ブラック会社体験談 正社員 人材サービス会社編

ブラック会社体験談 正社員 人材サービス会社編

S・Iさん(仮名)

人材サービス会社で正社員として4年間勤務した経験があります。どこがブラック会社だと感じたか?

それはまさに「社長がさながら新興宗教の教祖のようになっていた」ということです。えっ普通の企業の

経営者なのに、そんなことがあるの?と思われるかもしれませんが、あるのです。

例えば社長が出した指示や意見に逆らえないのはもちろんのこと、社長が朝礼や社内全体会議の時に

自分の理念やビジョンを誇らしげに語りだすと、皆が拍手して「すごいです」「素晴らしいです」と口々に

言いだすのです。

また社長は自分の悪口を封じ込めるため、社長を呼ばないような飲み会を禁止していました。

必ず同僚と飲み会を開くときは社長を呼ばなければならないということです。そういう飲み会の席では

往々にして経営者や会社についての悪口が出るものであることを知っているからです。

しかし何よりもブラック会社だと感じたのは、社長自らがそのようなことをやっていただけでなく、

社員も社長をあがめ、上記のような社長のやり方をおかしいと思っていなかった点でした。

表向きはしぶしぶ社長の指示に従うけど、裏では愚痴を言っているという状態ならまだ理解できます。

ところが社員たちももはや社長に教化されていて、社長の言いなり、思うがままになっている様子を

見ると、もうそれはブラック会社を通り越してブラック宗教のようになっていると言わざるを

得ませんでした。

こういう会社でしたので、私も退職するときは非常に苦労しました。退職したいという意思を伝えても

まるで理解してももらえませんでした。むしろ激怒され、「会社のありがたみがわかっていない」とか

「この会社を辞めるとひどい目にあう」などと散々言われました。

挙句の果てに幾人かの社員からも、「この会社をいやだと思うのは謙虚さが足りないから」とか

「成長したいという意欲がないのだ」などと言われ、もうこの会社とは一刻も早く縁を切りたいと

思うようになりました。

今では転職して普通の企業に勤めていますが、今でもやはりあの時の会社は異常だったと思っています。

会社自体が独特な雰囲気の会社だったようですね。。皆が社長のその空気に汚染されてしまって1人

孤立してしまった事がとても大変だった様子が伺えます。それにしても宗教色が強い会社というのは

珍しいですね。ワンマンな社長というのはよくありがちですが、社員たちが全員その雰囲気に洗脳

されているケースというのは珍しい気がします。何にしてもそのような会社で長く就業していくのは

難しいでしょうから退職して正解だったのかもしれませんね。転職が成功なされたようで何よりです。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー