派遣の履歴書・職務経歴書は手書き?PC?

派遣の履歴書・職務経歴書は手書き?PC?

 

今回は派遣の登録時に提出する履歴書・職務経歴書について挙げてみたいと思います。

派遣会社に登録する際には履歴書や職務経歴書を提出する事が一般的です。また履歴書のみで良い

という会社もあれば、履歴書と職歴書を派遣会社来社時に記入する・PC入力するという派遣会社も

あります。派遣会社によって書式等はそれぞれですが、特に派遣会社からの指定がない場合には

このような履歴書や職歴書は手書きかPC入力かをどちらか迷ってしまう人もいるかもしれません。

今回はそんな履歴書と職歴書について挙げてみます。

スポンサーリンク

手書きとPCのメリット・デメリット

さてまずは手書きとPC入力のメリット・デメリットを簡単に挙げてみたいと思います。

まず手書きですが、手書きにはやはり人格や個性が出やすいと言われます。几帳面な人やいい加減な

性格の人などは特に字に出やすいと言えるかもしれません。また良い意味で言えば手書きの文字から

その人の人柄が相手に伝わるといったメリットもあるかと思います。逆にデメリットは手書き文字が

下手な人や汚い人だと文字が読みにくい・作成するのに時間がかかるといった難点が挙げられます。

次にPC入力のメリットを挙げてみるとある程度決まった書式が多く、相手からしても読みやすいという

のが第一のメリットとして挙げられます。また一度作成しておけば次回からは再印刷すれば良いだけ

なので作成時間も削減できるという利点もあります。また書式もほぼ一定なので1つの企業だけではなく

複数企業で同じ書類を提出でき、修正やレイアウトも変更しやすいというメリットも考えられるでしょう。

また微々たるものですが、PCで作成すれば最低限のPCスキルはあるという事を相手にPRできるという事も

考えられます。

一時期は「履歴書は手書きで、職歴書はPCで」といった風潮が強かったようにも思えますが

最近ではどちらもPCで作成してしまう人が多いように思います。またこれらの書類を受け取る企業側

としても特にそれに違和感を感じるという事も少ないようです。

提出相手を見る事も大切

しかし上記のような原則を全ての職場に当てはめようとするのは少々リスキーなようにも感じます。

例えば派遣面談者が中高年の担当であった場合、人にもよりますが中高年者には未だにPC等に抵抗を感じる

人も一部ではおり、履歴書や職務経歴書を全てPCで作成する事に人間味を感じないという担当者もいるかと

思います。もしくは勤務する企業が老舗企業や家族経営の昔ながらの商店等の場合にも、手書きの方が好感を

持たれるというケースもあるでしょう。もちろん現在の派遣会社のコーディネーターにはそのような人は少ない

かとは思いますが、履歴書等に限らず提出する書類は相手を見て書式を考えるという事は大切かとは思います。

また逆に例えば職場がIT系などの企業であった場合、手書きでの履歴書や職歴書の提出は逆にマイナスポイント

として捉われる可能性も出てくるでしょう。よくテレビで見かける堀江貴文さん等は採用面接で履歴書を手書きで

書いてきた人は採用しないという発言を以前にしていましたが、実際に入社を希望する業種や職種等も考慮して

書式を決定する配慮も必要かと思います。

とは言っても派遣社員の場合には基本的には履歴書・職歴書を提出するのは派遣会社のみです。

法律を遵守しない派遣会社は履歴書のコピー等を派遣先へFAXしてしまう会社もありますが、そのような

会社は論外であって視野に入れる必要はないでしょう。派遣会社から特に書式の指定がないようであれば

手書きでもPCでも自分が作成しやすい方で提出をしてみても良いかと思います。どちらにしても書類は

相手方が受け取るものですから、当然に相手方がその書類を見て読みやすいか・自分に好感を持ってもらえ

るかを中心にして書式を考えるべきかと思います。

スポンサーリンク

これって履歴書・職歴書に書くべき?

さて履歴書や職歴書に書くかどうか迷う事柄について以下に簡単に挙げてみました。

学校中退は履歴書に記入する?

大学や高校を中退した場合には履歴書にその旨を書きにくいという人もいるかと思います。

また残念ながら中退の場合には最終学歴として認められないケースが多いものです。ですがやはり中退で

あっても記入はしておいた方が良いでしょう。記入しなければその欄はブランクとなってしまいますし

中退であっても学校に入学をした意志を示しておく事は大切です。また過去に何かの事情で中退をしたとしても

現在は前向きな生活を送っており、派遣のお仕事にも積極的に取り組めるという姿勢はアピールしておきたい

所です。

アルバイトは職歴書に記入する?

アルバイトの職歴を職歴書に記入するべきかどうか迷う人もいるようですが、アルバイトであっても

職歴書には記入をする事が一般的です。特に学生さん等、社会人経験があまりない人は職歴書をブランクで

提出するよりはアルバイトでも記入をしておいた方が印象も良くなるケースが多いでしょう。

また雇用形態欄にもアルバイトである旨を記入し、一般職と同じようにどのような仕事に従事したのかを

記入するようにします。

留学経験は履歴書に記入する?

留学経験は国内での経験ではないので履歴書などに記入するかどうか迷う人もいるかもしれません。

しかしこれも学校中退と同様に留学期間を体験した事を記入しないと、その期間がブランクとなってしまい

派遣会社に不信に思われる可能性もあります。留学経験はむしろアピールポイントでもありますので

必ず記入をしておきたい所です。また外国語を話せるのであればその旨やTOEIC・TOEFLなどの資格有無・

海外でどのような体験を学んできたか等、併せて記載しておきたいですね。

履歴書や職歴書というのは人によってはPCのファイル等に保存しっ放しで、毎回派遣登録のたびに

プリントアウトして使用している人も多いかと思います。ですが派遣会社に提出するとは言っても

エントリーする仕事内容などによって多少は記入内容を変更した方が良いケースもある筈です。

定期的に履歴書や職歴書の記入内容を見直す配慮も必要と言えるでしょう。

また派遣会社としてもこれらの書類内容と面談を元に、そのスタッフがどのような人物であるかを

見極めようとします。もちろん書類と面談だけで全てが決まる訳ではありませんが、書類の作り方1つにも

そのスタッフの性格や個性が現れます。これからお仕事を紹介してもらうための最初の入口となる訳

ですから、きちんとした履歴書・職務経歴書を提出しておきたいですね。

今回は履歴書・職務経歴書はPC?手書き?について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー