ブラック会社体験談 正社員 介護施設編

ブラック会社体験談 正社員 介護施設編

H・Sさん(仮名)

以前、私が介護士として働いていた施設がブラック会社だったので、ここに記したいと思います。

私が入社した頃は、まだ施設は開業したばかりでいろいろと手探りで業務をこなす毎日でした。

その頃も忙しかったですが、まだ社員に対してはそこまで負担はなかったと思います。

入社して何年か経ち、施設も安定してきた頃。社員よりも施設に入居するお客様が増え、毎日の

業務が回らなくなってきました。そして回らなかった業務分の仕事が、社員全員に役割として

与えられました。それはとても勤務時間内に終わる量ではなく、残業か休日出勤しなくては

ならなくなりました。その残業や休日出勤した分の給与が支払われたことは、一度としてありません。

すべて無銭労働です。入社当時、夜勤の際は1時間の休憩があるとして説明されたのですが、

実際はないも等しいです。夜勤は各フロアに1人ずつしかいません。持ち場を離れるわけにも

いきませんし、コールがひっきりなしに鳴り、休憩どころではなく、夜勤16時間をほとんど

休むことなく行ってきました。有給休暇もろくに取ることも許されず、申請しても事細かに

理由を聞かれ、ほとんどが却下されていました。それなのに、私の直属の上司は当たり前のように

有給休暇を取り、休むことがしばしばありました。施設での仕事がどんどん忙しくなっていく

とともに、社員たちも少しずつ変わってしまったように思います。上司もその一人でした。

上司は私よりも年上で、あとから入社してきたのですが、入社当時は社員の気持ちを察して

くれる良い方でした。数年経ち、上司がフロアリーダーとしての責任を任され、その他諸々の

業務が上司に回り、今まで以上に忙しくなったと思います。そして上司は変わっていきました。

業務中も感情的になることが多くなりました。機嫌が悪い日には、後輩の社員をやることなす

こといびり倒し、ほとんどいじめに近い状態でした。新年会などのイベントがある月の勤務編成など、

上司は私情混合で考えています。新年会がある日に、自分が苦手な社員を夜勤に設定し、

参加できないようにしたり。ただでさえ人手が足りないというのに、新しい施設を建て、社員は

何人か新しいほうへ流れていき、ますます業務は過酷なものへとなっていきました。

私は耐えられず、その施設を退職しました。今でも地元ではその施設の噂は絶えることなく流れてきます。

大変なお仕事環境でしたね。お話を聞いていると職場環境がほとんど労基法違反のケースが多いように

思います。またリーダーとなる上司によっても仕事のしやすさは大分変わってきますね。介護の現場は

ただでさえ大変なのに人手が足りなかったりすると1人あたりの仕事量も増えて増々厳しくなりますね。

そのような職場は退職なされて正解だったような気がします。転職先で成功なされる事をお祈り致します。

スポンサーリンク


  第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ


第2位【大手・好待遇のお仕事なら】 リクルートスタッフィング


第3位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド