ピッキングの派遣の仕事内容は?

ピッキングの派遣の仕事内容は?

 

今回はピッキングの派遣のお仕事について挙げてみたいと思います。

ピッキングは派遣のお仕事の定番とも言えるお仕事の1つで経験をした事がある人も多いかと

思います。特に体力仕事や軽作業系の派遣仕事が好きな人であれば経験をした人も多い事でしょう。

工場や倉庫だけではなく最近ではネット通販やテレビショッピング系など、様々な企業でピッキング

職の募集を行っています。

スポンサーリンク

ピッキングとは?

ピッキングとは伝票や指示書にしたがって工場や倉庫などで商品を取り出していく作業のことです。

1人で行う作業も多く、かご車や台車を移動させながら該当の商品の所まで移動し、その商品を取って

くる作業がメインになります。会社によって、ピッキングする商品はいろいろあり、本やCD・衣料品、

雑貨や酒類、おもちゃ・生鮮食料品などその会社によってピックする商品は様々です。

工場や倉庫の広さはその派遣先によって様々ではありますが、大抵は商品の場所が分かり易いように

壁や什器に印付けがされている事が多いので、商品探しに困る事はさほどありません。例えば伝票を見て

その商品が「A-5-○○○○」と記載されていれば、A-5の印付けがされている位置までかご車を

移動させて取りに行くといった感じです。その倉庫で1日仕事をすれば大体のコツは掴めてくるでしょう。

ピッキングする商品によって仕事のきつさが変わる事もよくあり、例えば衣料品や雑貨など、軽めの

商品がメインであればそこまできつくない事も多いですが、逆に飲料品や酒類などのピッキングでは

重量が重い商品という事もあり、男性が中心でピッキングにあたっている職場もあります。

ピッキングに慣れてくると、かご車に乗せる商品の向きや位置を考えるようになったり、倉庫の中での

ピックする最短ルートを考えるようになる等、自分で工夫をしながら仕事を進めていけるようになります。

いずれの派遣先もスピード・正確さ・商品を丁寧に扱うといった3点を重視する企業が多いように思います。

またフォークリフトなど免許を所持していると優遇される事も多いでしょう。

生産性を強く求める企業も

ピッキングと言うと自分のペースで仕事ができるとイメージする人もいるかと思います。

確かにそのような派遣先もありますが、中には時間当たりの生産性を強く求める企業等もあります。

例えば大手通販サイトのピッキング倉庫ではスタッフに端末ハンディを常時させ、そのスタッフが時間

あたりどれだけの商品数をピッキングしているか・棚入れやピッキング商品に誤りがないか・作業時間

・商品場所から商品場所までの移動時間など細かく管理をされています。つまり1人1人の派遣スタッフに

求められる生産性レベルが決められていて、そのレベルに満たないスタッフは最悪の場合、期間満了などで

契約が解除されてしまうケースもあります。しかし一方では同じ通販サイト系の倉庫でもほとんど生産性を

求められる事もなく自分のペースでピッキングができるという派遣先もあり、ピッキングと一言に言っても

職場によってそのやり易さは格段に違いがあります。こればかりは口コミや既に就業している人の話を聞いて

判断するしかありません。

スポンサーリンク

ピッキングは人間関係が苦手な人向き?

ピッキング作業をしている人は色々な人がいます。男性女性問わず働いていますし、また年齢層も若年層~

中高年まで幅広い年齢層が就業しているのも特徴的です。ピッキングは基本的には黙々と1人で行う事が

基本になるので人間関係が苦手な人や、仕事だけに集中して取り組みたい人にも向いていると言えます。

特に昨今では職場での人間関係を苦手とする若者が多く、人間関係が希薄な職場を望む人や、仕事だけに専念

したいと考える人も多くなっている為、ピッキング職を好んで選んでいるという人も多いものです。

ピッキングの時給は?稼げる?

ピッキングの時給は単純作業という事もあり1000円前後の時給が設定されている事が多いように

思います。誤解を恐れずに言えば慣れてしまえば何も考えていなくても誰でもできるような仕事でも

あるので、専門職のような高時給が設定されている事はほとんどありません。またピッキング倉庫や工場

では残業を求められるケースも多く、特に通販系などではクリスマスや夏休みなど買い物シーズンでは

残業を毎日のように求められます。ピッキングで稼ぐという人は時給自体は低いものの、その分残業などで

時間数を多めに働いて稼いでいる人が多いでしょう。

ピッキング職は将来的になくなる?

比較的人気のあるピッキング職ではありますが、将来的にはこのピッキング職はなくなるのでは?

という声も聞かれています。例えばAmazon等では既に多くの部分で自動化・機械化が進んでおり

商品の棚入れや注文を受けた際の棚出し作業などは既に自動化されています。例えばベンダーから

商品が入荷された際には商品の大きさと個数に適したサイズの商品棚が自動でロボットによって運ばれきたり、

商品がいっぱいになった棚は自走して一定の場所に戻っていく流れになっているようです。また顧客から

注文が入った場合でも該当商品を収納している棚をシステムが自動で判別し、最も効率的なルートで棚出し

場所まで自動的に移動するといったように自動化がなされています。Amazonに限らず様々な倉庫・工場で

これらの自動化・機械化は今後増々進んでいくと見られており、将来的には多くのピッキング職から人手による

労働力が必要なくなるのでは?と見られています。複雑な工程ではまだまだ人手による作業は必要とされる

ケースは多いものの、やはり長い目で見ればピッキング職というのは人間の手を離れていくというのが

自然な流れかとも思えます。また今大量のピッキング作業員を抱えている派遣先企業はそのスタッフや

従業員の今後の取扱いにも配慮していく必要があるでしょう。ピッキングに人手が要らなくなったから

と言って突然に一斉解雇する訳にはいきませんし、特に大手がそれを行えば社会問題に発展するケースも

考えられます。単純に機械化が進行すれば良いという問題だけではなく、別の新たな現場での就業の斡旋や

仕事の確保等、今雇用している従業員の今後の取扱いにも注目が集まる所でしょう。

今回は派遣のピッキング職について挙げてみました。

お勧めの軽作業・工場系サイト

ピッキング等の軽作業や工場・製造系のお仕事を探すには、特化したサイトで探す方が効率的です。

また他の求人媒体では見ないような独自の求人が掲載されている事も多くあります。

参考記事:工場・軽作業に強いおすすめの派遣会社 

こちらの記事でも製造・工場系の求人をご紹介していますので是非ご覧になってみてください。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー