営業職の派遣の仕事内容は?

営業職の派遣の仕事内容は?

 

今回は派遣の営業職について挙げてみたいと思います。

営業職と言うと正社員や契約社員があたっている仕事と考える人もいるかもしれませんが

派遣社員でも営業の仕事をしている人がいます。中心核である営業からその補助役にあたる

営業アシスタントに就く人まで、営業職とは言ってもその仕事は様々です。

個人か法人か

まず派遣の営業職で区分をするとすれば個人か法人かに分けられます。

顧客対象を個人相手なのか法人(企業)相手なのかによってその仕事も変わってきます。

考え方にもよりますが法人営業の方がハードルは高いと考えられる事が多いものです。

個人営業よりもビジネスに対する姿勢や商品知識が必要となる事もあり、また相手法人が

必要とするニーズや資金力・アイデア力・提案力など様々な要素が求められます。

またいくら提案する商品自体が素晴らしいものでもそれをより魅力的に魅せる交渉力やプレゼン力

も必要とされ、コミュニケーションスキルも高いものが必要とされるでしょう。

また市場動向や相手企業のニーズを踏まえた新商品の提案や活用方法、競合を意識した価格や納期の

見直しなど、常に周囲の状況を意識した営業活動が求められます。

一方個人営業に関しては顧客対象も老若男女さまざまな人がターゲットとなり、スキル自体が高い

ものを求められる事は少ないものですが、どちらが難しいかと言えば個人営業と答える人も多い

ものです。法人相手であれば実際に商品の購入資金を出すのは企業自体であり、個人ではありませんが

個人相手の場合には当然お金を出すのはその人自身であり、懐が痛むのもその顧客です。

特に飛び込み営業や新規開拓等の場合にはまずその商品を知ってもらう事から始まり、そこから

ニーズ換気をして売り込みに至るというハードルがある為、販売まで結びつける事は簡単では

ありません。商品知識等や基本的な営業力はもちろん必要ですが、個人営業の場合にはその営業マンの

人柄が成約に結び付くケースも多く、コミュニケーション能力が求められます。

スポンサーリンク

派遣の営業職の3形態

派遣の営業を主に3つに分けると新規開拓・ラウンダー・ルート営業に分ける事ができます。

大まかな内容を以下に挙げてみます。

新規開拓営業

まず新規開拓営業とはその名の通り、全く面識のない人に対して営業をかける形態です。

外勤の新規開拓であれば訪問販売なども新規開拓にあたりますし、内勤であればテレアポによる

アポ取りや電話セールス等が該当するでしょう。皆さんも一度は家に営業マンが突然来たり

営業電話がかかってきたりした経験があるかとは思いますが、大抵の顧客は門前払いである事も

多く、新規開拓の場合には成約を取ってくるのは簡単ではありません。その商品の売り込みやすさ

によっても変わってきますが、営業形態の中で最もハードルが高いものと言えるでしょう。

企業によっては成果報酬制としている所もあり、受注に結び付いた分だけ給与が上がる仕組みを

採用している所もあります。

ラウンダー営業

ラウンダー営業に関しては既に取引のある企業に自社の商品を置いてもらったり、売り場レイアウトを

売り場の人間と考えていく・企画を考える・POPの作成・在庫調整などがメインの仕事になってきます。

既に取引のある企業なので新規開拓と比較すれば当然に営業としてのハードルは低いと言えます。

また定期的に同じ売り場を巡回していく仕事になるので、1つ1つの売り場の人間とじっくりお付き合い

していける人が向いているとも言えます。また売り場の販売状況を見て、レイアウトや商品構成を

考える等、改善案を見い出せる能力も必要ですし、売り場の人間が困っている所はどこか聞き出す

ヒアリング力も欲しい所です。要するにラウンダーに必要なのは、売り場が抱えている問題点を見つけ

出し、その解決方法を考え、それを実践し売上げアップや現場の問題点を解決に導く能力が必要とされます。

新規開拓営業と比較すれば長期的にラウンダーとして就業している派遣社員も多く、中にはラウンダーとして

派遣先で認められれば正社員や契約社員として直接雇用されるケースもあり、ある程度長期間腰を据えて

勤務したい人も向いている仕事と言えるでしょう。逆に言えばラウンダーは固定時給制のケースが多い為、

新規開拓等のように歩合やインセンティブは付きづらく、高収入を狙いたいという人には不向きかもしれません。

ルート営業

ルート営業はラウンダー営業と同じ意味で用いられる事も多いものです。主にすでに取引のある企業を

定期的に巡回して、配送を兼ねて得意先を回り、再び注文を受けることが主な業務となります。

ラウンダーは売り場改善がメインとなる事が多く、ルートセールスもその要素は含みますが、商品の配送を

兼ねて現場の意見を聴きながら自社の商品の提案・売上げを伸ばす事がメインの仕事になります。

ラウンダーよりは多少売り込み営業色が強い傾向があるのがルート営業と言っても良いかもしれません。

またルートセールスの場合は巡回がメインとなる為、車の免許が必須となる事が多いです。

また現場によっては残業や出張が入るケースもあり、どちらかと言えば独身派遣社員の方が向いている

と言えるでしょう。またラウンダーと同じく派遣先で仕事ぶりが認められるとそのまま正規雇用に結び

付く場合もあり、長期派遣を希望している人にも向いていると言えます。

派遣の営業職は大変?

さて派遣で営業職を希望すると言っても単発や短期・長期・紹介予定派遣まで様々な契約形態があります。

ただどの形態を選ぶとしても商品知識はもちろん、相手のニーズを引き出すためのコミュニケーション能力

や提案力、交渉力、また、目標に向かう強い実行力が必要となるのは言うまでもありません。

また派遣会社・派遣先からしてみれば営業は販売人員の要であり、その人員が抜けると引継ぎが難しく

なるケースというのも少なくありません。例えば今まである売り場に精通していたラウンダーが突然

退職をしたとなれば、派遣会社は新しい人員を派遣するにしても売り場とのコミュニケーションも一から

築き上げなければなりませんし、突発的な退職が売り場への信頼も損なう可能性があります。

その意味では派遣の営業職種はいわゆる「融通の利きやすい派遣社員」というイメージとは一線を引いて

考えなくてはならないのかもしれません。また営業職はルーティン業務と異なり、日々売上げや営業数字に

追われる事によってモチベーションや気持ちに浮き沈みが生じやすい職種です。営業にはよく負けず嫌い

な人が向いているとも言いますが、自分の精神面を上手くコントロールし自己管理できる力が営業職には

必要であり、それはもちろん正社員であろうと派遣社員であろうと同じです。日々充実し、自分らしく働ける

派遣の営業職を見つけたい所ですね。今回は派遣の営業職について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー