有給休暇は2年で時効?有給を取得したらクビ?

有給休暇は2年で時効?有給を取得したらクビ?

 

今回は派遣社員の有給休暇取得についてです。

初めて派遣社員として勤務する人にとっては派遣にも有給休暇がある事を知らない人も

いるかもしれません。有給休暇は法律上で労働者に認められる権利であり付与された有給は

派遣社員でも堂々と取得する事ができます。そもそも有給を知らない人もいるかもしれませんが

ざっくり言えば働いていない日でもその日のお給料が支払われるのが有給休暇です。

有給日については労働の義務が免除されるという事ですね。ありがたい制度ですからゆっくりと

体を休めたいものです。

スポンサーリンク

どのような条件で有給が発生するのか

有給休暇が付与されるには一定の条件を満たす必要があります。

・6か月以上継続して勤務している事

・全労働日の8割以上勤務している事

この2つが有給を取得できるための前提条件になります。

また有給の付与日数を満額もらうには以下の条件のうち、いずれかを満たす必要があります。

1、1週間の所定労働時間が30時間以上の労働者
2、1週間の所定労働日数が5日以上の労働者

上記の条件を満たしていれば派遣社員でも以下の有給日数が取得できると考えられます。

勤務年数0.5年1.5年2.5年3.5年4.5年5.5年6.5年以上
有給付与日数10日11日12日14日16日18日20日

しかし派遣社員などの場合には必ずしも週5やフルタイムで働いている人ばかりではなく、

上記のような条件を満たすことが難しい場合も多いものです。

そんな所定労働日数が少ない労働者のためにも「年次有給休暇の比例付与」という制度が設けられていて

勤務日数が少ない場合でもその日数に応じて有給が付与されるようになっています。

もちろん週5やフルタイムの人よりは取得日数は少なくなりますが、派遣社員やパート等でも

有給をしっかりと取得できるようになっています。具体的には以下のような取得日数になります。

1週間の労働日数年間労働日数  勤務年数
0.5年1.5年2.5年3.5年4.5年5.5年6.5年
4日169~216日7日8日9日10日12日13日15日
3日121~168日5日6日6日8日9日10日11日
2日73~120日3日4日4日5日6日6日7日
1日48~72日1日2日2日2日3日3日3日

 

尚、派遣会社によっては独自の規定を設けている場合もあり、上記のように勤務日数で数えるのではなく

時間数のみを有給付与基準にしている派遣会社もあります。しかしあくまで労働基準法が最低基準となり

派遣会社の独自規定は厳密に言えば労基法違反になる可能性があります。派遣会社独自規定によって

有給が取得できないのであれば派遣会社に相談し、それでも話が進展しないようであれば労働基準監督署

等に相談してみるのも良いでしょう。

有給休暇は2年で時効にかかる

よく忙しい派遣先などで上司に有給取得を申し出ずらい現場等では、せっかく有給を付与されても1日も消化

せずに放置している人も中にはいます。しかし基本的に有給休暇は2年間で時効にかかります。つまり

有給取得から2年経過してしまうとその有給は消化できなくなる可能性があるという事ですね。

なかなか有給を消化しずらい派遣先職場もあるかとは思いますが有給は労働者の権利ですので堂々と取得する

ようにしたい所です。一方で例えば2年経過し最初に付与された10日の有給が全て時効にかかった

としても、その前に1年6か月目時点で新たに11日間の有給が付与されている事になります。

その11日間の有給に関しても付与された1年6か月目から2年経過すればまた時効にかかる事になります。

つまり勤務開始から1年6か月の間に1日も有給を消化していなければ合計21日間の有給が消化できる

事になり、その後も有給を消化しなければ6か月後(2年経過)に一気に有給は10日間分時効にかかって

しまいます。時効になる前に有給は計画的に消化していきたいものですね。

派遣社員はどのように有給を取得すれば良い?

派遣社員が有給を取得する方法としてはまず雇用元である派遣会社に事前に言っておくべきでしょう。

その派遣社員が有給を取得する事で業務によっては人員が足りなくなる現場もありますし、派遣会社

としても派遣先に事前に連絡しておくケースが多い為、有給取得を予定しているのであれば早めに

派遣会社へ言っておくべきです。また有給取得の申告期限を独自に設けている派遣会社もあります。

例えば「有給を取得する場合は1週間前に申し出をする事」等の独自規定ですね。法律的には有給を

取得する日の前日までに申告しておけば良い事にはなっています。しかし実務としては前日にいきなり

有給の話をされても現場として対応に困ってしまうケースもあります。最低限の礼儀として出来るだけ

早めに派遣会社へ相談しておくようにしましょう。

有給を取得するとなれば派遣会社から派遣先へ連絡が入る事が一般的ですが、やはり実際の現場で

上司や同僚と顔を合わせているのは派遣社員本人です。出来るだけ派遣先の方へも有給取得の旨を

一言伝えておく事が望ましいでしょう。

有給を申請したらクビと言われた?

大抵の会社では有給取得に関して特別にうるさく言われる会社は少ないかと思います。しかし中には

労働者の有給取得を簡単に認めないという会社もあるようです。例えば忙しい職場で有給を取らせないとか、

社内規則で有給取得には1か月前に申請する必要がある等のルールを作っている会社など、独自のルールを

敷いている会社もあると聞きます。

しかし前述した通り有給は派遣社員でも当然に取得する権利があり、原則として派遣先や派遣会社がそれを

中止させる事は出来ません。また有給取得をするなら減給や契約解除をする等、労働者に不利益な扱いを

する事は禁止されています。また派遣会社によっては分割付与(1か月に3日間までの有給しか認めない等)を

定めている会社もあるようですが、いつどの時期に有給を取得するかは派遣スタッフの自由です。

また職場によっては派遣先の正社員等が、派遣スタッフが有給を取る事に対し快く思わないケースも

あるようですが、派遣社員だから有給を取れないというのは当然に間違いで、均等待遇の面からしても

正社員と同様に派遣社員も堂々と有給を取得できるべきだと思います。

有給休暇の取得は労働者の権利であり有給が付与されているのであれば堂々と取得する事ができます。

しかし休暇の取り方があまりに乱雑すぎると後々の職場での環境に影響を及ぼさないとも限りません。

あくまで最低限の礼儀をわきまえた上で有給を取得申請し、有効に休暇を消化したいですね。

今回は派遣スタッフの有給取得について挙げてみました。

スポンサーリンク



第1位【日本トップクラスの求人数】 テンプスタッフ
第2位【短期・単発求人にも強い】 ランスタッド
第3位【外資系・好待遇のお仕事なら】 マンパワー