データ入力の派遣の仕事内容は?

データ入力の派遣の仕事内容は?

 

今回はデータ入力の派遣の仕事について挙げてみたいと思います。

データ入力というのは名前からしてもわかる通り、入力業務が主なお仕事内容になります。

主にはPCでのデータ入力がメインとなり、1日中入力業務をコツコツとしているのが本来の

データ入力のお仕事になります。しかし実際にはデータ入力だけの派遣仕事というのは少なく、

それに付随する業務を兼務する事が一般的です。

スポンサーリンク

データ入力だけの仕事は少ない?

さてデータ入力と言うとPCに向かって黙々と入力をこなしているだけの業務に見えますが

実際にはデータ入力だけのお仕事はさほど多くはありません。多くは電話対応や事務作業・ファイリング

・資料作成等の仕事を兼務している事が普通で純粋にデータ入力だけをやらされるという事は少ない

でしょう。本当にデータ入力だけの人員が欲しいのであれば昨今ではクラウドワークスやランサーズ等、

入力人員は安価に必要なだけ揃える事が出来ますので、それ以外の仕事も任されると考えておいた方が

良いかと思います。派遣会社が求人募集をする時に電話応対や事務作業を含むとするとエントリー状況が

芳しくないケースも多く、データ入力というキーワードは人気職であるため、多くの派遣会社がこのキーワード

を用いて事務職の募集をしています。そのため派遣スタッフとしては求人にデータ入力と記載があったと

してもその他にどのような業務を担当する可能性があるのか、派遣会社担当者や派遣先にあらかじめ確認を

しておく必要があります。

データ入力で必要なスキルは?

データ入力は前述したように他の仕事を兼務する事が普通です。資料作成と併せてデータ入力・コールセンター

のオペレーターと併せてデータ入力など、メイン業務に付随したデータ入力が多く、その場合はデータ入力

自体のスキルはあまり高いレベルが求められない事も多いかと思います。少なくともブラインドタッチに近い

程度の入力が出来ればどの職場でも大抵は問題なく就業ができます。

しかし一方で純粋にデータ入力のみを行う派遣先においてはやはり入力スピードや正確さが求められて

きます。その派遣先の水準にもよりますが例えば1分間のタイピング文字数が100文字以上・1日で

500件のデータ案件をこなす必要がある等、入力のスキル自体が求められる派遣先もあります。

また入力だけではなく校正のように文章等のチェック業務を行う場合もあるでしょう。

また資料作成等を兼務する場合にはWORDやExcel・PowerPointやACCESS等、

各ソフトを使えると便利です。特にWordやExcelは基本スキルとして必要ですし、PowerPointや

accessは使えると業務の幅も広がってきます。またMOS(Microsoft Office Specialist)などの資格

取得を検討する人も多いようです。またデータ入力を通してスキルアップを図り、事務処理能力が

アップしてくれば他の事務系職にも潰しが効く事もあります。例えば貿易事務や英文事務など、

自分が専門分野の勉強を積んでいく事によって、一般的なデータ入力だけではなく他業界への進出を

考える事も可能になってきます。

スポンサーリンク

データ入力の時給は?稼げる?

データ入力の時給や給与としては一般事務と比較してもさほど高い案件は多くはありません。

時給も1000~1300円程度の案件が多く、週5でフルタイムで就業したとしても月給ベースで

18~20万円前後が相場といった所でしょう。またその派遣先によっても大幅に時給は異なり

例えば金融系のコールセンターでデータ入力を付随したオペレーター業務であれば時給1500円以上

支給される派遣先もありますし、データ入力だけでも日本語ではなく英語や中国語の入力業務であれば

同じく高い時給で就業できる場合もあります。しかし一般的にはデータ入力自体は専門職といったイメージ

は薄く、誤解を恐れずに言えば慣れればどのようなスタッフでもこなせるお仕事として、平均並みの

時給が設定されている事が一般的かと思います。

データ入力ならではのメリット・デメリットは?

データ入力のメリットは色々とあるとは思いますが、1つとして無心で仕事に打ち込める事が

挙げられるかと思います。人によって仕事に対する想いというのは様々かとは思いますが、

中には仕事内容に変化を求められたり干渉されたりする事が嫌いだったり、仕事に頭を使いたくない

という人もいます。データ入力は慣れてしまえばある意味では頭を空っぽにしていてもできる業務なので、

無心で仕事に取り組みたいという人にとっては向いているとも言えます。また使うのは主には目と手だけ

なので、副業で体力仕事をしている人やプライベートを充実させたい人等にとっても向いていると

言えるでしょう。

逆に難点としてはやはりその仕事の特性上、肩・目・手が疲れやすいという事です。

しかもフルタイムの場合にはこれが毎日の事なので、慢性化してしまう可能性もあります。

そのため定期的に運動をする・目薬等の常備薬を準備する・ブルーライトカット等のメガネを用意する・

家ではなるべくPCに触れない等、自分ができるだけ快適にデータ入力に取り組める環境を整備する事が

大切になってきます。また単調な仕事であるため、他スタッフや従業員とのコミュニケーションも

希薄になりがちな部分が多く、コミュニケーションを積極的に取りたくないという人にとっては

適職と言えるかもしれませんが、逆に職場を通して色々な仲間と出会いたいと考える人にとっては

不向きな職場になってしまう可能性もあります。データ入力とは言ってもその仕事には利点・難点が

それぞれありますが、自分がその仕事を楽しいと思えるか・長期的に取り組んでいけるかどうか等を

じっくりと考えた上でエントリーしたいものですね。

データ入力に強い派遣会社

データ入力は派遣職種の中でも人気職種であり、また派遣会社によってその求人数は様々です。

より自分に合った求人を見つける為には、データ入力の豊富な求人を抱えた派遣会社に登録する事が近道となります。

※参考 データ入力に強いおすすめの派遣会社は?

こちらの記事でもデータ入力に強い派遣会社をまとめていますので参考にしてみてください。

今回はデータ入力の派遣の仕事について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー