携帯電話ショップの派遣の仕事内容は?

携帯電話ショップの派遣の仕事内容は?

 

今回は携帯電話ショップの派遣の仕事内容について挙げてみたいと思います。

今では携帯電話の普及率も上がり、ほとんどの人が携帯電話を所持しています。特にスマホの

普及率は高く、もはや毎日手放せない存在になっています。さてそんな携帯電話の相談には

携帯電話ショップを利用する人も多いかと思います。また携帯ショップの店員さんは派遣社員で

構成されている事も多いものです。今回はそんな携帯ショップの派遣の仕事に触れてみます。

スポンサーリンク

携帯ショップ店員の仕事内容は?

さて携帯ショップ店員の仕事内容はどのようなものでしょうか。

ショップを利用した事がある人であれば何となくの雰囲気は分かる人も多いかと思いますが

大抵はショップのカウンターに座り、利用客の要望に応じたりサービス内容や故障等の相談に乗る

事がメインの仕事となります。具体的には以下のような仕事が挙げられます。

携帯電話の販売・説明

機種変更

プラン・サービス内容の説明

故障対応

携帯以外のインターネットや電力など関連サービスの案内

住所・電話番号等の各種変更手続き

携帯の活用方法等の提案

予約機種の受付

店頭でのPR・販促

データ入力・書類整理

店内の清掃

店内の装飾、ディスプレイの変更

特に顧客からは様々な質問がくる事が多く普段からスマホやPCを頻繁に利用している人の方が

向いていると言えます。また顧客も若年層から高齢者まで幅広く、携帯電話についての知識だけではなく

接客力やコミュニケーション力も求められます。またキャリア会社ごとに接客アンケート等を実施

している所もあるようなので、あまり下手な接客は出来ないと考えておいた方が良いかと思います。

未経験者でも応募可としているショップが多いように思いますが、実際には経験者の方が採用

されやすいように思います。事前に研修も行われますが実務では様々な知識を必要とする事が多く

研修内容だけでは実務についていけない人も多く出てきます。また新機種の発売や端末の技術的な知識

など常に新しい知識を吸収する姿勢を持っておかなければなりません。

売り場は大きく2つに分かれる

携帯ショップ店員は大きく分けると2つに分類する事が出来ます。1つ目は街でよく見かけるような

携帯ショップでの店員です。もう一つは量販店の中での店員になります。

まず携帯ショップ店員の仕事内容としては上記のように手続き関係やサービス受付がメインとなります。

相談相手になる事が多いので顧客とじっくりコミュニケーションを取って解決策を考えるというのが

メイン業務となるでしょう。

一方で量販店での仕事内容は機種変や新規機種の購入を検討している顧客に携帯電話を販売する事が

主な仕事になります。ショップ店員のように相談役というよりは量販店の方が営業要素が多少強くなる

と考えておいた方が良いでしょう。そのため話かけられるのを待つというよりは自分から積極的に顧客に

話しかけるスタンスで仕事を進めていかなければなりません。またその商品の特性や魅力をどのように

顧客に伝えられるかというコミュニケーションセンスも問われる仕事と言えるでしょう。

スポンサーリンク

携帯ショップ店員は稼げる?

携帯ショップに派遣社員として勤める場合の時給は1300円~1700円位に設定されている

事が多いかと思います。ショップは午前10時頃から夜20時頃まで営業している所が多く、

フルタイム勤務を希望する派遣会社が多いように思います。例えば時給1500円だとしても

週5日のフルタイム勤務であれば23~24万円程度の給与となり、一般的なOL職などと比較

しても遜色がないくらい高めな時給設定となっています。特に土日などは来店客が多くなる傾向があり

土日シフトを勤務できるスタッフは優遇される傾向があるように思います。また携帯キャリアによって

プロスタッフとしての資格取得制度が設けられている会社もあり、そのような資格を取れば時給がアップ

するケースもあるようなので、長期的に携帯ショップ店員での就業を考えている人は、取得を考えてみる

のも良いでしょう。

携帯ショップの仕事の難点は?

良い事づくめの仕事のように見えますが、当然携帯ショップ店員の仕事にも難点があります。

まずは女性職である事が多く携帯ショップに勤める人はほとんどが女性です。もちろん男性店員も

存在しますが多くは女性で占めると考えて良いでしょう。そのため派遣先ショップによっては

女性同士の派閥や複雑な人間関係が生じているケースもあり、女性職場が苦手なスタッフさんは

向かないと考えておいた方が良いかと思います。

また前述した通り新機種が次々に発売されたりサービスや料金プランも変更される・ネット系の

知識は進化していく事も多く、その都度新しい知識を吸収していく姿勢が求められます。仕事のために

ショップに勤めるというよりは、元からスマホやPC等をいじる事が好きで、むしろ趣味の延長でショップ

店員をしているというスタッフさんもいます。一概には言えませんがスマホなど機械系の仕事が不向きだと

考えている人はこの仕事に向かないケースもあるかもしれません。

また携帯ショップ店員はクレーム対応に追われる事が多いという事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

システム障害や端末の故障・問題の発端が見つからない場合など、クレームがその場で回避できない

トラブルもありますし、そもそも解決方法がショップだけでは導き出せないケースもあります。

センターに問い合わせをしても解決がしないケースや顧客に納得してもらえないケースもあり、

店員としてもストレスが溜まることは多々あります。私も以前通信会社に勤務していた事があり

ましたが、ショップからの問い合わせで顧客が店舗内で暴れているという通報を受けた事がありました。

その顧客は相談した内容が解決しなかったために徐々に態度がエスカレートし、ついには警察が出動

する事態になってしまいました。このようなケースはさすがに稀なケースではありますが、やはり対面

での接客業であるだけに、顧客への細かな配慮が求められるという事は言えるでしょう。

またショップによっては営業要素が強い店舗もあるので注意が必要です。例えば新しい機種が出たら

機種変更を余儀なくされる等、ノルマのような縛りがある携帯ショップもあります。

せっかく高い時給が設定されていても、このようなノルマで毎月のように自腹を切らなければならない

のであれば、元も子もありません。就業前にノルマ制や営業行為が含まれているのかどうかをしっかり

確認しておくようにしましょう。

また携帯ショップは制服が決まっています。各社が顧客に受け入れられやすいような綺麗な制服や

ユニフォームを着用しており、派遣スタッフも当然毎日その制服を着用する事になります。

その制服の洗濯は自分でやらなければならない事が普通で、持ち帰りの必要もありますし、頻繁に

洗濯をする必要があります。特に近距離での対面接客となりますので、清潔感のある制服着用が求められる

事は言うまでもありません。

携帯ショップ店員は派遣のお仕事の中でも比較的人気が高いことが多く、また時給も高めなので

希望している人も多いかと思います。しかし表面的な評判以上にショップ店員ならではの苛酷さや

人間関係の難しさがある事も事実です。それだけにこの仕事を通してコミュニケーションスキルが

身に付いたという人や携帯の知識に詳しくなったという人も多く、長く就業していけばそれだけ

自分の糧になる部分も多いかと思います。今後も新しい機種の登場やSIMスマホ等の台頭で、携帯

ショップ店員の仕事も更に忙しくなりそうですね。

 

携帯電話販売におすすめの派遣会社

携帯電話販売のような求人は派遣会社によって求人数にバラつきがあります。

そのためもし携帯販売のお仕事を目的に派遣会社に登録をするのであれば、携帯販売の求人数が多く、この仕事に特化している会社に登録をした方が良いでしょう。

派遣会社である「セントメディア」は携帯販売に強い派遣会社です。

※参考 セントメディアの口コミ・評判・特徴は?

↑こちらの記事でセントメディアについてまとめていますのでご参考にしてみてください。

またセントメディアでは専門職に特化している為、顧客に強い印象を与える接客術や、携帯電話の機種やプランなど充実した研修体制が敷かれています。

携帯販売を始めるのであれば派遣会社のサポート力も重視したいですね。

今回は派遣の携帯ショップ店員の仕事について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー