派遣社員は3年でクビってどういう事?

派遣社員は3年でクビってどういう事?

 

今回は派遣法改正と派遣社員の将来について挙げてみたいと思います。

今までの派遣法では自由化業務では原則1年(組合への意見聴取で3年まで延長可)、その他の26業務は

期間の制限がありませんでした。つまり専門職である26業務は基本的には期間の制限がなくいつまでも

派遣社員として働けると考えられていました。しかし今回の法改正によって自由化業務と26業務という

業務ごとの区分がなくなりどちらも同一組織の受入れ可能期間は「3年」という事になっています。

スポンサーリンク

そもそも26業務って何?全て3年に統一って?

26業務とはざっくりと言えば専門性の高い仕事の事です。26業務は下記のような職が挙げられます。

1)ソフトウェア開発 2)機械設計 3)放送機器等操作 4)放送番組等演出 5)事務用機器操作 

6)通訳・翻訳・速記 7)秘書 8)ファイリング 9)調査 10)財務処理 11)取引文書作成 

12)デモンストレーション 13)添乗 14)建築物清掃 15)建築設備運転・点検・整備 

16)案内・受付・駐車場管理等 17)研究開発 18)事業の実施体制等の企画・立案 19)書籍等の制作・編集 

20)広告デザイン 21)インテリアコーディネーター 22)アナウンサー 23)OAインストラクション 

24)テレマーケティングの営業 25)セールスエンジニアリングの営業 26)放送番組等における大道具・小道具

 

これらの仕事は専門性が高いだけにその職の技術によって仕事の出来が大きく左右されてしまう可能性があった為、

派遣法で指定している3年という期間制限をつけると不都合が生じる場合があるということで、以前はこの

26業務については特別に3年以上仕事続けてもOKという事でした。しかし今回2015年9月の法改正によって

この26業務も3年という期間の制限が付くようになり、自由化業務と同様に同一組織では3年までしか勤務できなく

なったのです。要するに専門26業務であろうと自由化業務であろうと、派遣元と有期雇用契約を結んでいる

派遣労働者については、同一の組織単位において「3年」を超えて継続して派遣就業はできなくなるという事に

なります。派遣スタッフとしては今後3年以内に契約が繰り返される事になりますので、スキルアップを図るなどの

自分の身の振り方についても考えておかなければなりません。

スタッフへの雇用安定措置とキャリアアップ推進

上記のような期間制限の見直しだけではなく、今回の法改正は派遣会社に対しても「雇用安定措置の義務化」

「キャリアアップ推進」を提示しています。今までは派遣期間を終えた派遣スタッフに対して派遣会社には

スタッフの雇用の継続を図るような責任は特別にはありませんでした。しかし今回の法改正によって

期間満了後のスタッフに対しても雇用安定のための措置とキャリアアップを支援する為の措置が提示されて

います。

雇用安定措置の義務化

派遣先への直接雇用の依頼

新たな派遣先の提供

派遣会社の無期雇用

キャリアアップ推進

派遣会社による計画的な教育訓練や派遣先のキャリアアップ支援の為の情報提供など

実際には機能する?

しかしこの雇用安定措置とキャリアアップ推進が3年後に実際に機能してスタッフの雇用安定や

キャリアアップが図られるのかどうかも議論になっています。

例えば

①の派遣先への直接雇用の依頼にしても、派遣先側に直接雇用を「依頼」できるだけであって

派遣先は期間満了後に必ずしもスタッフを直接雇用しなければならない訳ではありません。

また派遣会社としても派遣先はお客様である事から無理に直接雇用を強要して依頼する事も考えにくい

所でしょう。

②の新たな派遣先の提供に関しても、どのような派遣先を紹介されるのかが疑問な所です。

例えば今まで専門26業務で就業していた人にとっては同様の専門職を紹介してもらえれば良いですが

そうとも限りません。例えばソフトウェア開発をしていた人が急に一般事務職の仕事を紹介されたとしても

その仕事に馴染んでいけるかどうかは微妙な所です。

③の派遣会社の無期雇用についても、派遣会社には他にも多数の派遣スタッフがいるのに、わざわざ

期間満了後のスタッフを自社で無期雇用する必要があるのかと疑問視する声もあります。無期雇用すれば

派遣会社にはコスト増になる事は違いなく、やはり無期雇用も現実的ではないという声も聞かれます。

④のキャリアアップ推進についても企業側は3年ごとに派遣社員を入れ替える事が出来る訳ですから

定期的に入れ替わる派遣社員のために企業がコストをかけて積極的にキャリアアップを図るとは考えにくい

という見方もあるかと思います。

 

今回の2015年の派遣法改正については色々な見方があるかと思いますが、1つ言える事は派遣スタッフ

にとっては自分自身のスキルアップや今後の働き方について今まで以上に真剣に考えなくてはならない

という事だと思います。今後さらに企業側が派遣社員を活用しやすくなるとすれば、今以上に派遣社員が増加

する事も予想され、スタッフ1人1人の価値が試される時代になってくるとも言えるのかもしれません。

3年ごとに契約が繰り返されるにしてもどの職場でも通用するような対人・仕事のスキルが求められていく

のかもしれませんね。今回は派遣法改正とスタッフへの影響について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー