派遣先の飲み会には参加するべき?上手な断り方

今回は派遣先での飲み会について挙げてみたいと思います。

今のシーズンでは新年会や忘年会シーズンで職場で飲み会に誘われる事も多いはず。

飲み会なんて些細なテーマではありますが、意外に難しいのがこの問題です。

特に派遣先上司から誘われたともなれば簡単に断る事が出来ないような気もしますし、だからと言って気が進まない飲み会に参加するのも面倒な気がします。

派遣先で誘われた飲み会には参加するべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

派遣の飲み会は業務範囲外

派遣先の先輩や上司から飲み会や食事に誘われたとしても、必ずしも行かなければならない訳ではありません。

当然本人の意思によって参加するかどうかを決める事が出来ます。

昔は上司からの誘いに付き合うのも仕事の内、と考える風潮もありましたが、今ではそのような考え方は少しずつ薄れてきています。

もちろん会社内の円滑なコミュニケーションは大事な事ですが、だからと言って時間外の飲み会や食事に強制的にまで参加する必要はありません。

 

また少し堅い話になりますが、仮に食事の誘いを受けたとしてそれが仕事の内容を含む食事会だと上司に言われたとしても、派遣先は「業務時間内」に指揮・命令権を持つのであって「仕事時間外」にその指示に従う必要はありません。

併せて業務時間外なので特別なミーティング等を除き、当然に賃金が発生するものでもありません。

逆に言えば、その飲み会が強制参加であるならば、それはただの飲み会ではなく、立派な業務(仕事)です。

もし仕事の話を含むのであれば飲み会や食事をしながらではなく、きちんと仕事時間中に話してもらうように持ちかけてみる事も必要です。

 

また対応に困った時にはせっかく派遣社員として就業している訳ですから派遣会社に仲介に入ってもらう事も考えられます。

派遣会社としてはその立場上、なかなか積極的に動いてくれないケースも考えられますが、それでも派遣先の上司からすれば派遣会社が間に入ってくる事によって強引にはスタッフを誘いづらくなる筈です。

 

また特に女性の場合には派遣先の男性がしつこく飲み会や食事に誘う事はセクハラの問題に発展するケースも考えられ、そこから仕事が続けられなくなる等の度合いであれば、賠償責任を追及される事も考えられます。

もちろんこれは実際の現場では稀なケースではありますが、それだけ派遣先の上司や先輩が派遣スタッフのプライベートに過度に踏み込み過ぎる事は、責任問題に発展する可能性がある事も留意しておかなければなりません。

 

できる範囲で飲み会に参加する

そうは言っても社会人になれば職場周囲の人間との付き合いはある程度大切。

特に社会人経験が長い人であればあるほどコミュニケーション不足から周囲の人間に誤解を与えてしまったり、仕事が円滑に進まなくなったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

業務時間外の付き合いは仕事とは別モノとは言うものの、実際には飲み会がお互いの事をよく知るきっかけに繋がることも多いですし、周りとの付き合いを大切にする意識も大切になってきます。

 

ですが全ての付き合いに参加していては金銭的にも厳しくなる事や、人付き合いが苦手な人であればストレスを抱えてしまう人もいるかと思います。

その為”自分が参加できる範囲で出来るだけ参加をしてみる”気持ちも大切です。

あまり乗り気でなかった飲み会であっても、参加してみたら周囲の人と打ち解けるきっかけになる場合もありますし、普段の職場では見えなかった同僚の本音や性格が見えてきたりするケースもあります。

時には思い切ってこのような飲み会に参加してみるという姿勢も大切なのかもしれません。

スポンサーリンク

派遣先の飲み会はつまらない?

これは個人的な意見になりますが、派遣先の飲み会はつまらない事が多いです。苦笑

私があまりお酒を飲まないという理由もありますが、そもそも仲の良いメンバーが集まった訳でもなく、派遣先上司が無理に親睦会を兼ねて飲み会を開催するケースが多いので、面白くならない事も多いです。

派遣先の飲み会は仕事の延長っぽい感じである事も多いですし、参加しているスタッフさん達も仕方なく参加したって感じの人も結構います。

特に盛り上がる話がある訳でもなく、唯一共通する話題である「仕事」の話で終始することもしばしば。

少しずつお互いが打ち解けてくればもう少し話も盛り上がるのでしょうが、特に最初の飲み会はつまらないと感じる事も多いかと思います。

スタッフさんによっては細々とした飲み会は参加せずに、最初の歓迎会と忘年会だけ参加するという人も。

ですが逆に飲み会が好きっていう人もいるので、あとはスタッフさんの考え方次第ですね。

派遣社員も飲み会は自腹?

飲み会は派遣先の社員がいる中での参加となる事も多いものですが、派遣社員だからと言って勘定を安くしてくれるといった事は少ないように思います。

気が利く人がいれば「派遣さんは○○円でいいですよ~」なんて機転を効かしてくれる上司もいますが、そうでなければ平等に割り勘です。

ボーナス等が出る正社員と違って、飲み会とは言え3000~4000円の出費は時給制の派遣社員にとっては辛いもの。

それが普段の飲み会ならまだしも、派遣スタッフが入社した時の歓迎会でも割り勘にする飲み会も多くあります。

もちろん家庭を持つ社員さんも多いので奢りは難しいかもしれませんが、お財布事情と相談しながら自分のペースで飲み会に参加したいですね。

 

飲み会の上手な断り方は?

それではもし派遣の飲み会を断りたい場合、どのように断れば良いでしょうか。

あまりにも酷い断り方をしてしまうと、職場での関係が悪くなってしまったり、次回以降にも飲み会に誘ってもらえなくなる可能性もあります。

できるだけ上手な断り方を用意しておきたいものです。

 

家族との約束がある

「夫の夕飯を作らなければならないので今日は帰ります」「家族がご飯を作ってくれているらしいので今日は先に帰ります」といったように、家族が待っているために飲み会に参加できない事にします。

 

子供の面倒を見ないといけない

お子さんがいるのであれば当然にご飯も作ってあげなければいけないですし、面倒を見てあげなければなりません。家庭を大事にするスタッフさんという事で、飲み会に無理に誘われる事もないでしょう。

 

体調不良

「今日は風邪気味なので家で安静にしておきます」「体調が悪いので今日はお酒はやめておきます」といったように、体調不良を理由に断る言い方です。

さすがに体調不良の相手に無理に飲み会に誘う人はいないでしょう。

 

先に約束をしている

飲み会よりも前から友人等との先約がある事を理由にするケースです。派遣の飲み会よりも前に約束していたのであれば仕方がないと納得させてしまうケースです。

 

習い事がある

夜の時間帯から何の習い事があるのか?と少しツッコミが入りそうな気もしますが、使いやすい無難な断り方でもあります。

 

犬にエサをやらなければいけない

実話ですが、いつしか独身男性の社員が「犬にエサをやらなければならないから」と言って帰っていった事がありました。

その人のイメージに可愛さと優しさがプラスされました。

 

就業前に確認をしておく事も大切

派遣先の職場の雰囲気によっても飲み会の有無は異なります。

飲み会や食事会が普段から全くないような職場もあれば、従業員たちがお酒好きで毎日のように飲みに行くような派遣先があったりと、その職場の雰囲気は様々です。

どうしても気になるようであれば就業前に派遣先会社内にそのような雰囲気があるかどうか、担当者を通じて聞いておくのも良いでしょう

 

これはタバコ喫煙の有無等にも共通して言える事ですが、派遣先の雰囲気は実際に勤務してみないとわからない事が多くあります。

派遣会社の営業マンや担当者であれば、ある程度職場に精通している筈ですので、それとなくどのような職場かを事前に確認しておく事も大切です。

普段からお酒を飲みに行くような交流があるかどうか、喫煙者がいるかどうか・喫煙室は別室かなど、事前に確認しておく事によって派遣先の雰囲気もある程度は把握することが出来ます。

 

飲み会や食事会に積極的に参加したいという人もいれば、あまり参加したくないという人もおり派遣スタッフさんの性格によっても様々ではありますが、それでも職場において第一に優先すべきはやはり仕事です。

飲み会への参加の事で悩んでしまわないよう、自分なりの派遣先での付き合いを考えていきたいですね。

今回は派遣先で飲み会に誘われたケースについて挙げてみました。

スポンサーリンク


  第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ


第2位【大手・好待遇のお仕事なら】 リクルートスタッフィング


第3位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド