化粧品販売員の派遣の仕事内容は?

化粧品販売員の派遣の仕事内容は?

 

今回は派遣の化粧品販売員について挙げてみたいと思います。

お化粧と言えば女性特有のもの。中にはお化粧が好きでその技術をお仕事に活かしたいという

人もいるでしょう。特に学生時代からメイクについて専門的に学んでいる人もおり、化粧品販売員は

人気職種の1つでもあります。また正社員だけではなく派遣社員としての求人も多く見かけます。

一見華やかに見える業界でもありますが、実際にはどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

化粧品販売員になるには

化粧品販売員としては正社員職種だけではなく契約社員・派遣社員・アルバイト等でも募集している

事が多くあります。経験者優遇の場合もありますが、未経験OKとしている求人も多いので、今まで

化粧品業界に未経験の人でもエントリーしやすいと言えるでしょう。また未経験をカバーするために

カラーコーディネーターや色彩検定等の資格を取得している人もいます。また未経験OKであってもその

メーカーによってスタッフに求められている容姿が異なるケースもあります。例えば美形の顔のスタッフ

が欲しいメーカーもあれば、可愛いらしい顔の販売員が欲しいメーカー等、それぞれに特色がある場合も

あるので、自分に合った職場に応募していく事が大切です。また多くの場合は入社後にそのまま売り場へ

出る事は少なく、社内研修を受けてから販売に入る事が一般的です。またメイクの技術等もさることながら

顧客とのコミュニケーションが商品の販売に結び付く大きな要素となるため、対人スキルが高い人は

やはりこのお仕事は有利です。化粧品販売員の仕事に就く人は単純にメイクが好きな人だけでなく

ヘアメイク学校や専門学校卒業者も多くいます。また最近では男性の販売員も売り場で見かけるように

なってきました。

化粧品販売の仕事内容は?

化粧品販売員の仕事内容はその名の通り、化粧品を販売する事がメインの業務となります。

主な売り場としては百貨店・コスメショップ・ドラッグストア等、派遣先によって異なります。

特に百貨店やコスメショップ等では長期の仕事が多いのに対し、ドラッグストア等では短期的な

キャンペーン商品等の販売を担当する事もあるでしょう。商品も特定の商品ではなくファンデーションや

アイシャドウ、シャンプー、マニキュアなど、さまざまな化粧品の販売を担当するケースが多く、

また来店しているお客様にその商品を試してもらいながら、説明を添えてその商品を購入して頂くことを

目的としています。また当然に顧客によって肌質も違いますし、肌に対して抱えているトラブルや悩みも

異なるので、その顧客の性質に合った商品の選択をしてお勧めしなければなりません。また化粧品などは

特に長期的に利用を続けていかなければ、自分に合った商品かどうかの見極めが難しい為、販売員側にも

化粧品に対しての知識や裏付ける説得力・カウンセリング力が必要となります。また顧客は販売員のメイクを

参考に商品選択をするケースも多い為、自分が模範となるような高いメイク技術や豊富な商品知識が

求められる事が多いでしょう。また販売員と言うと化粧品のお勧め販売だけが業務のように捉われる

事も多いものですが、例えば店内の清掃やディスプレイ変更・サンプル配布・クレーム対応・会計業務・

DM作成など、販売以外の雑務も含み、様々な仕事を経験する事になります。

スポンサーリンク

化粧品販売員の時給は?

地域や業務内容によっても異なりますが、都内でも1200~1400円程度の時給設定が多い

ように思います。他業種と比較してもそれほど高い時給とは言えません。しかしそれでも倍率が高く

なりがちなのは、この職種に対しての女性からの人気が裏付けとしてあるのでしょう。また時給自体は

さほど高くないものの、化粧品販売員は残業を強いられる事が多く、時間外手当を含めると月給ベース

では結果的に高給になる事もあります。また派遣社員の場合は少ないですが、悪質な会社になると

サービス残業扱いで時間外手当の支給がない会社もあるので、事前に確認をしておく必要があります。

また販売員とは言っても現実的には営業要素を含むため、店によって売上げ目標やノルマを掲げている

店舗も多く、それを達成できないからと言ってすぐに契約が終了になる事は殆どありませんが、それでも

やはりある程度数字を意識して売り場に立つ事になります。ひいてはその結果、自分がお勧めしたくない

商品さえも売上げの為に顧客に勧めなければならない状況に陥るケースもあり、自分が理想としていた

販売員と現実とのギャップに耐え切れず、退職を考えてしまうスタッフもいるのが現実でしょう。

化粧品販売員の難しさ

化粧品販売員の仕事の難しさはその華やかなイメージとは異なり、実際には離職率が高い職場としても

有名です。人気職でもあるのに求人誌に常に販売員の求人が上がっているのは、やはり離職率が高いという

理由に他なりません。またその商品特性上、職場が女性だけで構成されている事も多く、中には派閥や悪質な

いじめがある職場もあったと聞きます。またその就業時間の長さから化粧品販売員は片手間に出来る仕事では

ありません。そのため結婚や出産を機に退職をしてしまう人も多く、一度退職をすると同じ職場への復帰は中々

難しいとされています。実際にはメイクに対しての経験や知識・スキルが高いのはベテラン販売員の方が多いの

ですが、一方でやはり人間は年齢を重ねれば重ねるほどその容姿は衰えていく事が多く、売り場にもよりますが

比較的若年層向けの化粧品揃えが多い為、年を取れば取るほど中途の入社は難しくなってくる事も多いと聞きます。

またメーカーとしてもその商品に対してのブランドイメージというものがあり、販売員とてそのイメージの中に

込みで考えられています。また悲しいかな年を重ねた肌質では商品に対しての説得力にも影響が出てくる

可能性すらあるのかもしれません。

その為、1社で販売員としてキャリアを積んでいき、マネージャーやチーフなど管理職程度までポストを

築けなければ中高年以上から販売員として活躍する事も難しくなる事が想定されます。

化粧品販売員に正社員求人が少ないのは、やはりメーカーが販売員の途中退職をあらかじめ見込んでの場合が

多く、アルバイトや派遣を中心に構成されているのもその為でしょう。派遣スタッフからしてみれば、

化粧品販売員として活躍しながら将来的に自分がどのようなキャリアを積んでいきたいのか、明確な将来設計を

描いておく事が大切なのかもしれませんね。

↓こちらの記事でも化粧品販売を含め、コスメ・アパレル系に強い派遣会社をまとめていますのでご参考にしてみてください。

※参考 アパレルに強いおすすめの派遣会社は?

コスメや雑貨・アパレル系などは売り場やブランドによって就業環境が様々ですので、複数の派遣会社に登録をしお仕事の選択肢を増やすことはお勧めします。

今回は派遣の化粧品販売員の仕事について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー