派遣の契約が自動更新されたって?

派遣の契約が自動更新されたって?

 

今回は派遣の契約更新について挙げてみたいと思います。

派遣では通常は派遣会社と派遣スタッフが派遣労働契約を締結し、その契約期間ごとに

定期的に契約更新をしていく事が普通です。通常であれば更新の数週間~1か月程度前に派遣会社より

通知があり、更新手続きをするのが通常でしょう。しかし中にはいい加減な派遣会社もあり、

更新月になっても更新手続きをしない会社や、中には自動更新を言い出す派遣会社もあります。

このような契約更新は有効なのでしょうか。

スポンサーリンク

実際に更新を断った経験がある人は多い

更新を断った経験がある人は派遣社員の内の半数以上はいると言われています。

理由としては「他の仕事がしたかったから」「派遣先での人間関係が上手くいかない」「そもそも期間満了で

退職するつもりだった」「キャリアアップの為」等、スタッフによって様々ですが、実際に働いてみて

契約上の責任はあるから期間満了まではとりあえず勤務してみたものの、契約更新時にはそれ以降の更新を

断ろうと考える派遣スタッフは意外に多いものです。

契約更新の断る理由と伝える相手は?

契約更新の断る理由は人それぞれですがやはり前向きな姿勢を感じさせる理由や派遣先のイメージ

を悪くさせない理由がベターと言えるでしょう。人間関係が合わないとか派遣先の悪口を言って

更新を拒絶する事はあまり後味が良いとは言えません。またあまり消極的な理由で退職した場合には

その後も派遣社員として活動する人にとってはマイナスとなる可能性もあります。

前述したような「他にやりたい仕事がある」や「キャリアアップの為」等、将来的に自分が

前進したい事を理由に契約更新をやんわりと断る人が多いように思います。

また更新を断る相手としてはやはり雇用主である派遣会社の担当者に伝える事になります。

派遣先は現場の指揮命令者であり雇用契約上の繋がりはありません。とは言っても今までお世話に

なった方々ですから、退職時には一言挨拶をしておく位の配慮は必要かと思います。

契約更新をするにしろ、更新を断るにしろ、やはり更新手続きというのは派遣スタッフにとって

大切です。契約内容は元より双方の意思確認をする機会として、更新機会をスタッフに与えない

事や自動更新にする等の措置を取る派遣会社があったとすれば、それはNGです。

契約更新はただ期間を延長するものではない

派遣スタッフにとって契約更新手続きと言うと単純に次期も仕事が出来ると安易に考えて

しまいがちですが、期間を延長できるという意味以外にも重要な意義を持っています。

・以前の契約期間を満了とし、以前の契約内容に変えて新たな契約を締結する事

・一定の期間を定めた契約において、その契約の同一性を存続させつつ、その期間を延長する事

要するに今までの契約内容が実態に合った就業であったかどうかをお互いに確認する意味合いもあり、

その同一の契約内容で契約を継続させて良いかどうかを見直す良い期間とも言えます。この事から

たとえ派遣スタッフが同意をしたとしても自動更新にする等の措置を取る事や、そのような特約を

契約時に付する事も許される事ではありません。

また派遣法26条2項の派遣契約期間の制限についても抵触している事になります。

そもそもこの26条2項は派遣先に常時雇用される労働者の派遣労働者による代替を防止する為の

ものですが、派遣期間を設定するのが派遣契約であり、自動更新をしてしまう事は期間が設定されている

とはみなされない為、有期的事業等を除き、やはり自動更新をする事やそのような特約を事前に付する事は

法に抵触していると言えます。

 

派遣の契約を始め雇用契約はその職場の環境や必要とされるスキル・人間関係等によって契約内容だけでは

見えにくいトラブルや事情が実際に働いてみて初めてわかる事も多いものです。期間に応じて更新手続きを

しっかりと行う事によって改善策が図られたり双方の意思の確認が出来るといったメリットもあります。

派遣社員としては更新手続き時に今までの就業を振り返り、本当に自分にとって更新をした方が良いのか

あらためて落ち着いて考えてみる事が大切なのかもしれませんね。

今回は派遣社員の更新手続きと自動更新について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー