生理痛で派遣の仕事は休める?

生理痛で派遣の仕事は休める?

 

今回は生理痛で会社を休むケースについて挙げてみたいと思います。

女性にとっては生理痛ほど辛いものもないのではないかと思います。お腹や腰が痛くなる事もあれば

中には動けないほど辛い事もあります。派遣先に連絡をするとしてもどのように伝えたら良いのか・

また性的でプライバシーな内容でもあり中々会社には伝えにくいという女性も多いのではないでしょうか。

またそもそも生理痛で派遣の仕事を休む事が出来るのかという疑問を持つ人もいるかもしれません。

今回はそんな生理痛時で会社を休みたいケースについて挙げてみます。

スポンサーリンク

派遣先にどのように伝えるか

まず生理痛である場合、会社にどのように伝えるか悩んでしまうケースもあるかと思います。

正直に言えば休ませてくれる会社が殆どかとは思いますが、特に男性上司である場合には生理痛で

ある事を知られたくない等のケースも多いかと思います。また派遣社員の場合には派遣先と派遣会社の

両方に伝えなければならないルールになっている事も多く、派遣元には正直に伝えられるが

職場である派遣先には知られたくないという人もいるでしょう。

殆どの人は「風邪を引いた」「腹痛のため」「急な私用で」など他の理由で休暇を取る人が多い

ようです。また理由を言わずに有給休暇の申請を口実に休暇を取る人も多いでしょう。有給休暇で

あれば特に取得理由を聞かれる事もないので休暇を取りやすいとも考えられます。

しかし生理痛は周期的にやってくるものですから、毎回他の理由を考えたりその都度有給を突然

取得申請するという事は派遣先に対しても心象が悪くなる可能性が出てきます。ある程度察して

くれる上司であれば対応を考えてくれるケースもありますが、特に若い男性上司などの場合には

機転が利かずただの欠勤扱いと取られてしまうケースも多いものです。

言いづらい部分ではありますがやはり生理痛であったとしても、そのまま生理痛を休暇理由として

正直に言ってしまう方が結果的にも良いかと思います。また有給休暇に切り替えてしまうとしても

また会社には時季変更権があるため、有給は事前に申請することが原則になっています。事後申請を

認めるかどうかは、本来は会社の自由であり、有給の事後申請を認めるケースがあるのは急病などの

止む負えない場合がある事を会社側が配慮してくれているものです。

また本来は有給はリフレッシュの為の休暇であり病気の為の休暇が確立されていない事が悩ましい部分

でもあります。しかし生理痛は女性であれば誰しも避けられない症状ですから、現在では職場としても

寛容な目で対応してくれる職場が殆どでしょう。言いずらい気持ちは分かりますが、結果的には生理痛と

正直に言ってしまった方がスタッフ本人の為にもなると思います。

労基法でも生理休暇が認められている

さて意外と知らない人も多いのですが生理痛には休暇が法律で認められています。

労働基準法第68条では「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、

その者を生理日に就業させてはならない」と定めています。この規定は当然に派遣社員にも適用され

また派遣先はこの生理休暇を保障する責任があります。

また生理休暇を取得するのに申請書類なども特に必要はなく申請のみをすれば休暇を取れる事に

なっています。逆に言えば診断書など簡単に取得できない書類の提出を求める事で生理休暇を取りづらく

させるような派遣先や派遣会社の行為は禁止されています。ただし併せて有給を取得する場合などには

企業の就業規則等に事後確認として診断書の提出を義務付けている所もあるかと思いますので

その辺りは会社側に確認をしてみる必要があるでしょう。生理休暇を取らせない会社は少ないかとは

思いますが、もしそのような会社があれば労基署等から指導・是正をしてもらう事も検討できます。

ちなみに生理休暇で休んだ日に賃金が発生するかと言えば労基法もそこまでは触れておらず、

会社によって生理休暇に賃金が発生する会社もあればそうではない会社もあります。割合的には後者が

多いという事は言えるでしょう。賃金が発生しないのであればやはり事情を正直に話した上で

有給を適用してもらう等、休暇の取り方も考えておく必要があるように思います。また女性がいる

職場であれば同僚の女性などは生理痛時の休暇についてどのように対処しているか、経験がある人も多い

筈ですので、周囲の女性の話を参考にしてみるのも良いでしょう。

会社を休みづらいケースというのは誰しもあるかと思いますが、生理痛は放っておくとそれ以外の

病気に起因する可能性もあります。仕事は大事ですがやはり根本になるのは健康です。

仕事をする時はきっちりと仕事をし、休暇を取るべき時はしっかりと休む等、メリハリを付けて

生活をしていく事が大切なのかもしれませんね。

今回は派遣社員が生理痛で休むケースについて挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー