派遣社員の副業は禁止?バレるケースと稼げる職種を解説

今回は派遣社員の副業について挙げてみたいと思います。

最近では本業がある人でも副業をしたいと考える人が増えています。

本業だけでは給料が足りない・時間が空いている・お金を貯めたい等、副業をする理由は人それぞれです。

ですがそもそも派遣社員の場合には副業は許されるのでしょうか。

正社員や公務員が副業禁止なのは有名ですが、派遣社員の場合はそのあたりのルールがグレーになっている事も多いものです。

今回はそんな派遣の副業について触れてみます。

スポンサーリンク

会社が副業を禁止する理由は?

正社員などの場合、就業規則等で副業を禁止している事も多いものです。

それでは会社はなぜ副業を禁止するのでしょうか。

 

①本業に支障が出る恐れがあるため

やはりこの理由が一番大きいかと思います。

従業員が副業をすると体力的にも精神的にもきつくなり、本業に支障が出る恐れがある事から副業を禁止しているという会社が多いでしょう。

また遅刻や早退・欠勤が多くなったりする事も想定される事から副業を禁止しているようです。

 

②固有の技術・ノウハウの流出

他の会社で副業をする事により、本業にしている会社の固有の技術やノウハウなどが他社(副業をしている会社)に漏れる可能性もあります。

これは大企業に関わらず、例えば小さなお店で飲食店等であっても自店のレシピなどが他店に漏れる可能性等もある事から、副業を禁止している所もあります。

 

③情報漏えいの可能性

どの企業においても今では顧客情報や機密情報を多く保有しています。

副業をする事でライバル会社や外部にその情報が流出してしまう可能性や、外部に漏らす従業員が出ないとも限りません。

情報流出の危険性を危惧して副業を禁止している会社も多い事でしょう。

 

④本業の信用が損なわれる可能性

副業をするとしても、本業の会社の名刺を使ったり本業の会社の地位を利用して副業を行った従業員がいた時、もし万一トラブルなどが起こってしまった場合には、本業の会社の信用や利益が損なわれる可能性もあります。

また例えば副業の仕事内容が詐欺まがいの仕事であった場合などには、本業の会社名などが報道される恐れ等もあり、会社の信用が損なわれる可能性も出てきます。

 

⑤会社による独占欲

これは副業を禁止する理由が特にないにも関わらず、世間の風土的に副業を禁止している会社が多いから自社も同じように禁止にしているといったケースや、明確な根拠もないのに「とりあえず」のルールとして副業を禁止にしているような場合です。

実際には軽めの副業でさほど本業に支障が出る可能性が低い副業であっても、会社側の独占欲等の理由から、明確な禁止理由がないにも関わらず一応のルールとして副業を禁止にしているケースというのもあります。

 

派遣社員の副業は禁止されている?

最近では副業禁止ルール緩和の動きが出てきているものの、まだまだ正社員等では副業禁止となっているケースがとても多いものです。

しかしこれは法律で副業が禁止となっている訳ではなく、その会社の就業規則等で禁止されているから副業が禁止となっているだけです。

同様に派遣社員の場合も、もちろん副業が禁止されている訳ではありません。

登録をしている派遣会社において副業禁止のルールがあるのであれば副業をするべきではありませんが、そうでなければ副業を行う事は可能です。

 

ですがそうは言っても派遣登録時に派遣スタッフに就業規則をじっくりと見せてくれる派遣会社はほぼ無いかと思います。

通常は就業規則等のルールをかなり簡単な記載に留めた「就業ルール」「就業のしおり」などの小冊子やプリントを配布される事も多いでしょう。

そのためこれらの記載を確認したり、副業がしても良いかどうか不明な時には派遣会社側に確認をしてみると良いかと思います。

実際には派遣社員の場合には副業を禁止される事は、一部の会社を除きほとんどありません。

多くの派遣会社では副業も暗黙的に認めているのが現状です。

 

派遣先企業で副業が禁止されている場合は?

派遣社員というのは派遣会社が雇用主となり、派遣先企業にて就業するという少し変わった形態です。

それではもし派遣会社の規則では副業OKだけれども、派遣先の規則では副業禁止だった場合はどうなるのでしょうか。

この場合でもやはり雇用主である派遣会社の就業規則が優先される事になります。

原則を言えば派遣先の規則で禁止されていても副業自体は問題はありません。

 

ですがやはり就業先である以上は、派遣先ではその辺りも十分に配慮するべきかと思います。

もし派遣先のルールで副業が禁止となっていれば、その派遣先の社員の中には副業をしたくても出来ないという人もいるからです。

自分の派遣会社のルールで副業がOKの場合でも、周囲への気配りや配慮は忘れないようにしましょう。

 

派遣の副業はバレる?

例えば本業として正社員等の仕事をしている人が、派遣の仕事を副業にする場合には、本業の会社にバレてしまう事はあるのでしょうか。

結論としてはバレる可能性はあります。

派遣の副業がバレる可能性があるケースとしては以下の2点が多いでしょう。

  • 住民税からバレる
  • 周囲の人から漏れる(バレる)

上記の2点について簡単に説明していきます。

 

 住民税からバレる

派遣のお仕事を副業にしていた場合には住民税からバレる可能性があります。

本業の会社で正社員等として勤務している人は、住民税が給与天引きされているかと思います。

これは役所から住民税決定通知書が送られてきており、会社が住民税を計算して天引きしている為です。

もし副業などで他に所得があると、前年度の収入から算出した住民税の金額と、住民税決定通知書の金額の差が開いてしまう事になります。

本業分と副業分を合算した所得にかかる住民税を、本業の会社へ通知してしまうのです。

そのため金額の差に気付かれて人事や経理担当者にバレてしまう事があります。

 

 周囲の人から漏れる(バレる)

周囲の人から副業をしている事がバレるケースも多くあります。

特に副業がうまくいっている人ほど周囲の人に話してしまったり、あるいは副業を周囲にも勧めてしまう人もいます。

ですが周囲の人の中には、本業を持ちながら副業をする事に否定的な意見を持っていたり、本音としてはうらやましいと思う人もいるでしょう。

その結果反感を買うことになってしまい、周囲の噂などから上司にバレてしまう可能性もあります。

副業をするとしてもやはり周囲への配慮は必要という事が言えます。

 

派遣社員が副業した場合の年末調整は?

年末調整とは簡単に言えば本来の税額を計算してもらうための手続きのことです。

派遣社員の場合でも年末調整の対象となり、派遣会社が手続きを行ってくれます。(派遣先企業ではありません)

秋~年末近くの時期になると、派遣会社が年末調整のために必要な「扶養控除等申告書」「保険料控除申告書・配偶者特別控除申告書」等の書類を配布してくれますので、記入して提出をします。

 

このように年末調整は派遣会社が行ってくれますが、必ず1ヶ所の勤務先で行うことになっています。

そのため派遣社員が副業をしている場合には、どちらかの会社で年末調整を行う事になり、通常は収入の多い方の勤務先で年末調整を行います。

12月の時点2ヶ所以上から給与が支払われる場合には、副業分については自分で確定申告をする必要がありますが、1カ所のみであればメインの派遣会社が副業分もまとめて年末調整を行なってくれる事もあります。

その場合には副業の会社から源泉徴収票をもらい派遣会社に手続きを依頼します。

ただし12月の時点で派遣社員として就業をしていない場合には、基本的には派遣会社で年末調整をしてもらう事はできませんので、自分で確定申告をする必要がある事にも注意が必要です。

 

派遣社員が副業したら確定申告が必要?

上記のように派遣社員の場合、基本的には派遣会社が年末調整をしてくれますので確定申告は不要ですが、以下のような方は確定申告が必要になります。

  • 給与の収入金額が2,000万円を超える場合
  • 給与を2か所以上から受けていて、年末調整が行われない方の収入が20万円を超える場合
  • ほかに20万円を超える副業所得がある場合

 

特に派遣社員の場合には、派遣の仕事の他にも副業としてアルバイト等のお仕事をしている方が多いと思います。

上記のように20万円を超えている場合には確定申告が必要となりますのでしっかりと計算をしておきましょう。

また上記の他にも医療費や住宅ローン・寄付金控除など、還付を受けられる可能性がある方はご自身の判断で確定申告が必要かどうか検討しておくと良いでしょう。

確定申告が初めての方は難しく感じるかもしれませんが、最近ではインターネットで簡単に申告書が作成できますし、市区町村などに相談窓口も設けられていますので相談をすれば丁寧に教えてくれます。

確定申告をすることで税金が戻ってくる事もありますので、しっかりと仕組みを理解した上で手続きしておきたいですね。

 

派遣の副業で社会保険や雇用保険はどうなる?

それでは本業をこなしながら派遣として副業をする場合、社会保険や雇用保険はどうなるのでしょうか。

結論としては、本業の会社と副業で登録をしている派遣会社でいずれも社会保険の加入要件を満たす場合には、それぞれの会社で資格取得手続きを行う必要があります。

ですが現実的には本業をこなしながら副業の派遣会社の加入条件(所定労働時間・所定労働日数が、同一事業所で使用される一般社員の4分の3以上であること・2カ月を超えて使用される事)も満たす事は物理的に難しいので、ほとんどの人が両方の会社で加入対象になる事は無いと思われます。

 

なお雇用保険においては1か所でしか加入できません。

雇用保険は主たる賃金を受ける一つの事業主(もらっている給料が多い方の会社)において雇用保険に加入することになります。

なお、派遣社員は契約が個人毎に違うので、社会保険に加入できるかどうかの判断が難しい場合があります。

詳細は登録をした派遣会社にてご相談をしてみましょう。

スポンサーリンク

派遣社員の副業に対して大手派遣会社の反応は?

先ほどにも書いたように派遣会社の多くは副業を禁止していませんが、会社によっての対応は様々です。

ここでは大手の派遣会社を一例としてみます。

 

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングでは副業について以下のような記事があります。

派遣のギモンQ&A

ここではこのような記載あります。

「同時に複数の派遣会社と雇用契約を結び、派遣先を掛け持ちして働くことは可能です」

という記載があるので、リクルートスタッフィングでは特に副業を禁止している訳ではないようです。

(念のため副業を行う際にはリクルートスタッフィングさんへ確認をしておきましょう。)

 


テンプスタッフ

テンプスタッフでは副業について以下のような記事があります。

派遣と副業は両立できる?

派遣社員も同様で、法律では副業を禁止されていないのです。

しかし、派遣元である派遣会社が禁止している場合があるので、登録している派遣会社の規則をしっかりと読み、副業の可否を把握しておく必要があります。

これを見る限りではテンプスタッフでは副業を禁止していないようにも見えます。

(念のため副業を行う際にはテンプスタッフさんへ確認をしておきましょう。)

 


スタッフサービス

スタッフサービスでは副業について以下のような記事があります。

「みんなのQ&A お悩み相談」

Q:派遣の就業日以外で、アルバイトや単発のお仕事をすることは可能でしょうか?

A:スタッフサービスグループでは、派遣スタッフの副業を禁止しております。
あらかじめご了承ください。

スタッフサービスでは副業を禁止しているようです。

 

大手派遣会社の副業への反応はこちらの記事も参考になります。

参考記事:派遣の副業・ダブルワークに大手派遣会社の反応は?

このように派遣会社によって副業の規定・ルールは様々です。

もし副業を検討している際には派遣会社の担当者に確認をしてみるようにしましょう。

 

派遣の副業でおすすめの仕事・職種は?

さて副業の仕事を選ぶ際にはどのような仕事を選ぶべきでしょうか。

やはり本業を抱えている訳ですから、本業に支障が出にくい仕事を選ぶ事がベターと言えます。

例えば以下のような仕事が挙げられます。

 

 単発仕事

1日~数日限りで終了する仕事。

本業が休みの日や時間が空いている日の数日前にシフトを入れられる事も多く予定が組みやすいのが特徴的です。

また1日~数日で終了するため、本業に支障をきたす事なく入りたい日だけ仕事ができるのが利点と言えるでしょう。

ショットワークス等の単発仕事サイトを利用すると見つかりやすいかと思います。

職種:軽作業・試験監督・試食デモンストレーター・引っ越し補助・ピッキング・工場ライン作業・仕分け作業・倉庫作業など


 

 在宅ワーク

本業を抱えている人は出来るだけ体力仕事は避けたほうが無難です。

せっかく副業をしても体力的に疲れてしまい本業に影響を及ぼしてしまっては意味がありません。

その意味では自分のペースで仕事ができる在宅ワークもお勧めです。

そのほとんどがPC作業がメインになる副業が多く、普段からPCやスマホを利用する事が多い人にも向いている副業と言えます。

内職・株の売買・投資信託・FX・ネットオークション・ネットせどり・クラウドワークス・アフィリエイト・ドロップシッピング・アドセンス・ネット販売・フリマアプリ販売・アンケートモニター・治験・輸入ビジネス・テープ起こしなど


 

 シフトの融通が利きやすい仕事

シフトの融通が利きやすい仕事も副業に向いていると言えます。

本業を抱えているからには副業はどうしても休まなければならなかったり、本業の終了時間次第で副業に遅刻してしまうケースも考えられます。

そのような事を想定すると副業仕事は融通が利きやすい仕事がベターです。

コールセンター・軽作業・倉庫・大量募集の仕事・飲食店アルバイトなど

 

派遣の副業は土日が狙い目?

本業をしている方の場合には、休みである土日祝などに副業を検討する方が多いかと思います。

派遣社員を副業にする場合でも、特に土日はお勧めです。

派遣社員の場合でもやはり土日は人員が集まりにくく、どの会社でも人手が足りていないケースも多いです。

中には土日に限って時給アップを実施している派遣会社もあるので、そのような求人に絞って探す方法もあるでしょう。

 

また職種で言えばコールセンター等もお勧めです。

土日は顧客の在宅率が高いため、特にアウトバウンド・営業系のコールセンターであれば土日のみの勤務でもある程度の成績を残す事もできます。

逆に株式売買やFXは土日には場が閉まっているため副業には出来ません。

副業をする場合には曜日にもこだわってお仕事探しをするようにしたいですね。

 

派遣社員の副業まとめ

派遣社員の副業について幾つか挙げてみました。

時間に融通が効きやすい事や副業がしやすい事は派遣社員のメリットでもあります。

特に複数の仕事を抱える事が普通にもなってきている現在では、派遣社員のような柔軟な働き方が合っているとも言えます。

ですが副業であるからには、本業に支障のない程度に取り組むことが大切です。

余裕を持って仕事に取り組めるような副業を選択しておきたいですね。

 

もしまだ派遣会社が決まっていないようであれば、まずは派遣会社への登録が必要になります。

おすすめの派遣会社をご紹介していますので参考にしてみてください。

参考記事:おすすめの派遣会社

今回は「派遣社員の副業は禁止?バレるケースと稼げる職種」について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー