派遣社員の時給が最低賃金を下回っている?

派遣社員の時給が最低賃金を下回っている?

 

今回は最低賃金について挙げてみたいと思います。

アルバイトにしても派遣社員にしても職場によって時給が異なるのは普通によくある事ですが、

中にはあまりにも低い時給で労働者を働かせている職場というのはあります。多くは

悪質・違法な会社や法律を普段あまり気に掛けないような個人商店のようなお店に多いかと

思いますが、どのような会社やお店にしろ法律で定められた金額以下の賃金は許されるものでは

ありません。特に2016年10月には最低賃金が改定され、最低賃金以下で働かされている

人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

最低賃金制度とは

そもそも学生さん等は最低賃金の事を知らない人もいるかもしれませんので念のため説明をして

おきますと、最低賃金制度とは最低賃金法に基づき国が賃金の最低額を定め、企業はその最低賃金

以上の賃金を労働者に支払わなければならないとする制度です。例えば最低賃金が850円であった

とすれば850円以下の時給で契約をしていても法律上無効となり、最低賃金額と同額の定めに

なります。最低賃金は最低賃金法という法律で決まっていて、たとえ最低賃金を下回る時給を

設定する事に労働者の同意があったとしても、その下回る部分は無効とされます(最低賃金で雇用契約

したものとみなされます)。もし労働者に最低賃金を下回る時給しか支払っていない場合には

会社は罰則の適用を受けると共に、その差額を支払わなければなりません。

最低賃金は各種手当は含まれない

最低賃金には全ての手当が含まれる訳ではなく各種手当は含まないとしています。

最低賃金の対象となるのは毎月支払われる基本的な賃金です。最低賃金を計算する場合には、実際に

支払われる賃金から臨時的な手当などを除外したものが対象となります。

例えば精勤手当・通勤手当・家族手当・時間外手当・賞与・深夜手当などは最低賃金には含まれません。

最低賃金は毎年秋ごろに各都道府県ごとに業種・産業別に決定され、すべての労働者に適用されます。

アルバイトやパート・派遣社員はもちろんですが月給制や年俸制で働く正社員にも適用されます

(時間あたりに換算して適用する)。

適用を除外される者

一定の条件に当てはまる場合には最低賃金を適用されない可能性があります。

その者とは以下のような場合です。

①精神または体の障害により著しく労働能力の低い者

②試用期間中の者

③職業能力開発促進法にもとづく労政訓練を受ける者

④所定労働時間のとくに短い者・軽易な業務に従事する者および継続的労働に従事する者であって

都道府県労働局長の許可を受けた場合

このように一部では適用除外はありますが、しかしながらほとんどの労働者が最低賃金の適用を受ける

と考えて良いでしょう。派遣スタッフももちろん最低賃金の適用を受けます。

スポンサーリンク

最低賃金はいくらか

それでは最低賃金はいくらなのでしょうか。最低賃金は地域別と産業別に分かれていますが

ここでは例として関東の地域別に見ていく事にします。(地域別と産業別のどちらか高い方が適用されます)

東京都:932円

神奈川県:930円

千葉県:842円

埼玉県:845円

(いずれも2016年10月から発効)

いかがでしょうか。自分が働いている派遣先やアルバイト先がこの時給を下回っている事はありませんか?

特に東京都や神奈川等は900円を超えていますから、最低賃金以下で働かせている会社は未だにまだまだ

あるように思えます。肉体労働等の賃金が安い仕事ではこの最低賃金を下回っている会社もまだまだあるのでは

ないでしょうか。最低賃金以下で働いている場合にはその差額を請求できる事になります。

最低賃金の計算

最低賃金は時間額で決められています。アルバイトでも日給の場合がありますが、その場合には

対象賃金額を時間額に換算し、適用される最低賃金額と比較します。

時間給の場合  時間給≧最低賃金額(時間額)

日給の場合  日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)

※例えば8時間労働で日給7000円で働いている場合、7000÷8時間=875円となり

東京都や神奈川県だと最低賃金を下回っている事になります。

派遣の場合は派遣先の最低賃金が適用される

派遣労働者には、派遣元の事業場の所在地にかかわらず、「派遣先」の最低賃金が適用されますので、

派遣会社の使用者と派遣される労働者は、派遣先の事業場に適用される最低賃金がいくらなのかを把握

しておく必要があります。

例えば千葉県に住んでいる派遣スタッフが神奈川県にある派遣会社に登録をしていて、東京都にある企業へ

派遣されて働いている場合には、派遣先である東京都の最低賃金(932円)が適用されるという事です。

派遣の場合は少し複雑なので最低賃金の適用ルールを理解しておく必要があります。

 

いかがでしたでしょうか。最低賃金は意外に意識していない人も多いものですが、私達が働く以上は

このような最低限の賃金が保障されています。もし最低賃金を下回っていたら職場をはじめ、

労働局や労基署に相談してみるのも良いかもしれませんね。

今回は派遣社員・アルバイトの最低賃金について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー