秘書だけの仕事だけではなく

総務などがこなす雑用を含めて業務を担当する事もあります。

スポンサーリンク

派遣の秘書の給料は?

さて派遣の秘書業務の給料相場はどのくらいでしょうか。

大手派遣求人サイトのデータを元にすると一般事務が関東圏で1300~1500円程度に収まっている

事が多いのに対し、秘書業務は1500~1600円前後のお仕事が多い傾向にあるようです。

関東圏以外を見ても一般事務と大幅な時給の差は生じにくいものの、多少ですが秘書業務の方が平均時給

は高めな事が多いようです。派遣の場合には大抵は上司のスケジュールに合わせてフルタイムで勤務する

事も多いことから、平均月収は20~23万円程度の派遣秘書が多いように思われます。

秘書に資格は必要?

秘書の資格と言えば秘書検定や国際秘書検定・ビジネス文書系資格・PC関連の資格が思い浮かびます。

しかしそれらの資格が必須かと言えばそういう訳でもありません。実際に無資格の人でも多く秘書を続けて

いますし、未経験者でもOKの秘書求人は多くあります。それよりも秘書で重視されるのはやはり人柄や印象・

人付き合いの良さ等が重視される傾向が高いように思います。特に上司や社長に付き添う時間が長くなる

ケースも多いので、上司との相性は避けられません。またある会社では秘書を選定する際には特別に

求人募集する訳ではなく、既存の事務職の従業員の中から気が利いて人付き合いがよかったりする人を

秘書として異動させることも多いと聞きます。それだけ秘書として特別な事務スキルを求めている事は少なく、

むしろ上司や社長との相性や来客対応を上手くこなせる対人スキルに比重がかかっている事が多いように

思います。しかし派遣社員として登録をし秘書仕事を探す上では無資格よりは資格を所有していた方が

派遣会社・派遣先の双方にアピールする事は出来ますので、学習時間が取れる人は取得しておいても良いでしょう。

秘書と言えば聞こえは良いが、、

秘書と言うとどちらかと言えば華やかなイメージを持って仕事を希望する人が多いのかもしれません。

しかし実際の秘書業務は会社にもよりけりですが気合いやメンタルの強さが求められる事が多いような

気がします。まず秘書としてエントリーするにあたりある程度のスキルやマナーは当然身に付いている

ものと判断されますし、自分のボス以外にも様々な人に会いその対応を求められる為、ハートの強さが必要

になります。また秘書とは言っても担当するのは秘書業務だけではなく苦情処理などの雑務をこなさなけ

ればならず、理不尽なことにも笑顔で対応が基本となります。またボスの周囲の人間も当然に役員関係者

など重役クラスが多く、自分のボス以外の人間への配慮にも追われます。当然自分のミス=ボスのミスと

なってしまうような可能性もある訳で、それだけ責任の重い仕事を請け負っているという責任感を持って

仕事に取り組む必要があります。逆にボスがミスをすれば周囲に謝罪に廻らなければならない事もあれば

自分が悪くもないのにボスの盾にならなければならない事もあるでしょう。煌びやかなイメージとは裏腹に

地味で根性が必要とされるお仕事だと割り切ってエントリーする事をお勧めします。むしろ世間が抱くような

自分なりの秘書イメージを追い求めるのはある程度経験を得た後になるのではないでしょうか。

秘書は体力・気力のいる仕事ではありますが、それでも上司をサポートしたいという気持ちや、相手に

スムーズに仕事に取り組んで欲しいという気持ちを大切にする人であれば、前向きに頑張っていけるのかも

しれません。どのような仕事でも厳しい部分はありますので自分の力を信じて積極的にエントリーして

いきたいものですね。今回は派遣の秘書のお仕事について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー