紹介予定派遣で直雇後、派遣時代の有給はどうなる?

紹介予定派遣で直雇後、派遣時代の有給はどうなる?

 

今回は紹介予定派遣での有給について挙げてみたいと思います。

就職難が続く中、紹介予定派遣の人気が上がってきているようです。確かに紹介予定派遣で

あれば正社員就職が難しい企業にもエントリーしやすいですし、直接雇用前に数か月の派遣期間が

あるので自分に合った企業かどうか見極めも出来ますね。気になる案件があったら挑戦してみる

のも良いかと思います。

さて派遣社員としての就業期間が長い方であれば既に有給休暇が付与されている人もいるかと

思いますが、紹介予定派遣で直接雇用に切り替わった後にはその有給を消化する事はできるので

しょうか。特に今までたくさんの有給が貯まっている人であれば気になる人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

派遣社員の有給取得の条件は?

そもそも派遣社員の有給の取得条件はどんなものでしょうか。有給休暇が付与されるには一定の条件を満たす

必要があります。

・6か月以上継続して勤務している事

・全労働日の8割以上勤務している事

この2つが大きくは有給が取得できる条件になります。

また一週間のうちにどれだけ勤務していたかによっても有給日数は変わる場合があります。

尚、有給の有効期限は取得から2年間です。

派遣社員の有給が消滅するのはどんな時?

さて派遣社員の有給が消滅してしまうのはどのような時でしょうか。有給の有効期限は前述したとおり

2年間となっていますので有給取得日からそのまま使用せずに2年が経過すれば当然に有給は消滅します。

またその他の理由で有給が消滅するケースとしては、大抵の派遣会社では退職後、契約のない期間が

連続して1ヶ月に達した場合は、有給休暇に関する資格は消滅するケースが多いです。例えば有給が10日間

付与されていたとして、それを使用せずにその派遣先を退職し、次の派遣先が決まらずにその契約のない期間が

1か月を超えてしまえば、その有給は消滅するという事になります。つまり、派遣社員→退職→新たな派遣先で

就業、という流れの中で、次の派遣先に勤めるまでの期間が1か月を超える場合には有給が消滅するという事に

なります。もったいないですね。これは派遣社員ならではの独特な規定と言えそうです。

これを紹介予定派遣で置き換えて考えてみると、紹介予定派遣後に直接雇用に切り替わったという事は

その時点で派遣会社との契約のない期間が始まっており、直接雇用に切り替わった時点、もしくはそこから

1か月を経過した時点で派遣会社から付与された有給は消滅するという考え方になるかと思われます。

あくまで派遣会社との継続雇用が有給取得の条件になっているので、派遣会社の手を離れたら有給は消滅

しますという事ですね。

紹介予定派遣に限らず、せっかくもらった有給を消滅させない為には、派遣先を退職しても同じ派遣会社

から1か月以内に新たな派遣先に転職をしておくという事が大切かと思います。

しかしそもそもこの「1か月」っていう規定はどこから来ているのでしょうか?

なぜ1か月で消滅するか

なぜ1か月で消滅するかという点について言えば、まず前述した通り有給の取得条件には継続勤務

して勤務している事が挙げられています。そのため1ヵ月程度の空白期間(勤務していない期間)があれば、

継続勤務が形成されておらず有給は消滅する、という見方になるのでしょう。

しかし確かに継続勤務が有給の条件になっている事は確かですが、その期間が1か月という事は

どの条文にも明確に定められていないような気がします(私の調べが不十分であったらすみません(泣))。

考えられるのは過去の労働省の継続勤務に値する見解で「概ね毎月就労すべき日が存すること」とされている

ものがある事から、派遣会社は「毎月就労すべき日が存在しない=1か月就労していなければ消滅」と独自の

規定を敷いているものかと思われます。

直接雇用後でも有給が消滅するとは限らない?

さて上記では直接雇用に切り替わった後には派遣会社との継続雇用がなされていない為、有給は

消滅する旨を説明してきました。しかし必ずしも有給が消滅するとは言い切れません。派遣先企業の

運用次第では有給が消滅しない可能性もあるかもしれないという事です。紹介予定派遣制度を導入して

いる企業では当然に優秀な人材を確保したいと考えており、スタッフの条件が不利にならないように配慮

して福利厚生面等も重視し対応を取るケースもあります。派遣先企業がそのような事に配慮している

企業であれば、中には「派遣時代の有給日数の引継ぎ」や「派遣時代の勤務期間の通算」の対応を

している企業もあるかもしれません。かなり少数かとは思いますが、もし紹介予定派遣を考えているので

あれば、派遣会社を通してこのような条件での受け入れが可能かどうか、就業前に派遣先に確認してみる

のも良いかと思います。紹介予定派遣は正社員になれる等のメリットばかりがクローズアップされる

傾向はありますが、大事な事は派遣会社→派遣先の直接雇用に雇用主が切り替わるという事です。

就業規則を始めとしたルールも全て派遣会社から派遣先企業のルールに変わります。自分にとって

不利な条件にならないかどうか、就業前に改めて考えておく事も大切かもしれませんね。

スポンサーリンク

紹介予定派遣に強い派遣会社

紹介予定派遣を検討している場合には、当然に紹介予定派遣に強い派遣会社を選ぶことが大切です。

派遣会社によって紹介予定案件に注力している会社もあれば、一般派遣が中心の会社など、その派遣会社によって特色が異なるからです。

↓こちらの記事でも紹介予定派遣に強い派遣会社をご紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

紹介予定派遣に強い派遣会社>>



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー