コールセンターの派遣の特徴・仕事内容は?

今回はコールセンターの派遣のお仕事について挙げてみたいと思います。

派遣の仕事の中でも定番と言って良いほど多いのがこのコールセンター職種です。

今まで派遣スタッフとして長く就業してきた人の中にも1度はコールセンターを経験した人も多いのではないでしょうか。

今まではクレーム応対や電話番というイメージが多かったコールセンターですが、近年では商品開発や品質向上の一環としての職種としても
注目を集めています。

スポンサーリンク

コールセンターはどのような仕事?

コールセンターのお仕事は主に発信と受信に分かれます。

派遣スタッフが受け持つ仕事はどちらかと言えばやはり受信のお仕事が多く、またスタッフからしても受信の方が人気がある傾向があります。

やはり自分から積極的に電話をかける発信のお仕事よりは、電話が鳴るのを待って問い合わせを受けたいという受信の職種の方が
スタッフには人気のようです。

 

顧客は法人の場合もありますが、派遣スタッフが担当するのは主には個人顧客が中心となっていて、また個人客よりは法人客相手の方が必要とされる
業務レベルが高い傾向があります。

またコールセンターによっては個人客は派遣スタッフが、法人客は契約社員や社員が担当にあたっているコールセンターもあります。

最近ではPCで件数管理しているコールセンターが殆どで、受信にしてもスタッフが時間あたり何件の電話を受けたか・発信にしても時間あたり何件の電話を発信しているかといったように、スタッフ毎に仕事量や生産性を重視しているコールセンターが多いように思います。

また仕事の生産性だけではなく顧客へのCS(顧客満足)を掲げているコールセンターが多く、応対品質や顧客からの意見を率直に取り入れようとする
コールセンターも目立ってきています。

コールセンターの業種は様々

コールセンターを導入する業種は様々で金融・サービス・不動産・小売等、様々な業種でコールセンター人員が取り入れられています。

例えばある企業でキャンペーンや新たな事業を立ち上げようとする際には、顧客からの質問等に応じる窓口が必要になります。

メール等でも対応はできますがより親近感のある説明や具体的な説明が求められる現場では、やはりメールやチャット応対だけではなく、
人の声による対応が必要という事もあります。

また一企業が最初からコールセンター人員を集めようとしても人件費が多額にかかりやすい事やコールセンター事業のノウハウが無い事から
運営が非効率になるケースも多く、コールセンター事業を手掛ける派遣会社に業務を依頼する事で効率的に事業を進められるといった利点がある事から
導入されるケースもあります。

 

派遣スタッフが任されるお仕事も千差万別で、カスタマーサポートや電話営業・テクニカルサポートやマーケットリサーチなど様々です。

例えば保険会社のコールセンターであれば受診の問い合わせ受付や発信の営業職を任される事もありますし、販売系の会社であれば
顧客からの商品受注受付やクレーム対応にあたる事もあります。

コールセンター職とは言ってもその企業により仕事内容は様々で、入社時にその内容をしっかりと確認しておく必要があります。

男女比は2:8程度

コールセンターにもよりますが大抵のコールセンターでは女性が多めです。

幾つかのコールセンターの職場を廻ってきましたが、大体は7:3~8:2くらいの割合で女性が多めという職場が多いように思います。

 

また業種によっても異なり、例えば自動車買取りのコールセンターではメカニックな知識が必要という事もあり男女比は6:4位で男性の割合が多い
コールセンターもありますし、PC修理受付等のテクニカル系のコールセンターでも男性の割合が多い所もあります。

逆に化粧品関係のコールセンターでは殆どが女性で、男性は数える程しかいないというセンターもありますし、通販系なども女性スタッフが多めです。

職種や取扱い商品によっても男女比が出やすいのがコールセンターの1つの特徴とも言えるでしょう。

関連記事:コールセンターのバイトは男性も活躍できる?男女比は?将来性も解説

 

またコールセンターの組織図としてオペレーター(コミュニケーター等会社によって呼称は様々)→SVマネージャーセンター長のように
ある程度の上下関係はあります。

マネージャー職やセンター長は男性である事も多いものですが、職場自体が女性の割合が多いので、コールセンターでは肩身が狭い管理職男性も多い
ものです。

特に周囲の女性を怒らせてしまいセンターで嫌われ者になってしまう男性管理職を過去に何人か見てきました(泣)。

コールセンターでは女性割合が多く、中には派閥がいくつか出来てしまうようなセンターもあり、肌に合わない人はすぐに辞めてしまう人もいます。

離職率が高いコールセンターでは、昨日いた人は今日はいない、なんて光景も珍しくはありません。

スポンサーリンク

コールセンターの時給は?稼げる?

コールセンターの時給は現在では都心でも1000~1300円程度が一般的かと思います。

特に金融系・通信系等は高めに設定されている事が多く、1500円前後の時給が出る事もよくあります。

証券・FX・銀行系・大手通信会社などはやはり時給が高めな派遣先が多いでしょう。

中には外務員資格や深夜のコールセンターに応募し深夜手当が支給される事で2000円前後の時給をもらっているスタッフさんもいます。

 

一方で小売やサービス業は比較的低めな会社も多く1000円前後で募集されている事も珍しくありません。

派遣スタッフによって自分に合った職種は様々ではありますが、時給だけに捉われずに出来るだけ長く就業できる派遣先を見つける方が良いかと思います。

ママさん等にも最適?

コールセンター職は小さなお子さんがいるお母さんやダブルワークをしている人にとっても比較的働きやすい派遣先という事は言えます。

例えば休暇を取るにしても、これが販売職であれば売り場の人員にも制限があるため、1つの持ち場に対して責任割合が高くなり、簡単に休む事はできません。

もちろんコールセンターが簡単に休めるという意味では決してありませんが、例えば小さなお子さんが急な発熱でお休みせざるを得なくなったとしても、
コールセンターは同じ業務をこなせる他人員がたくさんいるので休暇なども取りやすく、シフトに融通が利きやすい職場という事は言えるかと思います。

柔軟に融通が利きやすいのも派遣という形態のメリットの1つではあるので、この点も十分に活かしたいですね。

ポイントは割り切ること?

コールセンターでの離職率は実際のところ、高めです。

元々短期的に収入の間に合わせでコールセンターに応募する人も中にはいますが、残念ながら仕事や派遣先に馴染めずに辞めてしまうという人も
少なくありません。

幾つかのコールセンターを見てきましたが離職率が高いセンターも多く、長く就業できる人に共通している点としては人付き合いが上手な人・
あまり小さな事に悩まない人などが向いているようにも思えます。

また私語禁止のセンターでなければ受信のコールセンターでは特に電話が入ってこない時などに隣席との人との会話が生まれる事も多く、
仕事中にあまり人付き合いを持ち込みたくない人は発信のセンターに行く人もいます。

コールセンターで働く上では、あまり深く考え込まずにリラックスして臨むことが大切なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コールセンターでお勧めの派遣会社

派遣社員としてコールセンターで働く上では、人によっては不安やトラブルを抱えてしまうケースもあります。

その為にもサポートが手厚い派遣会社やコールセンター職に強い派遣会社を選ぶことが大切です。

↓こちらの記事でコールセンターに注力している派遣会社をご紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

コールセンターに強い派遣会社>>



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー