派遣契約と請負業務の違いは?

 

今回は派遣契約と請負業務についてです。派遣契約という言葉は知っていたり実際に派遣社員として

勤務した事がある人は多いかもしれませんが請負業務という言葉を聞くのは初めてという人もいるかも

しれません。請負業務はアウトソーシングと呼ばれる事もあります。どちらも少し似たような性質を

持っていて混同しやすい言葉なのでこの辺りを挙げてみたいと思います。

派遣契約と請負業務

派遣契約:派遣契約は派遣会社が派遣先会社(勤務先)から仕事の依頼をされて派遣スタッフを派遣し業務を遂行

する契約形態を言います。給与や社会保険などは派遣会社から支払われますが仕事上の指示などは

派遣先会社から行われる事が一般的です。

請負業務:請負業務は請負元会社が請負先会社から依頼をされて業務を行う契約形態です。スタッフは

請負元会社と雇用契約(業務委託契約)を締結する事になります。業務等の指示は請負元会社が行い、

その他にも給与や社会保険手続きも請負元会社が行う事になります。

派遣の場合は派遣会社・派遣先・派遣スタッフの3者で、請負業務の場合は請負元会社・請負先会社・

スタッフの3者で構成されトライアングル関係により業務を遂行していく事になります。

問題になる偽装請負

実際には労働者派遣法で定める派遣契約であるのに請負業務と偽装するケースが問題視されています。

実態として労働者派遣であるにも関わらず雇用責任を逃れるために請負業務と称してスタッフに仕事を

させるような行為です。請負先とは雇用関係が生じない為にどのような酷い働かせ方をしても労働基準法

の適用外のため、労働者が不利な条件で働く破目になる可能性があります。

例えば請負元等に中間マージンを搾取され結果的に労働者に支払われる給与がわずかな金額になって

しまったり解雇やサービス残業の強要・社会保険を負担しない等、労働者保護に欠ける内容の労働条件に

なるケースもあります。またスタッフにとって一番肝心な健康面でさえ請負業務であれば健康保険や労災の

適用もないケースがあるので注意が必要です。

また一般的に人材派遣業を営む際には労働力に申請を行い、幾つかの規制の下に許可が降りる事が普通ですが

請負業務の場合にはこのような許可要件もない為、悪質な会社が派遣業と同様の業務を請負と偽装して

スタッフを送り込み働かせるといった事も考えられます。

 

企業に派遣されて働く場合には必ずその契約がどのような形態の契約なのかを十分に確認する事が

必要です。また請負の場合には環境的に周囲から請負業務を半ば強制的に任せられるケースもあるかと

思いますが時にははっきりと断る勇気も必要ですね。