派遣で交通費が支給されないのはなぜ?

派遣で交通費が支給されないのはなぜ?

 

今回は派遣の交通費について挙げてみたいと思います。

正社員は元より契約社員やアルバイトでさえ交通費が支給される所は多いかと思います。

派遣のお仕事が初めての人にとっては派遣はなぜ交通費が出ないのか不思議に感じる事も

あるのかもしれません。一部では交通費が支給される派遣仕事もありますが少数です。

今回はそんな派遣の交通費が支給されない理由について触れてみます。

スポンサーリンク

派遣で交通費が支給されない理由

なぜ交通費が支給されないのかと言われればそれは派遣会社のさじ加減次第としか言えないのですが

派遣会社は派遣先から支払われる派遣料金から事務所の家賃や光熱費・人件費・社会保険費などを

差し引いて利益が出せるような時給の設定をする事になります。派遣会社の固定費はある程度決まって

いるので派遣先から支払われる派遣料金が高ければその分派遣スタッフに還元でき給与(時給)を高めに

設定する事も可能な訳ですね。よくあるのが官公庁関連の求人に関してはやはり派遣料金自体が低めなので

当然派遣スタッフに支払う給与(時給)も低くなる傾向があります。

派遣会社がスタッフの時給は派遣料金によって決まってくるので、交通費の有無もそれによって左右されます。

でも大抵の場合は時給を高めに設定した方が、時給を少し下げて交通費を支給するよりも求人自体の

インパクトもありますし応募状況も良いので交通費を支給せずに出来るだけ時給を高めに設定するように

する事が多いかと思います。求人を出したとしてもスタッフの皆さんはまず時給に注目する事が多く、

また求人検索をする際にも時給から検索される傾向が多いので、やはり交通費を無理に支給するよりも

時給を少しでも他社平均より高くする事に注力する事になります。

またその他の理由としては時給+交通費に設定すると派遣会社の給与計算上、多少面倒になる事が

あるからです。給与は課税扱い・交通費は非課税ですから少しでも煩雑な計算は避けたいという面も

あったりします。スタッフさんからすると交通費の税額控除を受けられないので可哀想な感じもしますが

どうしても気になる場合には最初から交通費が支給される案件を選ぶか、残業時間を多くして控除分以上に

稼ぐか等の工夫が求められます。

一方で交通費を支給した方が良い案件としては、例えば派遣先勤務地が交通上不便な所にあったり遠隔であったり

すると通勤できないスタッフがいたりします。そのような場合には多少時給を下げてでも交通費を支給した方が

応募が集まりやすいケースもあるので、交通費支給の案件とする場合もあるという事ですね。

交通費が支給されないのは差別?

さて交通費が支給されない事が当たり前のようになっている派遣のお仕事ですが正社員や契約社員に

普通に交通費が支給されている事を考えると確かに差別?と感じる人もいるのかもしれません。

例えば派遣法等でも

派遣法30条の3

派遣元会社は、派遣先会社で同種の業務に従事する労働者との賃金水準との均衡等を配慮

して賃金を決定するよう配慮する義務がある

と記載されています。これは派遣先に勤める正社員等との待遇(給与や交通費など)に差をつけない

ように派遣会社は配慮してくださいね、といった意味になります。

また労働契約法20条でも

有期労働契約者の労働条件が,期間の定めがあるという理由により,無期労働契約者の労働条件と相違する

場合に,業務内容や当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して,不合理と認められるもの

であってはならない

としています。有期契約(派遣社員など)と無期契約(正社員)に不合理な労働条件の違いがあっては

いけないという事ですね。

しかし派遣法30条でも配慮義務・努力義務に終わってしまっている事や必ずしも守られていない現状を

考えると、やはり派遣スタッフたちが積極的に声をあげていかないとこのような風潮は変わらないのかも

しれませんね。

少し話が反れてしまいましたが、派遣のお仕事で交通費が支給されないのは派遣先からの派遣料金の金額や

派遣会社の運営上の諸費用を勘案して決められる事・派遣先の立地によっても多少関係があるという事です。

今回は派遣のお仕事で交通費が支給されない理由について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー