派遣先で面接をしたら他社のスタッフが採用された?

派遣先で面接をしたら他社のスタッフが採用された?

 

今回は派遣社員の面接について挙げてみたいと思います。

派遣の仕事を経験した事がある人であれば、仕事を紹介してもらう際に派遣先に事前の面接や

顔合わせに行った事がある人も多いかと思います。中には複数の派遣会社と合同で面接を行い、

選考の結果、自分は採用されず他社のスタッフが採用されたというケースもあるでしょう。

派遣先は事前面接は禁止されている筈ですが、このような事が許されるのでしょうか。

スポンサーリンク

そもそも派遣先での面接は許される?

さてそもそも派遣先で採用面接を行う事は許されるのでしょうか。

法的にはこれは許される事ではありません。派遣先で行う面接というのはスタッフの選別行為にあたり

派遣先はスタッフを選別する事はできず、どのスタッフを派遣するのか決定をするのは派遣会社です。

もし派遣先で面接のような行為が行われる事があるとすれば、それはその派遣スタッフが採用後に仕事の

ための打ち合わせで派遣先に出向く時や、採用決定後の職場の見学などに限られる事になります。

つまり面接(打ち合わせ)に行っている時点で既に採用は決定済みとみなす事も出来るという事です。

面接の前に派遣会社から条件提示があり、その条件にスタッフが合意していて雇用契約が成立しているに

も関わらず、派遣先が面接を行った結果において不採用とされた場合には、派遣先に対して不当な受け入れに

対する賠償請求ができるとも考えられます。例えば打ち合わせ(面接)のために要した時間分の日給や

出向いた交通費は請求できるとも考えられますし、将来的にその派遣先で勤務した時に得られたであろう

経済的な利益や精神的苦痛に対する賠償請求も考えられます。また派遣会社との雇用契約はすでに締結

されているのに対し派遣先が面接の結果、採用ができないという場合には派遣会社の債務不履行責任も

考えられ、休業補償等、スタッフが働けない期間分の賃金について請求する事ができるとも考えられます。

変わらない派遣先の面接採用

今では派遣先での採用面接は当たり前のように行われていますが、派遣先には採用の有無を決める

権限はありません。まして今では面接のみならず筆記試験を行ったり他社のスタッフと合同で面接を

行い良いスタッフだけを受け入れる・仕事の実技試験を受けさせて選別するといった行為の面接も

行われていますが、これらは本来は禁止行為です。これらの事情は当然に派遣会社側も理解している

事ですが、やはり派遣先は派遣会社にとって大事な顧客であり、派遣先の都合でスタッフの労働条件が

決定される事も珍しくありません。また派遣社員の活用の仕組みの中で法令違反が発覚したとしても、

主に罰則が生じるのは派遣会社であり、派遣先には大きな罰則が適用されないケースも多いものです。

本来は派遣の仕組みを法律に沿ったしっかりとした制度にする為には、まず派遣先にそのルールを

徹底させる事が肝心かと思いますが、実際にはその適用は完全なものとはなっておらず、むしろ今回の

2015年の法改正では見方によっては派遣先企業が派遣スタッフを利用し易い制度設計になってしまって

いるという声も聞かれます。派遣社員としてはアルバイトやパートよりは時給が高いから派遣スタッフを

やっているという人も多いかと思いますが、直接雇用と比較して交通費の有無や賞与の有無・昇給の有無・

契約期間に定めがある事や将来性などを見れば派遣社員は決して優遇された雇用形態ではありません。

一時的に稼ぐためには良いかもしれませんが、将来的に先々まで派遣だけで生計を立てていくという事は

リスクが大き過ぎるようにも思えます。

派遣社員として得たスキルや経験を自分の将来にどのように生かしていくかを考えていく事も大切なのかも

しれませんね。

なお、もしこれから派遣先の顔合わせの予定があるという方はこちらの記事もお役に立てるかと思います。

※参考記事 派遣の顔合わせで質問される30の項目

今回は派遣先の面接について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー