派遣の面接時に結婚の予定を聞かれたら?

派遣の面接時に結婚の予定を聞かれたら?

 

今回は結婚の予定がある面接について挙げてみたいと思います。

これから結婚を控えている人にとって仕事をどうするかは悩みどころ。

旦那さんから家庭に入って欲しいと言われるケースもあるでしょうし、妊娠をしているとも

なれば積極的な転職活動も難しくなりがちです。また派遣の面接でも時々女性に対して「これから結婚の

予定はありますか?」等の質問がなされるケースも未だにあり、実際に入籍を考えている女性にとっては

どのような回答をして良いのかわかりにくい部分もあります。本当の事を言って「今年中に結婚を

するつもりです」と回答すれば企業からは「すぐに退職されるのでは?」と勘繰られてしまうかもと思い、

不安になってしまう人もいるでしょう。

スポンサーリンク

仕事への熱意を中心に伝える

本当に近日内に結婚予定があるのであれば、それはやはり本当の事を伝えるべきかと思います。

結婚予定を聞く事や妊娠の有無を聞く事は女性に限定した差別的な質問と捉われる事も多く、最近では

その風潮が強くなってきた事もあり以前よりは少なくなってきましたが、それでも尚この質問をしてくる

企業は未だにあります。派遣会社としてはすぐに辞められると派遣先に顔が立たないし、派遣先としても

せっかく研修・教育費をかけても就業後すぐに結婚退社をされてしまったり産休に入られては困るというのが

本音な所でしょう。

応募者としては「結婚予定がある事を伝えると面接の採否に影響するのでは?」と考えるのかもしれませんが、

しかしそもそも結婚する予定があるかどうかというのは、本来は仕事の採否とは全く関係がない筈です。

もし結婚予定がある事を理由に採用をしないという企業であれば、なおさら長期的に勤務できる

可能性が低い企業ですので、その時点で辞退しておいた方が良いように思います。

それよりも入社できた場合に、その会社でどのような仕事をしたいのか・自分がその企業でどのような事に

貢献できるのかという事を明確に採用担当者に伝えるべきでしょう。結婚予定があるからと言って

面接で後ろ向きになる必要はまったくありません。企業が「結婚をする予定はありますか?」という質問を

するのは「長く働いてもらえるのかどうか」を確認するための質問ですので、自信を持って「長期的に腰を

据えて勤務させて頂く予定である事」「働く事に対して旦那の了解を得ている事」「すぐに子供を出産する

予定はなく仕事に専念できる事」をはっきりと伝えるべきかと思います。結婚や妊娠予定が採否にマイナス

要素になるのでは?と考えるのではなく、それを払拭させるくらいの仕事への強い想いを担当者に伝えましょう。

現在では結婚をしていても社会に出てアクティブに働いている女性がたくさんいます。

昨今では企業側の雇用も厳しくなっており、また昔では結婚や妊娠がマイナスイメージとして捉えられる

ケースも多かったものの、昨今ではシングルマザーや主婦達も積極的に職場に出ており、企業側も

そのような女性達の能力を必要としています。結婚や出産を控えているから採用をしないというのは

企業からしてみれば雇用機会を自ら逃す事になりナンセンスな様にも感じます。

結婚や妊娠を控えているから面接が難しいと考えるのではなく、自分がその会社に入社してどのような

仕事ができるのか・自分がその会社にとって必要な人材であるという事を積極的にアピール出来るか

どうかにかかっていると思います。またそのアピールがしっかりと伝われば、担当者もその人を派遣先

に送り出したい・一緒に仕事がしたいと考えるのではないでしょうか。

また派遣社員の中には結婚をしたくても出来ないという人も一部ではいます。

もし結婚を考えている方はこちらの記事も参考にしてみてください。

派遣社員が結婚できない本当の理由?

今回はアルバイト・パート面接時に結婚予定を伝えるかどうか?について挙げてみました。

スポンサーリンク


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー