一般事務の派遣の仕事内容は?

一般事務の派遣の仕事内容は?

 

今回は派遣の一般事務のお仕事について挙げてみたいと思います。

一般事務と言うともはや派遣職種の中でも定番といったイメージを持つ人もいるかと

思いますが、それくらい一般事務を希望するスタッフも多く、以前から人気の職種でもあります。

一般的なオフィス等だけではなく官公庁や各種団体等、どの職場においても必要とされやすい職種

であり、今後も一般事務は変わらず人気職種として推移していくでしょう。

スポンサーリンク

一般事務の仕事内容は?

一般事務の仕事内容はその名の通り、事務作業がメインとなります。書類作成・契約書作成・見積もり作成・

伝票作成・データ集計・ファイリング・メール応対・経理・庶務・郵便物・FAX確認などの作業が中心に

なってくるでしょう。また一般的には事務作業に付随して電話応対や来客対応などある程度オールラウンドに

動ける能力が必要とされます。一般事務職に就くには特に仕事などは必要はありませんが、PC作業がメインと

なってくる為、ワード・エクセルスキルは必須となってきますしアクセスやパワーポイント等が出来れば

尚よいとされます。また事務作業だけではなく対面や電話での顧客対応が求められる場合が多いため、

敬語やビジネスマナー・常識知識・コミュニケーション力なども必要とされます。また社内での留守番役や

窓口対応としての一面を持つなど、柔軟に対応できる能力が求められるケースも多く、少し地味なイメージ

ではあるものの、会社内の縁の下の力持ちと言った職種でもあります。また一般事務は事務員としての仕事も

こなしながら一緒に働く従業員が円滑に仕事をこなせるようにサポートする役割も占めていますので、

他メンバーとコミュニケーションを取りながら仕事を進めていける柔軟な人物が望まれる所でしょう。

周囲の人間が円滑に仕事を行うためには自分が今なにをすれば良いかを常に考え、周りの人間が活動

しやすいように相手の立場や心情を考えて行動する事も必要になってきます。

派遣職種の中で一般事務が人気なのは女性が就業しやすいイメージである事や、比較的長期で安定して

仕事を続けられるといったイメージがこの職種にあるからだと思われます。

一般事務は派遣社員が多い?

実際に企業内においても営業職は正社員が務めているけれども、一般事務は派遣スタッフに任せて

いる、という会社も少なくありません。一般事務は社内でも重要な仕事ではありますが、専門的な仕事

を任される事は少なく、ある意味ではある程度のPCスキルがあり慣れていけば誰にでも出来る仕事である

という見方も出来ます。逆に言えば企業からしてみれば本来は許される事ではありませんが、

人の交換が効きやすい職種という考え方を持っている所もあり、一般事務員として長期的に勤めるからには

自分なりの得意分野や強みを持っておきたい所です。例えば英語や中国語などの語学スキルに秀でているとか、

取引先に顔が知られていて融通が利く・事務だけではなく営業分野もこなせる等、他とは替えが効かない

自分だけの個性や強みを持っておくと良いでしょう。

この事は仕事が始まる前の選考段階から同じことが言え、一般事務は応募者が多い事から、単純に

PC作業ができるというだけでは仕事に就けないケースも出てきます。やはり企業としては未経験よりは

経験者を求めたりMOSや簿記等の資格を豊富に所有している・ヒューマンスキルが他人よりも高い人

などは優先的に採用される傾向もあります。その企業が一般事務員に何を求めているのかにも

よりますが、他の事務員と差を付けられる強みを持っているという事は大切です。

スポンサーリンク

一般事務と営業事務の違いは?

よく派遣の求人を見ていると事務員の募集でも「一般事務」と「営業事務」という求人枠がある

場合があります。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

確かに名称は違いますが、特別にその違いについて意識する必要はないかと思います。

強いて言えば一般事務は部署や部門に限らず、データ入力やファイリング・電話応対等、事務員としての

作業をこなす事が多いように思います。それに対し営業事務は主に企業の営業部門での製品やサービスの

受発注や見積書・請求書作成、売掛金管理、データ入力など営業活動に関わる事務業務を担当する事が

多いでしょう。つまり担当する部門・部署の違いやそれに付随する書類作成の違いなどはありますが

この2つには実は明確な定義の違いはなく、両方とも事務作業がメインである事に変わりはありません。

また会社によっては一般事務と記載されていても実際には経理事務をやらされる事があったり、営業事務と

記載されていても一般事務のような事しか任されないケースもあり、会社によりけりとしか言いようがない

のが実際の所です。

ですがエントリー時に自分の売り込みをする意味では、以前に営業職を経験していたという人であれば

営業経験を活かしつつ事務員も兼務できるという事から、企業からしても採用しやすいとも考えられますし、

また一般事務で中々仕事に就けないという人も、抵抗がないようであれば営業事務も視野に入れて同時に

応募してみるのも良いかと思います。一般事務にしても営業事務にしても特別な区分を設けずに積極的に

エントリーをしていきたい所です。

一般事務は稼げる?

一般事務は稼げるかといえば多くを稼げるような職種とは言えないでしょう。

事務とは言ってもその職種や種類により時給は異なり、いわゆる一般事務は1200~1500円

程度の時給に収まる事が多いのに対し、英文事務や金融事務・秘書事務・特許・会計などでは

1600~1700円以上の事務職も少なくありません。また会社にもよりますが事務職は比較的残業が

少ない事から、やはり時給額が毎月の給与額に直結する事が多く、昇給するケースも少ない為、入社時の

設定時給でほぼ毎月の給与が決定してしまうという場合が多いものです。そのため事務職として収入を

上げていくのであれば、本業をこなしながらスキルアップを図っていく必要があります。例えば語学を

身に付けるためにスクールに通うとか専門職の資格を取得する等、一般事務だけに留まらず他の業種の

事務員としても適応できるような能力・スキルを身に付けていく事も考えられます。また私の友人では

一般事務をこなしながら、得意の語学スキルを活かし午後時間や休日に通訳業務の仕事を副業として

シフトに入れている人もいます。派遣は通常は副業禁止の規定もないため、事務だけでなく他の仕事も

兼業しながら稼ぐという考え方もあるでしょう。どのような働き方をするかは人それぞれですが、シフトに

融通が利く点や自由な働き方を実現しやすい点は派遣社員のメリットの1つだと思います。常に自分らしい

働き方を模索していきたいですね。

事務・オフィスワークに強い派遣会社

事務やオフィスワークは派遣会社の中でも求人数が多く、またスタッフさんに人気の職でもあります。

それだけに最初の入り口となる「派遣会社選び」が大切です。

※参考 事務・オフィスワークに強いおすすめの派遣会社は?

こちらの記事でも一般事務やオフィスワークに強い派遣会社をまとめていますのでご参考にしてみてください。

今回は一般事務の派遣の仕事内容について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ


第2位【大手・好待遇のお仕事なら】 リクルートスタッフィング


第3位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド