派遣社員は健康診断が受けられない?費用や時給・交通費などは?

今回は派遣社員の健康診断について挙げてみようと思います。

どこか体の具合が悪い訳ではなくても、定期的な健康診断は受けておきたいもの。

しかし実際には定期的な健康診断を積極的に実施していない派遣会社もあります。

もしくは派遣先の正社員は健康診断を受けられるのに、派遣社員は対象外といったケースもあるでしょう。

自費で健康診断を受けるとなると数万円の費用がかかる事は普通で、給与が低い派遣社員であれば自費で診断を受ける事も簡単ではありません。

今回はそんな派遣社員の健康診断について触れてみます。

スポンサーリンク

派遣社員は健康診断を受けられる?受けられない?

事業主である派遣会社は派遣社員に対し、健康診断の実施を義務付けられています。

主には労働安全衛生法という法律によって健康診断の実施が定められています。

この法律は労働者の安全や健康面・労働災害の防止を目的に昭和47年に労基法から独立した法律です。

労働安全衛生法 第66条

「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない」

つまり派遣社員の場合でも正社員等と同様に、事業主である派遣会社がスタッフに定期的に健康診断を受けさせる義務があるという事です。

また併せて派遣法の第45条でも、派遣スタッフの安全衛生確保の義務に関しては労働安全衛生法の適用を受けるということが定められています。

 

ですが実際には健康診断を定期的に実施していない派遣会社や、派遣スタッフから積極的に働きかけないと健康診断について具体的に説明してくれない派遣会社もあります。

派遣スタッフの健康を管理するのも派遣会社の1つの役目と言えますので、自分が登録している派遣会社が健康診断を実施しているかどうか分からない場合には派遣会社に確認をしてみるようにしましょう。

 

健康診断の基準は派遣会社によって違う

健康診断の実施基準は派遣会社によって異なっています。

就業期間、就業時間などによって各社が実施条件を定めており、その条件をクリアしている派遣スタッフに対して健康診断実施の案内を定期的に送付している派遣会社が多いです。

例えば「就業1年目は6ヶ月以上、週30時間以上従事した場合」「1年以上継続で就業した場合」などのような基準がそれぞれ各社で設けられています。

自分が健康診断を受けられるかどうかは、登録をしている派遣会社に確認をしておくようにしましょう。

 

健康診断は派遣先と派遣会社どちらが行う?

それでは健康診断は派遣先と派遣元のどちらが実施する事になるのでしょうか。

答えとしては派遣労働者の健康診断は

「一般健康診断」→派遣元事業者

「特殊健康診断」→派遣先事業者

が行わなければならないという事になっています。

一般健康診断と特殊健康診断の違いは簡単に言うと以下の違いがあります。

一般健康診断職種に関係なく行う健康診断。
血圧・身体計測・尿検査・血液検査・聴力・視力・胸部X線などの一般的な項目を受診できます。
特殊健康診断有害物質の取扱いなど、人体に害のある業務に従事している労働者に対して行われる健康診断

 

特殊健康診断という言葉を始めて聞く人もいるかもしれませんが、高圧室内業務やエックス線その他有害放射線にさらされる業務、じん肺にかかる恐れのある粉じん作業などに従事する者など、特殊な業務に携わる人が受ける健康診断の事です。

通常の健康診断は派遣会社が実施しますが、危険な業務や有害な業務は派遣先の指示によって行われる事が殆どである為、特殊健康診断は派遣先が行う義務があります。

また健康診断を行った派遣会社はその診断結果を派遣スタッフに通知し、結果について医師の意見を聴くと共に、必要がある場合には就業場所を変更したり労働時間の短縮など、適切な処置をしなければならないとされています。

 

派遣会社の健康診断の費用は?

派遣会社で実施される健康診断の多くは無料で受けることができます。

また労働安全衛生法においても健康診断の費用について「事業者が負担すべき」と記載されています。

派遣スタッフの健康診断実施の義務を負っているのは派遣会社のため、その費用も派遣会社が負担すると考えるのが自然ではあります。

ですが派遣会社で実施している項目以外に自主的に受ける検査項目については一部有料としている派遣会社が多いでしょう。

 

例として、以下は派遣会社の1つである「リクルートスタッフィング」の健康診断実施についての記載です。

健康診断は無料ですか?健康診断の受診項目は何ですか?

当社(リクルートスタッフィング)でご案内している検査項目をご受診いただく場合は、無料です。

ただし、当社でご案内している検査項目以外の検査(婦人科健診など)を個別に追加する場合や、再検査を受ける場合は、個人負担となります。

費用については、医療機関に直接ご確認ください。

リクルートスタッフィングHP Q&Aより一部引用

健康診断を受けない事ってできるの?診断は義務?

派遣会社が対象者に健康診断を実施することは義務ですが、中には健康診断を受けたくないという派遣スタッフさんもいるかと思います。

少し勿体ない気もしますが、中には健康診断を受けたくないという人もいるようです。

派遣社員が健康診断を受けたくない理由としては以下のような理由が考えられます。

  • 健康診断自体(病院)が嫌い
  • 診断に行くのが面倒
  • 診断中は時給が発生しないのでイヤ
  • 注射が怖い
  • 病院までの交通費がかかる

 

ですが健康診断の実施が派遣会社の義務であるように、派遣スタッフも厳密には健康診断を受けなければならない事になっています。

労働安全衛生法 第66条 5項

労働者は、前各項の規定により事業者が行なう健康診断を受けなければならない。(以下省略)

実際には派遣スタッフさんの中にも実施通知が来ていても健康診断を受けていない人はいます。

また健康診断は自分で予約して受診するため、派遣会社から無理やり受診を強制される事も少ないでしょう。

ですがせっかく無料で受診できる事ですし、何より自分の健康状態を知っておく事は大切です。

派遣会社が実施する健康診断は進んで受けるようにしましょう。

 

派遣会社の健康診断の結果は?会社には知らされる?

派遣スタッフの健康診断の結果は郵送で自宅に健康診断の結果表が届くか、派遣会社の担当者を通して届きます。

スタッフが健康診断を受診したかどうかについては派遣会社も把握している筈です。

前述の労働安全衛生法では、健康診断の結果票を従業員に通知する他にも、健診結果を把握し結果票を事業主控えとして保管することが事業主に課せられています。

 

一般的には健診の結果を自分で会社側に提出するケースも見受けられますが、派遣の場合には病院から自動的に派遣会社側に結果が報告されているケースが多いと思われます。

派遣会社側は結果を保管する義務がありますが、詳細な診断結果などは守秘義務がありますので外部に漏れるような事はないでしょう。

気になるようでしたら派遣会社側に確認をしてみると良いですね。

 

健康診断中の時給は発生する?

健康診断中の時給が発生するのかどうか気になる人もいるかと思います。

ですが残念ながら派遣社員の場合、健康診断中の時給は発生しない事がほとんどです。

 

また厚生労働省HPには以下のような記載があります。

質問:健康診断を受けている間の賃金はどうなるのでしょうか?

回答:

一般健康診断は、一般的な健康確保を目的として事業者に実施義務を課したものですので、業務遂行との直接の関連において行われるものではありません。そのため、受診のための時間についての賃金は労使間の協議によって定めるべきものになります。

ただし、円滑な受診を考えれば、受診に要した時間の賃金を事業者が支払うことが望ましいでしょう。

特殊健康診断は業務の遂行に関して、労働者の健康確保のため当然に実施しなければならない健康診断ですので、特殊健康診断の受診に要した時間は労働時間であり、賃金の支払いが必要です。

※厚生労働省HPより引用

上記を見る限りでは一般健康診断は労使間の協議によって決められ、特殊健康診断においては労働時間であり賃金の支払いは必要という事になります。

本来は健康診断を受診する事は労働者の健康を守る事にも繋がりますので、健康診断中も時給が発生する事が望ましいですが、実際にはそのような運用になっている派遣会社は少数です。

多くの派遣会社では健康診断は労働時間には含まれないという考え方が一般的となっており、診断中の時給は発生しないと考えておいた方が良いでしょう。

中には診断中の時給も支給している派遣会社もあるようですが、一部の会社の独自の措置かと思われます。

派遣スタッフとしては少し残念な気もしますが、有給を使用する等して工夫をするようにしましょう。

 

健康診断に行く時の交通費は支給される?

健康診断に行く際の交通費も残念ながら派遣スタッフが負担するケースがほとんどです。

一部の会社では交通費も負担してくれた所があったようですが、そのような派遣会社は少数かと思われます。

そのため自分が普段使っている定期券で行ける範囲の病院を選んだり、近場の病院を選ぶなどして工夫をするようにしましょう。

また派遣会社によっても指定病院が異なりますので、事前に指定病院リストを確認しておくと良いですね。

 

派遣会社の健康診断の頻度は?

派遣会社にもよりますが、大抵は年に1~2回健康診断を実施している会社が多いかと思います。

特に時期としては、春と秋に実施している派遣会社が多いでしょう。

一般的な定期健康診断は、派遣社員でも年に1回の受診と定められています。

 

福利厚生が充実した派遣会社を選ぶ

しかし現在の派遣会社の中には健康診断を積極的に実施していない会社もあり、特に中小の派遣会社では実施自体をしていない場合もあります。

本来は健康診断をスタッフに受けさせる事は派遣会社側の義務でもありますが、それが果たされていない会社も多いものです。

また健康診断の実施を派遣会社にお願いしても、派遣先に話してもらうように責任転嫁されるようなケースも珍しくはありません。

 

ですが一方で派遣会社の中には、正社員と変わらないような福利厚生制度を設けている派遣会社もあります。

特に大手の派遣会社を選ぶなど、派遣会社に登録する際には健康診断の実施等、福利厚生に力を入れている派遣会社を選択する事も検討しておくと良いでしょう。

仕事をする上で健康管理は何よりも肝心です。

時給面などの勤務条件等ももちろん大切な事ではありますが、何よりスタッフの健康管理にまで目が行き届いているかどうかにおいても、登録する派遣会社を選択する上での目安となりそうですね。

 

健康診断・福利厚生の充実した派遣会社

様々な派遣会社がありますが、当サイトでは「大手」の派遣会社をお勧めしています。

中小の派遣会社でも良い会社は沢山ありますが健康診断を実施していない会社も多く、やはり大手会社では求人数や福利厚生・スタッフのフォロー体制などが充実している傾向があります。

特にテンプスタッフは福利厚生が充実しており、基準を満たしている方を対象に年1回無料で健康診断を実施しています。

スタッフさんの口コミや評判も良い派遣会社なのでぜひチェックしてみてください。

 

テンプスタッフ

  • 年1回無料の健康診断を実施
  • 診断を受けられる病院数が多い
  • 国内には432拠点の豊富なオフィスがあり
    業界でも最大級
  • 健康診断の他にも、有給休暇制度や生命保険・
    損害保険に関する無料相談など、充実した福利厚生
    があります。


第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー