ブラック会社体験談 派遣 アパレルショップ編

ブラック会社体験談 派遣 アパレルショップ編

O・Sさん(仮名)

大手の派遣会社から、アパレルのオープニングスタッフとして働かないかと誘われました。

お洋服が好きだったし、一度はアパレルの経験もしてみたいと思い、その話を承諾しました。

アパレル会社の人との簡単な面接があり、その後即採用といった感じでした。

いざ仕事を始めてみると、上部の人が怖い感じで不安でした。またそのアパレルショップはブラック

という噂も出ていて、店長は休みが何ヶ月もなく、1日12時間以上拘束。給料も17万円くらいと

決して条件の良いお店ではありませんでした。また一緒に就業していたパート、派遣社員の人は

アパレル経験者ばかりで、私は接客業の経験はありましたが彼女たちに馴染むことは出来ませんでした。

またショッピングモールの中の一角にお店があったので、建物を作るときの薬品?の匂いのせいなのか、

空調のせいなのか、室内の匂いをずっと嗅いでいると倒れそうになります。しかし誰とも仲良くなれな

かったので、誰に対しても体調不良を訴えることも出来ませんでした。最初はオープニングまでの準備

だったので、そこまで辛くはありませんでしたが、問題はレジの操作でした。接客業の経験はあっても

それぞれの業種でレジ操作は違います。私は店内の異臭や人間関係の悪化で精神的なストレスにより、

集中してレジの操作を覚えることが出来きませんでした。また「よくレジ操作を覚えておくように」と

店長から言われました。またいざ接客を初めて見たものの、接客はひとつもうまくいきません。

お洋服を畳むのも実は得意ではないし、見かねた店長が「俺がやります」と途中で言ってくれるのですが、

隣に人がいると、余計緊張してしまいます。ギフト券での支払いも一度で覚えることは出来ず、

クレジットカードの署名を忘れることも度々ありました。おまけに、働いている人の何人かは子持ちの主婦

で、15時から17時の間で帰宅することが多く、もう1人はバスで通勤していたため、遅番は私ともう一人

だけでした。もう1人遅番で働けそうな人がいたのですが、なぜかその人は遅番メインにはならず、

私ともう1人の人と店長が遅番でした。遅番のレジ締めもなかなか覚えることが出来ず、店長をイライラ

させてしまうことがあり、何度も注意を受けました。また仕事が厳しいだけではなく金銭的な負担も

強いられました。ショップではそのお店の服を着て接客をしなければならなかったので、定期的に

店の洋服を購入しなければならなかったのです。3割引きくらいで購入できる事は多かったものの、

やはり派遣の安い給料から洋服代が消えていくので、生活は厳しかったです。

そしてやがて、新入社員が入ってきました、そしてそこで分かった事は、私たち派遣社員は、新入社員が

入るまでの繋ぎでしかなかったという事です。パートの人は、その後継続して働くことも出来たようですが、

派遣は期間満了で終了となりました。結局私は、その後、過呼吸を起こして、声がしばらく出せなくなり

辞めました。精神的なストレスに弱く、至らない点が多かった自分も悪いとは思いますが、きちんと即戦力に

なるかどうかも判断せず、使い捨てにされたので派遣社員は今後もうやらないと思いました。

大変な職場でしたね。アパレルショップでの派遣就業は意外に難しいという声はよく聞きます。

その理由としてはまずショップ内で派遣スタッフとして働いている人がいないケースが多い事・(大抵は

他スタッフは正社員とアルバイト)、もう1つは派遣スタッフが少ないだけに現場で十分な研修体制などが

取られている事は少なく、派遣スタッフは正社員が接客する裏方で自分の仕事を探しながら作業をしていく

ケースが多い事が挙げられます。社員の人の中に1人でも丁寧に仕事を教えてくれたり身近で接してくれる

人がいれば大分違ってくるのですが、実際にはショップ内では派遣スタッフは浮いてしまう事も多いようです。

ですがそのような不親切な派遣先であれば退職して正解だったのかもしれませんね。

今後の新しい職場でのご活躍をお祈りしております

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ


第2位【大手・好待遇のお仕事なら】 リクルートスタッフィング


第3位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド