派遣先でのタバコの臭いが我慢できないって?

派遣先でのタバコの臭いが我慢できないって?

 

今回は派遣先職場でのタバコの臭いについて挙げてみたいと思います。

今ではタバコの問題は大きな社会問題となっています。副流煙を初めとした非喫煙者への

人体への影響を叫ぶ人も多くなってきました。昔は職場の自分のデスクに灰皿を置いてタバコを

吸いながら仕事をする風景というのも見かける事はありましたが、現在ではそのような職場は

ほとんど皆無。タバコを吸わない非喫煙者への配慮が当たり前のようにルール付けされています。

スポンサーリンク

喫煙者との意識の差

さて派遣社員として派遣先に勤務した時にタバコの臭いで苦しんでいる人というのは意外と多くいます。

オフィスで分煙体制を敷いていたとしても小規模なオフィスであればタバコの臭いが漏れてくる

オフィスもありますし、近くに座っている人が喫煙者で衣類や口臭からタバコの臭いがしてくる

というケースもあるでしょう。喫煙者からしてみれば毎日の習慣のようにタバコを吸っているので

全く気にならないようですが、非喫煙者からしてみれば我慢が出来ない・ひどい場合には仕事にも

支障が出ると感じる人も少なくないようです。また受動喫煙に対しても年々その被害が明らかになって

きており、喫煙者に対しての対策が求められています。

タバコの臭いに対して法的には?

タバコに関して幾つかの法的な観点から考えてみるとすれば、まずは労働者派遣法による派遣先の

環境整備の義務が挙げられるかと思います。もはやタバコの受動喫煙は健康上の影響も大きく

職場である派遣先としては喫煙に対し十分配慮しなければなりません。また派遣先はスタッフが安心して

仕事に取り組めるように、その環境を整備する義務があります。

また労働契約法でも「使用者は労働契約に伴い労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働する

ことができるよう必要な配慮をするものとする」と定めています。派遣先は厳密に言えば派遣スタッフの

直接の雇用主ではありませんが、法においては派遣先でもスタッフの為にこのような環境整備や安全配慮の義務

があるとしています。

またタバコの臭いに関しては健康増進法という法律も適用できます。健康増進法は国民の健康維持を目的

とした法律で国民全員が健康増進に努めなければならないとする法律です。健康増進法25条には次のように

定められています。

「第二十五条 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、

飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙

(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために

必要な措置を講ずるように努めなければならない」

以上のように健康増進法では受動喫煙について職場が必要な措置を講ずる事を定めています。

派遣先においても派遣スタッフを含め社員達に受動喫煙をさせないように配慮する事が求められています。

しかし健康増進法においては条文にある通り、「努めなければならない」とされているだけであり、

あくまで「努力義務」だけに終わっています。これは健康増進法だけではなく労働契約法や派遣法等にも

同様のことが言え、これらの法には明確な禁止規定や罰則が設けられていない場合が多いものです。

つまりはこれらのルールを守らなくとも罰則規定はなく、結果的にこのルールを無視する派遣先や職場が

多くなる事が予想されます。

少しずつ声をあげていく事が大切

実際にタバコの臭いがきつい派遣先に対して上記の法を元に改善を求めたり派遣会社に改善要請を

したとしても改善されるケースが多いとは言えず、まだまだ喫煙による影響を楽観的に見られてしまう

風潮があります。強引に改善要請を出し続ければスタッフは配置換えを余儀なくされたり、ケースによっては

派遣契約の解除を言い出してくる派遣先もあるかもしれません。派遣会社としても案件がタバコの臭い

というだけではなかなか積極的に動いてくれないケースが多く、結果的にはスタッフ自身が部署を移動したり

我慢をしなければならないという結果に落ち着いてしまう事がまだまだ多いものです。

 

タバコが趣味・嗜好の一つであるという点や法律内容がまだまだ不十分である事・オフィスの形態に

よってはなかなか分煙体制を取る事が難しい等の点から、完全に職場から喫煙を排除する事や改善要求を

通す事はなかなか難しいのが現状と言えるでしょう。まして職場によっては立場が社員よりも下に見られる事も

多い派遣社員からの主張は実際の現場に必ずしも反映されるとは限らず、また相談役であるはずの派遣会社でさえ

どちらかと言えば派遣先寄りの立場である事が多く、派遣スタッフの意見は軽視される風潮さえあります。

今では分煙体制を敷いている企業も多くなってきていて、派遣現場を始め喫煙に対する危機意識が更に広がって

いけば、職場の取り組み方も変わってくる気がしますが、その為にも健康被害について少しずつでも声をあげて

いく取り組みが必要と言えます。

また派遣スタッフとしても面接時にオフィス内にタバコの臭いがしないか・分煙体制を敷いているか・

職場見学の要請など、事前に派遣先の環境を確認してから勤務を開始するようにする等の注意は必要と

言えそうですね。今回は派遣先でのタバコの臭いについて挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー